2017年12月07日 09時00分 公開
特集/連載

より安価でより高いスループットを提供するHCI「ハイパーコンバージドはちょっと」という人に知ってほしいNVMeとSDSの深い関係

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は仮想サーバシステムの利用を選択している管理担当者にとって魅力的な選択肢だ。登場から少し時間がたち、性能も向上している。改めて知るべきポイントを解説する。

[Jim O'Reilly,TechTarget]
画像 1つずつチェックしてみよう

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、複数のサーバとストレージを1つの製品として集約しており、単一のベンダーが提供する。ディスクドライブ技術の高速化や大容量化に伴い、ローカルストレージが高価なディスクアレイに取って代わるようになってきている。ローカルドライブのスピードや容量は現在も増加し続けているため、管理担当者にはハイパーコンバージドサーバのメリットを再度吟味し、従来の選択肢と比較することをお勧めしたい。ポイントを5つに絞って解説する。

ディスクドライブが進化

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

急成長のチャットbot市場、2018年度の売上金額は前年度比倍増――ITR調べ
日本国内のベンダー29社への調査を基にしたチャットbot市場の実績と予測です。

news023.jpg

日本におけるカスタマーサクセスは「夜明け前」 これから乗り越えるべき3つの壁とは?
日本におけるカスタマーサクセス推進の鍵は「期待値コントロール」と「日本人の特性を踏...

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...