2011年11月10日 09時00分 公開
特集/連載

定番ERPだけじゃない、中堅・中小企業のERP選びに第2の選択肢ERP Now!【第11回】

ERP市場をリードする中堅・中小企業市場。ERPには新興国など海外に進出する企業を支援する機能が求められる。どのような製品やソリューションがあるのか。定番ERPだけではない、第2の選択肢を紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ERPパッケージの主戦場が、大企業向け製品から中堅・中小企業向け製品に変わりそうです。中堅・中小企業の多くが海外展開を目指していて、拠点の早期立ち上げや、グローバルでの業務標準化にはERPが欠かせません。そのため中堅・中小企業の間であらためてERPが注目されています。この流れを受けてERPベンダーも中堅・中小企業向けのソリューションを相次ぎ発表しています。今回の「ERP Now!」では中堅・中小企業を狙うベンダーの動向を紹介しましょう。

アクセンチュアが中堅・中小向けERPに本格参入

画像 アクセンチュアの山本照晃氏

 これまで大企業向けのソリューションを得意としてきたアクセンチュアが中堅・中小企業向けの市場に本格参入します。ERPとして担ぐのはマイクロソフトの「Microsoft Dynamics AX」です。アクセンチュアは「SAP ERP」や「Oracle E-Business Suite(以下、Oracle EBS)」を使ったソリューションを多く手掛けてきました。それがなぜDynamics AXなのでしょうか。同社のテクノロジー コンサルティング本部 財務・経営管理 グループ シニア・マネジャーの山本照晃氏は「SAP ERP、Oracle EBSを展開しようとすると、現地法人で時間とコストが掛かり、早期展開の足かせになるケースがあります。現地法人向けのセカンドチョイス(第2の選択肢)としてDynamics AXを提供します」と話します。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...