2020年09月24日 10時00分 公開
PR

急いでテレワーク導入、でも運用は従来のまま――多様なリスクを解消するには“緊急”から“通常”へ移行するために

新型コロナ禍で幅広い企業がテレワーク導入を迫られた。緊急的に導入した企業ではデバイスをセキュリティ管理やIT資産管理の対象外のまま運用しているケースもあるという。テレワークに対応した管理、運用のために必要なものは何だろうか。

[TechTargetジャパン]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、テレワークが新しい働き方として定着しつつある。移動時間の削減による生産性向上やワークライフバランスの改善が期待できる。

 だが、課題も見えてきた。従業員が何をしているか見えづらいため、出社/退社時間などを基準とした従来の労務管理や人事評価の在り方の見直しを迫られている。さらに、社内システム面の不備も目立つ。会社が支給するPCの管理がままならず、人的な要因やマルウェア感染によって機密情報が漏えいしてしまう可能性がある。

 テレワークに全社規模で取り組むなら、勤務状況の可視化、評価基準の見直し、セキュリティ状況の管理、PC/デバイスの管理やサポートは避けて通れない。だが、環境を整備しようにも人員、予算、技術リソースには限界がある。しかし、事は緊急を要する。一体どうすればよいのだろうか。


提供:株式会社インターネットイニシアティブ、エムオーテックス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部