2019年02月27日 05時00分 公開
特集/連載

最新ITの導入でビジネスに差をつける幾つ知っている? 2019年に注目度アップする10のITトレンド

データセンターの小型化、サーバレスコンピューティング、デジタルダイバーシティーとは何だろう。2019年にIT運用の原動力となる10個のITトレンドと、こうしたトレンドが自社のビジネスをどのように変えるかを考える。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
photo

 企業のIT運用から何かがなくなることはない。だがテクノロジーやアプローチが古くなれば、新たに登場するITトレンドに席を譲るのはいつものことだ。2019年には、データセンターと並行してサーバレスコンピューティングやSaaSワークロード導入の準備を整える必要が生じてくる。これらのテクノロジーは、企業でのITワークロードの導入方法と運用方法を体系的にする。

 グローバルで多様性のあるデジタルインフラや、創造性に富んだITチームなどのトレンドは、業務部門やIT部門にチャンスをもたらすと同時に課題も突き付ける。Gartner主催の「Gartner IT Infrastructure, Operations & Cloud Strategies Conference 2018」で、同社のシニアディレクターアナリスト務めるロス・ウィンザー氏が新たに登場する10件のトレンドの概要を説明した。2019年にはこうしたトレンドがインフラと運用を変えることになりそうだ。

 あらゆる企業が全てのトレンドに飛び付くことはないだろう。とはいえ、導入に向けた計画を事前に立てるには、これら全てを確認しておくことは欠かせない。それがキャリアの役にも立つ。

1.複数のベンダー、プラットフォームの運用を迫られるデジタルダイバーシティー

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...