2023年08月29日 05時15分 公開
特集/連載

クラウドサービスの「新ステージ」を導く“期待のダークホース”とは?IaaS市場の今後【後編】

IaaSを始めとするクラウドサービス市場は好調を継続している。そうした中で、今後のクラウドサービス市場を左右する“ある動き”が浮上している。どのような影響があるのか。

[Caroline DonnellyTechTarget]

関連キーワード

IaaS | クラウドサービス | PaaS | SaaS


 調査会社Gartnerによると、世界のIaaS(Infrastructure as a Service)市場規模は2022年に約1203億ドルに達した。前年の約928億ドルから29.7%拡大し、1000億ドルの壁を突破する結果となった。Gartnerは、今後は“ある動き”がIaaSを始めとするクラウドサービス市場を左右すると予測する。どういうことなのか。

クラウドサービスに新たな展開? 今後の“けん引役”とは

 Gartnerでバイスプレジデントアナリストを務めるシド・ナグ氏は、「IaaSの需要は、SaaS(Software as a Service)やPaaS(Platform as a Service)といった他のクラウドサービスの成長を後押ししている」と説明する。IaaSのユーザー企業は、SaaSやPaaSといったクラウドサービスを追加し、既存アプリケーションのモダナイゼーション(最新化)を加速する傾向があるためだ。

 ナグ氏はIaaSを含むクラウドサービス市場の今後について、ある動きを注目点として挙げる。テキストや画像などを自動生成するAI技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)の台頭だ。AI(人工知能)ベンダーOpenAIのAIチャットbot 「ChatGPT」をはじめとする、生成AIツールの人気がIaaS市場の成長に貢献すると同氏は予測する。

 ハイパースケーラー(大規模データセンターを運営するクラウドベンダー)は、既存の生成AIツールよりも機能を充実させたツールを提供しようとしている。それと同時に、生成AIツールを利用するユーザー企業の動きが広がり、AI技術の主権や倫理、プライバシー、サステナビリティ(持続可能性)に関連する新たな市場やビジネスチャンスが生まれる。「生成AIが今後のクラウドサービス市場をけん引することは確実だ」とナグ氏は話す。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news021.jpg

テストして分かった「Protected Audience API(旧FLEDGE)」 Cookieよりも期待できそうなこととは?
プライバシー保護を前提としつつ、Web上の行動追跡手段をどう確保するか。Googleがサード...

news180.jpg

電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。