2017年12月20日 09時00分 公開
特集/連載

“最適解”が見えてきたハイパーコンバージドインフラの活用クラウドとのコーペティションを実現(1/2 ページ)

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、もともと仮想デスクトップインフラ(VDI)などニッチな市場から成長、普及した。現在は企業のデータセンターに導入され、クラウドと密な関係を構築している。

[John Moore,TechTarget]
画像 処理を任せたままでも安心なのはHCI

 以前ハイパーコンバージドインフラ(HCI)ソリューションの用途は限られていた。だが、現在HCIは2つの世界で見られるようになっている。

 今日のHCIテクノロジーは、企業のデータセンターに導入され、クラウドとの多角的な関係を築いている。HCIはITインフラを席巻しており、企業はERPなどの基幹システムをはじめとする各種アプリケーションをHCIに託すようになっている。

 こうした使用事例の拡大は、HCIが誕生したばかりのころには想像もつかなかった状況である。HCI誕生当時、最高情報責任者(CIO)とIT管理者がHCIを導入していたのは、仮想デスクトップインフラ(VDI)やビデオストレージなど比較的限られたアプリケーションのためだった。事実、2017年にHCIのシェアは55%となり、市場規模は44億ドルに迫る勢いだとGartnerの広報担当者は語っている。なお、同社ではHCIを「ハイパーコンバージド統合システム」と呼んでいる。

 「市場がサイロ(非連携型)ベースの特殊なシステムに制限されていたら、当社がこのような成長率を予想することはなかっただろう」とGartnerのバイスプレジデントでアナリストとして働くジョージ・ワイス氏は述べている。

 市場調査会社のTaneja Groupでシニアストレージアナリストを務めるジェフ・カトウ氏は次のように語る。「ほんの数年前まではHCIについて説明する必要があった。だが、現在ほとんどのCIOはハイパーコンバージドについて知っている。そのため、CIOにはハイパーコンバージドについて多くを説明する必要がない」

管理のしやすさがHCIテクノロジーの魅力

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...