2020年07月30日 16時30分 公開
特集/連載

「Windows 10X」は普通の「Windows」と何が違うのか?特選プレミアムコンテンツガイド

「Windows」の進化版という位置付けの「Windows 10X」は、これまでのWindowsと何が違うのか。MicrosoftはOSにどのような変化をもたらそうとしているのだろうか。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 Microsoftが2019年、長年提供してきた「Windows」の進化版として開発計画を発表した「Windows 10X」。発表当初は、同社が提供を計画しているデュアルディスプレイ搭載デバイス「Surface Neo」など、2画面を持つデバイス向けのOSとなることが前提になっていた。だが同社は、まずは1画面デバイス向けのOSとして売り出す方針に転換した。ただし2画面デバイスへの搭載計画も消えてはいない。

 世界中で広く利用されているWindowsに大幅な変更を加えることは、既存ユーザーの使い勝手への影響を考慮すると簡単ではない。それを考えれば、Microsoftが本来Windowsで成し遂げたかった変革は、Windows 10Xで具現化する可能性が高い。本資料は、Windows 10Xが「Windows 10」などこれまでのWindowsと異なる点や、Windowsにどのような変化をもたらす可能性があるのかを紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...