2019年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

2019年のIT投資、現状維持しつつもRPAやチャットbotに興味津々2019年度のIT投資動向に関する調査レポート(1/2 ページ)

TechTargetジャパン会員を対象に、「2019年度のIT投資動向に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。

[西本愛子,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2019年1月25日から3月15日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「2019年度のIT投資動向に関する読者調査」を実施した。調査対象は、IT製品/サービスの導入に関与する会員。その結果から、2019年における企業のIT投資予算状況、優先したい対策、投資を検討するIT製品などが明らかになった。


調査概要

目的:TechTargetジャパン会員でIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、2019年度のIT投資動向について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2019年1月25日〜3月15日

総回答数:129件

※回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


コスト削減、ガバナンス強化など「守りのIT」に根強い関心

 企業のIT戦略において重視している課題について聞いたところ、上位3つに挙がったのは「業務コストの削減(業務の自動化など)」(42.6%)、「レガシーシステムなど、既存ITコストの削減」(36.4%)、「個人情報保護、ガバナンス強化」(29.5%)と、一般的に「守りのIT」に分類される領域だった。ビジネスモデル革新や新製品開発、顧客開拓などビジネスの成長に直結する「攻めのIT」については、4位以降にほぼ同率で並ぶ結果となった(図1)。

図1 図1 IT戦略において、重視している課題《クリックで拡大》

RPAやチャットbotへの投資予定は約3割、ハードウェアへの投資予定はPCに集中

 投資を予定している具体的な製品ジャンルは何だろうか。近年のトレンドに上がりやすい最新テクノロジーの中では、定型業務を効率化する「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)や問い合わせに自動応答する「チャットbot」などのソフトウェアロボット関連技術や人工知能(AI)テクノロジーが目立つ(図2)。

図2 図2 2019年に投資予定のある最新テクノロジー《クリックで拡大》
       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

Zenlyで見る「自宅滞在率」 都道府県別および国別比較
ゴールデンウイーク中の日本でコロナ感染防止に最も努めたのは自宅滞在率約78%の北海道...

news031.jpg

2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴...

news135.jpg

コロナ禍で食費「増えた」が6割弱――電子チラシ「Shufoo!」運営会社が調査
「おうち時間」が増加したことで主婦の買い物動向はどう変化したのでしょうか。