2020年08月04日 10時00分 公開
PR

「第2波到来」今からでも遅くない コスパも考慮したBCP/DR対策の“現実解”コスパと品質を備えたクラウド選び

事業継続計画(BCP)と災害復旧(DR)を見直すべきタイミングが来ている。しかし、コストパフォーマンスに悩まされる企業は少なくない。最適なコストで、BCP/DRの課題を「現実的」に解決する秘策とは。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響は計り知れない。世界的な大流行によって、各地でサプライチェーンは混乱し、廃業や倒産に追い込まれた企業も少なくない。

 新型コロナウイルス感染症が再び大規模流行する「第2波到来」の可能性についても早期に考慮しておく必要がある。事業継続計画(BCP)を策定し、災害復旧(DR)の一環としてデータをバックアップすることは、重要な経営戦略の一つだ。デジタルトランスフォーメーション(DX)を前提にした自社製品/サービスや社内業務のデジタル化を遂行する状況では、自社システムとデータを確実に守ることは企業の義務と言える。

 しかし同時に、企業はコストパフォーマンスについても考慮しなければならない。一体どのようにしてBCP/DRの課題を「現実的」に解決すればよいのだろうか。


提供:富士ソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部