2016年06月10日 12時00分 公開
特集/連載

AWSで「Windows Server」を動かす、意外に簡単なその方法とはライセンス違反なしで実現

企業はライセンスに問題に対しては用心深いが、Microsoftベースのワークロードを「AWS」に移行したいという企業もある。ライセンス条件に違反することなしに、これを実現するにはどうすればいいのか。

[Mike Pfeiffer,TechTarget]
画像 Windows Serverや SQL Server、SUSE、Linux Enterprise Serveなどのライセンス持ち込みが可能な「EC2 Dedicated Host」(出典:Amazon Web Services)《クリックで拡大》

 Microsoftのワークロードをクラウド上で動作させることに関連していえば、「AWS」(Amazon Web Services)が「Windows Server」ベースのライセンスをサポートしていることに驚く読者もいるかもしれない。実際、多数のインスタンスがAWS上でWindows Serverを実行している。「SharePoint」「SQL Server」「Exchange」「Lync」などの企業向けワークロードが「Amazon EC2」(Amazon Elastic Compute Cloud)上で動作しているケースも決して珍しくない。既存のMicrosoftライセンスをAWS上で使う方法もある。

 手持ちのMicrosoftライセンスをAWSクラウドに持ち込む方法として、現在どのような選択肢が用意されているのか見てみよう。

Windows Server

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...

news013.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。