2021年07月10日 05時00分 公開
特集/連載

Windowsの「回復パーティション」を削除する簡単な方法ディスク容量の拡張が必要になるとき

Windowsの「回復パーティション」がディスクの容量を圧迫する要因になることがある。通常の操作で回復パーティションを削除することはできないが、特定の手順によって削除できる。どうすればよいのか。

[Cameron McKenzie,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows | ストレージ


 LenovoのノートPCであれASUSTeK Computer(ASUS)のデスクトップPCであれ、「回復パーティション」は隠されている可能性が大きい。回復パーティションは、「Windows」を出荷時の状態に戻すためのデータを保存している。

 回復パーティションの存在は通常であれば問題にならない。ただし、例えば大容量のシステムクローンを作成する場合は、回復パーティションを削除しなければCドライブ(システムパーティション)を十分に拡張できない。

 残念ながら、Windowsの回復パーティションは簡単に削除できない。標準的なパーティション(ディスクを分割した単位)であれば、Windowsの「ディスクの管理」を開き、該当するパーティションを右クリックして「削除」を選択すれば済む。だがこのやり方は回復パーティションに対しては利用できない。その代わりに、ディスクを管理する「diskpart」のコマンドを幾つか実行する必要がある。

回復パーティションを削除する具体的な手順

 回復パーティションを削除するには、「Windows 10」であれば検索バーかコマンドプロンプトに「diskpart」と入力し、以下のコマンドを順に実行する。

  1. list disk
    • コンピュータ内の全てのディスクと、対応するディスク番号を表示する。以下は操作対象のディスク番号が「0」の場合を想定する。
  2. select disk 0
    • ディスク番号が0のディスクを選択する。
  3. list partition
    • 選択したディスク内のパーティションと、対応するパーティション番号を表示する。以下は回復パーティションのパーティション番号が「3」の場合を想定する。
  4. select partition 3
    • パーティション番号が3のパーティションを選択する。
  5. delete partition override
    • 選択したパーティションを削除する。

 手順「2」と「3」で指定するディスク番号とパーティション番号は、ユーザー自身のPCの設定によって異なる。

 この手順で回復パーティションは削除できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...