2019年02月18日 05時00分 公開
特集/連載

6つの領域を調査2018年のIT投資動向総括「企業がITインフラへの投資を止めることはない」

Synergyは2018年度のITインフラへの投資トレンド調査の結果を公開した。データセンターサーバ、ネットワークセキュリティ、ワイヤレスLANなど各分野の中で、一番投資された分野とは。

[Michaela Goss,TechTarget]

関連キーワード

IT投資 | システム構築


photo

 主要ベンダーの総売上高が1250億ドルに達するなど、2018年はインフラ市場が急伸した。Synergy Research Groupが公開したデータによると、企業のITインフラへの年間投資額が13%増加したことが、この成長を後押ししたといえる。

 Synergyの調査は、調査は最先端技術ベンダーやサービスプロバイダーに送られる四半期調査、継続的な市場追跡調査、そして財務分析に基づいている。この調査は、データセンターサーバ、スイッチとルーター、ホスト型およびクラウド型のコラボレーション、オンプレミスコラボレーション、ネットワークセキュリティ、無線LANという6つの領域に焦点を当てている。

企業のITインフラ 最も成長した分野は?

 市場シェアの大半を占めるデータセンターサーバへの投資額の伸び率が最も大きく、26%だった。これは平均的な伸び率の2倍だ。サーバ構成の変化に加え、平均販売価格の上昇がこの成長の要因だと、Synergyのチーフアナリスト兼リサーチディレクターのジョン・ディンスデール氏は言う。

 「企業が利用するデータ量は著しく増加し、そのデータを処理するためのアプリケーションの高度化が進んだ」と、ディンスデール氏は述べる。「これに伴い、サーバの性能要件が厳しくなった」

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...