2016年02月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsとクラウドの新時代【後編】クラウドでWindowsを動かすのに“見なかったふり”はできない問題

企業のIT部門が社外サーバにWindowsベースのワークロードを積極的に移行しようとしている。そこで問題になるのがWindowsのライセンスと既存パブリッククラウドとの“相性”だ。

[Kristin Knapp,TechTarget]

 クラウド環境においてWindowsのライセンスはどうなるのだろうか。当然のことながら、クラウドプロバイダによってその扱いは異なる。

 例えば、「Amazon EC2」でWindowsソフトウェアを動作したいAWSのユーザーは、関連するWindowsライセンス料金を総合価格に組み込んでいるインスタンスを実行できる。また「SQL Server」や「SharePoint」などのWindowsソフトウェアの場合は、既存のMicrosoftライセンスをAWSに持ち込める。

 だが2nd Watchのブリースナー氏によると、ユーザー企業が保有するWindows ServerライセンスをAWSに移行するための現実的な選択肢があるとは限らないという。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...