2021年11月06日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 11」にゲーマー落胆 “AMDだと重くなる不具合”とは何だったのかAMDが「Windows 11」の不具合を発見

AMDは「Windows 11」の不具合を発見した。同社プロセッサ搭載のPCで、アプリケーションの動作が遅くなる不具合だ。どのような不具合だったのか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

 半導体ベンダーAdvanced Micro Devices(AMD)は2021年10月6日(現地時間、以下同じ)、Microsoftの新OS「Windows 11」に存在する不具合2件(パッチ提供済み)の発見を発表した。これらの不具合により、AMDのプロセッサを搭載したPCでアプリケーションの動作が遅くなる可能性があった。特に影響が大きかったのが、ゲームやeスポーツといった、高い処理速度を必要とするアプリケーションだ。

ゲーマーが不満 「Windows 11」不具合の“無視できない影響”

 今回の不具合は、「AMD Ryzen」シリーズや「AMD EPYC」など、Windows 11で動作可能なプロセッサが影響を受けた。不具合の1件は、L3(レベル3)キャッシュ遅延の増加につながる可能性があった。もう1件は、コア(CPU内部にある演算回路)に関する不具合で、特に8コア以上のプロセッサでアプリケーションの動作が遅くなる恐れがあった。

 AMDが不具合の発見を発表したのは、MicrosoftがWindows 11を公開した2021年10月5日の翌日だ。Windows 11で動作可能なAMDのプロセッサは約180種類あり、ゲーム用PCといった高性能PCにも採用されている。そのため不具合の影響は広範囲に及んだ。ソーシャルメディアでは不具合の発表後、不満を表すユーザーの声が相次いだ。AMDは同月21日、この不具合を修正するパッチを公開した。

 PC向けマイクロプロセッサ市場で、AMDはIntelと競争している。調査会社Statistaによると、2021年第4半期(10月〜12月)出荷のPC約60%がIntel、約40%がAMDのプロセッサを搭載している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

半熟チーズケーキ、半熟カステラの次に来るのは? クックパッド「食トレンド予測2022」
キーワードは「新感覚」。2022年に流行の兆しが見えてきた食・料理は?

news115.jpg

レクサスが欧州で展開した「視聴者の顔色」を見てパーソナライズする広告について
トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが欧州で展開した「Feel Your Best」キャンペーンは...

news068.jpg

Criteoが考えるサードパーティーCookie廃止後のデジタル広告
サードパーティーCookie廃止は広告プラットフォーム事業者にとって大きな転換点となる。...