2015年07月23日 12時00分 公開
特集/連載

10秒で侵入される――ついにサポート終了、「Windows Server 2003」継続利用したらどうなる?世界で今なお150万本が残留か(1/2 ページ)

「Windows Server 2003」のサポート期限が終了したにもかかわらず、いまだに多くの組織がリスク回避のために必要なアップグレードやセキュリティ対策を行っていない。

[TechTarget]
サポートが終了したレガシーシステムをそのまま塩漬けして使い続ける場合(参照:「“Windows Server 2003移行の最終手段“塩漬け”を回避するためにできること」から)《クリックで拡大》

 「Windows Server 2003」の延長サポートが終了した。今後も同サーバOSを使い続けることで、企業はさまざまなリスクを増大させる恐れがある。Windows Server 2003のメインストリームサポートが終了した2010年7月以降、セキュリティ以外の更新プログラムの提供は打ち切られていた。延長サポートの終了は必然であり事前に分かっていたことだった。しかしながら、多くの企業ではまだ、リスク回避に必要なアップグレードを完了していない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...