2016年02月24日 08時00分 公開
特集/連載

誰もが悩む、Windowsをクラウドで動かすにはどのプラットフォームがベストか?Windowsとクラウドの新時代【前編】(1/2 ページ)

企業のIT部門はパグリッククラウドの利用に前向きな姿勢を示し、業務の中核となるWindowsベースのワークロードを社外に移行しようとしている。だが、IT部門がこの作業を進めるとき、皆に難しい判断を迫ることになる。

[Kristin Knapp,TechTarget]
数あるパブリッククラウドの中で、Windows環境を最も不安なく運用できるのはどれなんだろうか?、

 現在、Windows Server(以下、Windows)をクラウドで運用することが当たり前となりつつあるが、移行作業が必ずしもスムーズに進むとは限らない。さまざまな困難があるものの、1つだけはっきりしているのは。パブリッククラウドに理解を示すIT幹部が増えるのに伴い、Windowsで動作するアプリケーションをはじめとして業務の中核となるワークロードが社内からクラウドに移行するということだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...