クラウドサービスの「新ステージ」を導く“期待のダークホース”とは?IaaS市場の今後【後編】

IaaSを始めとするクラウドサービス市場は好調を継続している。そうした中で、今後のクラウドサービス市場を左右する“ある動き”が浮上している。どのような影響があるのか。

2023年08月29日 05時15分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

関連キーワード

IaaS | クラウドサービス | PaaS | SaaS


 調査会社Gartnerによると、世界のIaaS(Infrastructure as a Service)市場規模は2022年に約1203億ドルに達した。前年の約928億ドルから29.7%拡大し、1000億ドルの壁を突破する結果となった。Gartnerは、今後は“ある動き”がIaaSを始めとするクラウドサービス市場を左右すると予測する。どういうことなのか。

クラウドサービスに新たな展開? 今後の“けん引役”とは

 Gartnerでバイスプレジデントアナリストを務めるシド・ナグ氏は、「IaaSの需要は、SaaS(Software as a Service)やPaaS(Platform as a Service)といった他のクラウドサービスの成長を後押ししている」と説明する。IaaSのユーザー企業は、SaaSやPaaSといったクラウドサービスを追加し、既存アプリケーションのモダナイゼーション(最新化)を加速する傾向があるためだ。

 ナグ氏はIaaSを含むクラウドサービス市場の今後について、ある動きを注目点として挙げる。テキストや画像などを自動生成するAI技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)の台頭だ。AI(人工知能)ベンダーOpenAIのAIチャットbot 「ChatGPT」をはじめとする、生成AIツールの人気がIaaS市場の成長に貢献すると同氏は予測する。

 ハイパースケーラー(大規模データセンターを運営するクラウドベンダー)は、既存の生成AIツールよりも機能を充実させたツールを提供しようとしている。それと同時に、生成AIツールを利用するユーザー企業の動きが広がり、AI技術の主権や倫理、プライバシー、サステナビリティ(持続可能性)に関連する新たな市場やビジネスチャンスが生まれる。「生成AIが今後のクラウドサービス市場をけん引することは確実だ」とナグ氏は話す。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...