2023年05月31日 05時15分 公開
特集/連載

シンガポール政府はなぜクラウドサービスを“リスク承知”で使うのか?電子政府のクラウド活用【第2回】

公共サービスのデジタル化を進めるシンガポール政府は、複数のクラウドベンダーとタッグを組み、マルチクラウドを採用している。同国が目指すクラウドサービス利用の在り方を探る。

[Aaron TanTechTarget]

 シンガポール政府は同国の在住者により良い公共サービスを提供するために、デジタル技術の活用を推進している。その取り組みを支えるのは、クラウドサービスだ。同国政府はクラウドサービスを活用するメリットや注意点をどう捉えているのか。政府最高デジタル技術責任者(Government Chief Digital Technology Officer)で、同国のデジタル庁(GovTech:Government Technology Agency)のCEO代理も務めたチャン・チャオ・ホー氏に聞いた。

クラウドサービスのリスクと、マルチクラウド採用の理由

 2021年11月にGovTechが主催したカンファレンス「STACK-X Cloud 2021」で、シンガポールにおけるクラウドサービス活用について講演があった。内容は、シンガポール政府の公共サービスをクラウドサービスで運用する「Government on Commercial Cloud」(GCC)の推進についてだ。システムのスケーラビリティ(拡張性)を追求し、GovTechはクラウドサービスを支持することにした。シンガポール政府は、2023年までにシステムの70%以上をクラウドサービスで運用する計画だという。

 チャン氏によると、クラウドサービスへのシステム移行にはリスクが伴う。一方で、複数のクラウドサービスを併用する「マルチクラウド」を採用することで得られるメリットもある。クラウドベンダーを中心としたエコシステム(クラウドサービスを介してさまざまなサービスを提供するベンダーが相互につながり、依存し合うコミュニティー)を利用できることだ。エコシステムの中で最新の技術に出会い、開発を加速させることができるといった恩恵がもたらされる。

 「新しいシステムを導入するリスクについて検討する時に考えなければならないのは、現行のシステムで発生するリスクよりも大きいか小さいかではない」とチャン氏は指摘する。同氏はリスクをよく知り、受け入れることが極めて重要だと強調する。クラウドサービスの機能を深く知り、より詳しくなることが、適切なリスク管理と耐障害性の向上につながるのだという。

 クラウドサービスで障害が発生した場合、ユーザー組織は復旧に時間がかかり、重大な損失を被る可能性がある。マルチクラウドの構成を組むことで、そのリスクを軽減しやすい。「GovTechがAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft、Googleといった複数のクラウドベンダーと連携してマルチクラウドを構築した理由はその点にある」(チャン氏)


 第3回は、シンガポール政府がクラウドサービスを活用した開発において重視する点を探る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...