Windows 10の基本機能「セーフモード」「Windows Admin Center」とは?覚えておきたい「Windows 10」管理者向け機能【後編】

「Windows 10」のトラブルシューティングと管理に役立つ基本機能に「セーフモード」と「Windows Admin Center」がある。この2つについて紹介する。

2019年08月15日 05時00分 公開
[Yuuki NishidaTechTarget]
画像

 前編「Windows 10管理を楽にする『Windows Sandbox』『Windows Autopilot』とは」に引き続き、後編となる本稿は「Windows 10」の管理に役立つツールや機能を紹介する。本稿で取り上げるのは「セーフモード」「Windows Admin Center」(Windows管理センター)だ。

セーフモード

 Windowsの「セーフモード」は「Windows 95」以来、IT管理者が潜在的なソフトウェア問題の診断に利用してきた起動オプションだ。Windows 10はOSの起動前または起動中に手動で有効化できる。PCが停電やクラッシュなどでシャットダウンした場合に、Windows 10が自動的にセーフモードで起動することもある。

 セーフモードは、システムクラッシュなどの異常動作を引き起こす可能性のある、ほぼ全てのソフトウェアやドライバを無効にし、必要最低限の構成でOSを起動する。すなわち、マウスやキーボード、ディスプレイを使うためのソフトウェアとドライバのみでデスクトップを起動できる。

セーフモードで問題を切り分ける

 セーフモードで起動したら、IT管理者はソフトウェアとドライバを再び有効化し、どれが問題を引き起こすか調べることができる。あるソフトウェアやドライバを適用してシステムが不調になったら、IT管理者は再びセーフモードでWindows 10を起動し、そのソフトウェアやドライバを削除して、その新しい修正版をインストールすればよい。

 オフィススイート「Office 365」などのWindowsアプリケーションを、拡張機能やアドオンを無効にしたセーフモードで起動することもできる。これはトラブルシューティングに便利な機能だ。

 IT管理者はアプリケーションをセーフモードで起動し、拡張機能やアドオンを一つずつ有効にして、どれがアプリケーションの速度低下などの問題を引き起こすか調べることができる。そうした拡張機能やアドオンが見つかったら、削除すればよい。ただし、一部のサードパーティーアプリケーションはセーフモードで起動できない。そのためIT管理者はまず、ベンダーに問い合わせるとよいだろう。

Windows Admin Center

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...

news145.jpg

女子スポーツが生み出す収益は2024年に10億ドル以上 広告主や大手広告代理店も本気に
WPP傘下の大手メディアエージェンシーGroupMは、AdidasやUnileverなどのクライアントの支...

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。