2018年12月11日 05時00分 公開
特集/連載

中小企業のBCPで課題となる予算、技術、人材、時間 どう解決する?限られた時間と予算を有効に使う

事業継続計画(BCP)を立てるときは、中小企業も大企業も同じレベルの回復性と継続性が必要だ。予算や人材が限られる中で、中小企業が事業継続と災害対策(BC/DR)に万全を期すには。

[Nick Cavalancia,TechTarget]
photo

 企業は規模の大小を問わず、いつでもどこからでも常に製品やサービスにアクセスしたいという顧客のニーズを感じている。そのため中小企業でも事業継続計画(BCP)を大企業と同じ条件で考えるのは当然だ。

 大企業と同レベルの回復性と継続性を実現しようとすれば、幾つか明確な課題が生じる。現在はバックアップ、災害復旧、IaaS(Infrastructure as a Service)が進化し、小規模な企業にも大企業に匹敵する災害復旧計画を立案するチャンスがある。

 BCPを考える際、特に中小企業の課題になるのは以下のような項目だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...