「複数のクラウド」を効果的に管理する“あの技術” I&Oを刷新するには?ITインフラ運用が楽になる4つの方策【後編】

企業はクラウドインフラのさまざまな運用形態を模索している。複数のクラウドインフラを効果的に管理する仕組みを2つ紹介する。

2023年07月10日 05時15分 公開
[Padraig ByrneTechTarget]

 企業のITインフラが拡大する動きや、アプリケーションの展開先の分散によって、ITインフラの運用は複雑化している。企業のITインフラと運用(I&O:Infrastructure and Operations)部門は、そうしたITインフラの運用に加えて、事業部門からはデータ分析による洞察(インサイト)の提供を求められている。企業のI&O部門の負荷が増大するのは不思議ではない。

 I&O部門の課題を解決するには何が必要なのか。そのために必要な「4つのポイント」のうち、3つ目と4つ目を説明する。

3.クラウド運用の最適化

 I&O部門はパブリッククラウドやプライベートクラウド、クラウドインフラとオンプレミスインフラを併用するハイブリッドクラウドと、複数のシステム運用環境を効率的に管理する方法を見つけなければならない。コストとガバナンスをコントロールし、クラウドインフラの価値を継続的に検証しながら、管理の仕組みを構築する必要がある。以下2つが、クラウドインフラを効率的に管理する技術として注目を集めている。

  • マイクロサービス
    • サービスを機能ごとに分割して、個別の機能の集合としてアプリケーションを開発する手法およびアーキテクチャ。個々の機能は疎結合であり、独立性が高いため、後から改修が容易になる。
  • FaaS(Function as a Service)
    • サーバ管理不要でプログラムを実行できる仕組み。ITリソースの管理機能をクラウドサービスが内部で自動化しており、開発者は仮想マシンやコンテナなどの実行環境を管理する必要がなくなる。

4.新しい技術の探求

 I&O部門は伝統的に保守的なアプローチを取っており、変化に対して抵抗感を持つことが珍しくない。現代のアジャイル(俊敏)な世界では、イノベーションに取り組まない部門は避けられる傾向がある。新しい需要や顧客に応じるために、常に新しい技術を探求すべきだ。アジリティ(機敏性)の向上、I&O部門とアプリケーション開発者の摩擦の軽減、リリースサイクルの短縮など、新しい技術がもたらすメリットを評価しなければならない。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...