2015年08月04日 15時00分 公開
特集/連載

Telnetサーバも消える、「Windows Server 2016」のセキュリティ変更点とは重要なアップデートでより堅牢に

「Windows Server 2016」には、認証オプション、アカウント制限、Web対策などに関係するアップデートが含まれる。

[Kevin Beaver,TechTarget]
photo 「Windows Server 2016 Technical Preview 2」画面《クリックで拡大》

 「Windows Server 2016」が間もなく登場する。現在はプレビュー版の「Windows Server 2016 Technical Preview 2」が公開され、2016年初めにも正式版がリリースされる予定だ。Windows Server 2016の導入に向けた現在の計画はどうあれ、この製品の変更点や改善点がエンタープライズ環境のセキュリティに及ぼす影響について考えておくことが望ましい。

 米Microsoftは新しいOSをリリースするたびに、セキュリティ対策をどう変えられるか、新しいOSがどのように破られ得るかについて考える。「Windows Server 2008 R2」以来、同サーバOSは初期状態で高い防御性を維持してきた。Windows Server 2016ではセキュリティに関して5点の変更が予定され、企業のWindows Server管理者やセキュリティ専門家の関心を集めそうだ。

セキュリティに関する5つの変更点とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...