2014年11月11日 12時00分 公開
特集/連載

「Windows Server 2003」移行は誰が、いつ、何をすべきかSMBが検討すべきWindows Server 2003移行のポイント【第2回】

「Windows Server 2003」からのサーバ移行を考える際、全ての移行作業を自社で行う場合や一部を外部委託する場合など、さまざまなケースがある。果たして、どのタイミングで誰が何を担うべきなのだろうか。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 前回(「Windows Server 2003」移行であらためて考えたい“サーバ仮想化”)では、「Windows Server 2003」からの移行に際し、サーバ仮想化の活用を検討することのメリットについて解説した。だが、そうした高度なサーバ移行の計画立案や実作業の全てを中堅・中小企業が自ら担うことは難しいかもしれない。必要に応じてITの専門家である販社/システムインテグレーター(SIer)の力を借りるのが確実といえるだろう。

 そこで今回は、Windows Server 2003からの移行において、「どのタイミングで誰が何を担うべきか?」について考えていくことにする。

2014年後半は「移行作業の段取りに問題がないか」を見直す良いタイミング

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...