AWSで「Windows Server」を動かす、意外に簡単なその方法とはライセンス違反なしで実現

企業はライセンスに問題に対しては用心深いが、Microsoftベースのワークロードを「AWS」に移行したいという企業もある。ライセンス条件に違反することなしに、これを実現するにはどうすればいいのか。

2016年06月10日 12時00分 公開
[Mike PfeifferTechTarget]
画像 Windows Serverや SQL Server、SUSE、Linux Enterprise Serveなどのライセンス持ち込みが可能な「EC2 Dedicated Host」(出典:Amazon Web Services)《クリックで拡大》

 Microsoftのワークロードをクラウド上で動作させることに関連していえば、「AWS」(Amazon Web Services)が「Windows Server」ベースのライセンスをサポートしていることに驚く読者もいるかもしれない。実際、多数のインスタンスがAWS上でWindows Serverを実行している。「SharePoint」「SQL Server」「Exchange」「Lync」などの企業向けワークロードが「Amazon EC2」(Amazon Elastic Compute Cloud)上で動作しているケースも決して珍しくない。既存のMicrosoftライセンスをAWS上で使う方法もある。

 手持ちのMicrosoftライセンスをAWSクラウドに持ち込む方法として、現在どのような選択肢が用意されているのか見てみよう。

Windows Server

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...