「コンポーザブルERP」を使うなら乗り越えるしかない“最初の難題”「コンポーザブルERP」とは何か【後編】

ビジネスの成果創出の土台になる存在として企業が目を向ける「コンポーザブルERP」。導入する企業は、最初に何に取り組む必要があるのか。

2023年07月10日 05時15分 公開
[Emmanuelle HoseTechTarget]

関連キーワード

ERP | 基幹システム


 「コンポーザブルERP」(ERP:統合基幹業務システム)は、企業が目的に合わせてさまざまな機能を組み合わせるERPだ。コンポーザブルERPを導入する企業は、まず何に取り組む必要があるのか。

「コンポーザブルERP」の乗り越えるべき難題

 コンポーザブルERPは、機能追加や仕様変更といった豊富な選択肢を企業に提供し、ビジネスの利益や価値をより迅速に創出できるように支援する。コンポーザブルERPを運用するには、組織内にあるさまざまなデータを統合しなければならない。これは簡単なことではないが、ビジネスの中核となるデータをうまく活用するためには欠かせないプロセスだ。

 例えば、受注から売り上げ回収までを範囲とするO2C(Order to Cash)業務は、財務からサプライチェーン、在庫、注文管理までさまざまなシステムにまたがる。各システムが扱うのは、製品需要や配送プロセスなどに関するデータだ。

 企業はコンポーザブルERPに含まれる新システムと、既存の社内システムを相互運用できるよう、データを最適化する必要がある。既存のERPやデータベースは、コンポーザブルERP内の全てのシステムからアクセス可能な、標準化された形式のデータを持つ中央リポジトリ(保管場所)となる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...