2019年04月08日 05時00分 公開
特集/連載

2019年のIT投資、現状維持しつつもRPAやチャットbotに興味津々2019年度のIT投資動向に関する調査レポート(2/2 ページ)

[西本愛子,TechTargetジャパン]
前のページへ 1|2       

ソフトウェアの投資予定は情報系システム寄り、セキュリティ投資は現状維持か

 ソフトウェア(業務アプリケーションなどの購入費、セキュリティ対策ソフトウェアを除く)の投資状況については、「投資予定で、予算は横ばいの方針」と回答した企業が32.6%で最も多かった。増額予定の企業は14.0%、減額予定は7.0%、予算枠を確保していない企業は18.6%となり、こちらも全体の約7割に投資の意向が見られた。一方で具体的に投資計画がある製品ジャンルについては、同率1位のグループウェアとMicrosoftのサブスクリプション型オフィススイート「Office 365」でも16.3%にとどまった。投資対象のソフトウェアが多様化していることや、予算確保の難しさが背景にあると考えられる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

半熟チーズケーキ、半熟カステラの次に来るのは? クックパッド「食トレンド予測2022」
キーワードは「新感覚」。2022年に流行の兆しが見えてきた食・料理は?

news115.jpg

レクサスが欧州で展開した「視聴者の顔色」を見てパーソナライズする広告について
トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが欧州で展開した「Feel Your Best」キャンペーンは...

news068.jpg

Criteoが考えるサードパーティーCookie廃止後のデジタル広告
サードパーティーCookie廃止は広告プラットフォーム事業者にとって大きな転換点となる。...