2016年02月24日 08時00分 公開
特集/連載

誰もが悩む、Windowsをクラウドで動かすにはどのプラットフォームがベストか?Windowsとクラウドの新時代【前編】(1/2 ページ)

企業のIT部門はパグリッククラウドの利用に前向きな姿勢を示し、業務の中核となるWindowsベースのワークロードを社外に移行しようとしている。だが、IT部門がこの作業を進めるとき、皆に難しい判断を迫ることになる。

[Kristin Knapp,TechTarget]
数あるパブリッククラウドの中で、Windows環境を最も不安なく運用できるのはどれなんだろうか?、

 現在、Windows Server(以下、Windows)をクラウドで運用することが当たり前となりつつあるが、移行作業が必ずしもスムーズに進むとは限らない。さまざまな困難があるものの、1つだけはっきりしているのは。パブリッククラウドに理解を示すIT幹部が増えるのに伴い、Windowsで動作するアプリケーションをはじめとして業務の中核となるワークロードが社内からクラウドに移行するということだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...