2014年08月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

この10年で教育予算は大幅削減「Windows XP」移行の最終案内 もう仮想デスクトップしかない?

予算の削減が著しい教育機関では、いまだに「Windows XP」からのOS移行に苦労している。米国の教育機関では、コスト面の理由からデスクトップ仮想化を利用し、成功を収めている。

[Diana Hwang,TechTarget]
0811_kf_winxp.jpg

 米イリノイ州パーナのパーナコミュニティー学区では、米MicrosoftのデスクトップPC向けOS「Windows XP」から新しいOSへの移行手段を探していた。そして、コスト面の理由から仮想環境の採用を決定した。

 PCのOS環境をWindows XPから「Windows 7」や「Windows 8.1」にアップグレードするための予算がほとんどない学区は、代替手段を見つける必要に迫られている。ある学区では、デスクトップ仮想化を利用し、成功を収めた。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...