2011年11月10日 09時00分 公開
特集/連載

定番ERPだけじゃない、中堅・中小企業のERP選びに第2の選択肢ERP Now!【第11回】

ERP市場をリードする中堅・中小企業市場。ERPには新興国など海外に進出する企業を支援する機能が求められる。どのような製品やソリューションがあるのか。定番ERPだけではない、第2の選択肢を紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ERPパッケージの主戦場が、大企業向け製品から中堅・中小企業向け製品に変わりそうです。中堅・中小企業の多くが海外展開を目指していて、拠点の早期立ち上げや、グローバルでの業務標準化にはERPが欠かせません。そのため中堅・中小企業の間であらためてERPが注目されています。この流れを受けてERPベンダーも中堅・中小企業向けのソリューションを相次ぎ発表しています。今回の「ERP Now!」では中堅・中小企業を狙うベンダーの動向を紹介しましょう。

アクセンチュアが中堅・中小向けERPに本格参入

画像 アクセンチュアの山本照晃氏

 これまで大企業向けのソリューションを得意としてきたアクセンチュアが中堅・中小企業向けの市場に本格参入します。ERPとして担ぐのはマイクロソフトの「Microsoft Dynamics AX」です。アクセンチュアは「SAP ERP」や「Oracle E-Business Suite(以下、Oracle EBS)」を使ったソリューションを多く手掛けてきました。それがなぜDynamics AXなのでしょうか。同社のテクノロジー コンサルティング本部 財務・経営管理 グループ シニア・マネジャーの山本照晃氏は「SAP ERP、Oracle EBSを展開しようとすると、現地法人で時間とコストが掛かり、早期展開の足かせになるケースがあります。現地法人向けのセカンドチョイス(第2の選択肢)としてDynamics AXを提供します」と話します。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。