2018年12月11日 05時00分 公開
特集/連載

限られた時間と予算を有効に使う中小企業のBCPで課題となる予算、技術、人材、時間 どう解決する?

事業継続計画(BCP)を立てるときは、中小企業も大企業も同じレベルの回復性と継続性が必要だ。予算や人材が限られる中で、中小企業が事業継続と災害対策(BC/DR)に万全を期すには。

[Nick Cavalancia,TechTarget]
photo

 企業は規模の大小を問わず、いつでもどこからでも常に製品やサービスにアクセスしたいという顧客のニーズを感じている。そのため中小企業でも事業継続計画(BCP)を大企業と同じ条件で考えるのは当然だ。

 大企業と同レベルの回復性と継続性を実現しようとすれば、幾つか明確な課題が生じる。現在はバックアップ、災害復旧、IaaS(Infrastructure as a Service)が進化し、小規模な企業にも大企業に匹敵する災害復旧計画を立案するチャンスがある。

 BCPを考える際、特に中小企業の課題になるのは以下のような項目だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...