データ消去済みの「中古PC」なら企業でも安全に使える?サステナブルなITと社会貢献【後編】

企業が環境に配慮した取り組みの一歩を踏み出すとき、できることは何か。データ消去ソフトウェアベンダーの取り組みを紹介するとともに、企業が取り組みやすい一例を紹介する。

2023年06月30日 05時15分 公開

関連キーワード

教育IT | 環境保護 | グリーンIT | IT資産管理


 「私たちの目標は、世界中の全ての人がコンピュータの使い方を学ぶ機会を平等に得られるようにすることだ」。英国の慈善団体The Turing Trustの創設者であるジェームズ・チューリング氏はこう語る。同団体がデータ消去ソフトウェアベンダーのBlancco Technology Group(Blancco)の協力を得て進める活動は、どのような意味を持つのか。

専門家が薦める「リファービッシュPC」とは

 チューリング氏は、「マラウイでの活動に専念する中で、使用済みのIT機器に新しい命を吹き込もうとする人々からの支援が、どれだけの発展をもたらすかを示すことができた」と話す。同氏によると、Blanccoとの連携を通じてThe Turing Trustが提供するPCの安全性が強化された。「より多くの組織が寄付を申し出てくれることを期待している」と同氏は述べる。

 Blanccoの最高財務責任者(CFO)アダム・モロニー氏は、企業におけるIT機器の管理についてこう語る。「企業が適切にデータ消去を実施していないため、物理的に破壊せざるを得ないIT機器が毎年生み出される」。環境への配慮が叫ばれる中、「IT機器に適切な処置を施さない管理方法は、到底サステナブルとは言えない」とモロニー氏は指摘する。

 モロニー氏は、The Turing Trustとの協業について「アフリカの子どもたちを社会的に排除せず、子どもたちがITを利用できるようにする取り組みに携わることができて光栄だ」と話す。同氏によると、子どもたちがITを利用できないことで、教育面での発達が損なわれることはあってはならないというのがBlanccoの総意だという。

 2022年6月、英Computer WeeklyはITにおける環境配慮の専門家に話を聞いた。専門家によると、企業が環境配慮の分野で貢献するためには、企業活動の中で生まれた廃棄物を再利用する循環型経済(サーキュラーエコノミー)を構築する必要があるという。

 ITの業界団体techUKで気候・環境・サステナビリティ担当アソシエイトディレクターを務めるクレイグ・メルソン氏は、企業が環境配慮の一環でできる取り組みを1つ挙げる。「リファービッシュ品」(整備済み品)の利用だ。リファービッシュ品は、初期不良で返品されたり、ユーザー都合で購入後すぐ返品されたりした後に、メーカーが整備して提供する製品を指す。

 企業でITの購買を担当する人はリファービッシュ品のデータに不安を抱く傾向があるが、メルソン氏は「中古のIT機器からデータを消去する適切な方法が確立しているため、心配する必要はない」と語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...