2012年02月29日 09時00分 公開
特集/連載

月額料金は? 海外進出を支援するクラウドERPのコストを比較するERP比較ガイド:クラウドERP(前編)

海外進出した企業で最初に必要となるERPの機能といえば会計と人事。本稿では、企業が海外拠点で利用する場合を想定し、主要なクラウドERPの機能紹介と、コスト比較をお届けする。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 日本企業の海外進出が活発だ。これまでの工場進出に加えて、現地での販売や研究開発を目的に進出するケースもあり、多彩になっている。海外進出した企業がまず必要になるのが会計と人事の管理システムだ。現地生産や販売など、どのような進出目的であっても、「ヒト・モノ・カネ」のベースとなる会計と人事システムは必要になる。本稿では、海外進出する企業が利用することを想定し、主なクラウドERPの会計、人事システムの機能を紹介し、そのコストを比較する(後編:比較表で一覧可能、クラウドERPのコストを比較する)。

 想定しているのは本社で「SAP ERP」や「Oracle E-Business Suite」などの大規模向けERPを使っている企業が海外拠点を設けるケースだ。この場合、海外拠点で利用するERPの利用ケースは4つが考えられる。

  1. 本社と同じERPをオンプレミスで使う
  2. 本社と同じERPをクラウドサービスで使う
  3. 本社とは別のERPをオンプレミスで導入する
  4. 本社とは別のERPをクラウドサービスで利用する

 ERPとしてグループでの統合性が最も高まるのは1だ。しかし、本社で使っているERPが高コストだと海外拠点での運用コストも高まる。2はそのコスト問題を解決できるが、本社で使っているERPがクラウドサービスに対応していないと利用できない。3は、製品によってはコストを抑えられるが海外拠点でERPの運用管理をする必要があるなどランニングコストが増大する。今回取り上げるのは2と4の形態だ。低コスト、短期間に会計と人事システムを立ち上げることができる。また、ハードウェアが不要で、運用管理の手間がないなどTCO(総所有コスト)の低減が期待できる。以下から主要製品の機能とコストを見てみよう。

 今回紹介するのは以下の6つのクラウドERPだ。前編ではNetSuite、BusinessACXEL for SAP ERP、EXPLANNER for SaaSを取り上げる。

  • NetSuite
  • BusinessACXEL for SAP ERP
  • EXPLANNER for SaaS
  • SuperStream
  • GRANDIT
  • GLOVIA smart

NetSuite

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...