製造業にERPは合わないは過去の話? JFEマテリアル導入事例「Microsoft Dynamics AX」導入事例

独自の業務プロセスにこだわりが強いとされる製造業でERPの導入が進んでいる。パッケージソフトをどう受け止めて、どう活用しているのか。JFEマテリアルのDynamics AX導入事例を紹介する。

2012年01月16日 09時00分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ERP市場で注目を集めているのがマイクロソフトの動向だ。ソフトウェアベンダー最大手で、WindowsでクライアントPC向けOSの市場をほぼ握り、サーバ向けOSでも高いシェアを誇る。そのマイクロソフトが「Dynamics AX」で国内のERP市場に参入したのが2007年。日本マイクロソフトによると国内での導入実績は100社以上に達した。その1社である素材メーカー、JFEマテリアルの導入事例を紹介する。巨大ソフトウェアベンダーのERPはユーザー企業にどう受け止められているのか。

強い会社に変革するためのシステム導入

 JFEマテリアルは、1999年に日本鋼管富山製造所が分社、独立した会社だ。従業員は約200人で、2011年3月期の売上高は113億円の中堅企業。マイクロソフトのイベントで導入事例を説明したJFEシステムズ 東京事業所 経営管理システム開発部 経理グループ 主任部員の上田昌男氏によると、JFEマテリアルは分社化当時「業務運用に必要な最低限のシステム化だけを行った」。しかし、それから約10年がたちシステムの老朽化が目立ってきたという。それまで使ってきたシステムをアップグレードすることも検討したが、アドオンやカスタマイズが行われていて、アップグレードには多額のコストが掛かることが判明。JFEシステムズが支援し、マイクロソフトのERPである「Dynamics AX」(以下、AX)の導入を決めた。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...