2008年07月15日 19時12分 UPDATE
ニュース

NEWSSAPジャパンとSCSが海外の顧客開拓で協業強化、ERP事業の売り上げ倍増狙う

住商情報システム(SCS)によるグローバルレベルでのSAPシステム導入サービス支援を強化する共同事業計画を策定。北米・アジア地区・欧州などでパートナー支援やサービス体制の拡充を進め、SAP関連事業の売り上げ増を目指す。

[TechTargetジャパン]

 SAPジャパンと住商情報システム(以下、SCS)は7月15日、ERPなどの導入サービス支援をグローバルレベルで推進するための協業体制を強化し、日本、米国、中国、アジア・太平洋地域、欧州をカバーする世界規模での戦略的共同事業計画を策定したことを発表した。今回の協業強化における重点事業内容は以下の通り。

  • 日本企業の海外現地法人向けSAP導入支援サービス
  • 各海外地域における中堅企業向けソリューションの展開
  • 各海外地域におけるホスティングなどの運用支援サービス

 第一段階として2008年度中に、北米、中国においてERP分野での新規顧客開拓、サービス体制の拡充など、戦略的に体制を強化。第二段階として、アジア・太平洋各国、そして欧州へと協業推進地域を順次拡大していく。SAPジャパンは戦略的協業推進の総合窓口となり、SCSの海外SAP事業を支援する。各国ごとにSCSおよびSAPの現地法人同士がローカルパートナー契約を締結し、SAPローカルパートナー制度に基づくパートナー支援プログラムが提供される予定だ。

 なお、本協業には今後3年間でSCSの日本以外の地域におけるSAP関連ビジネスの売り上げを2倍に引き上げる計画が含まれる。

関連ホワイトペーパー

SAP | ERP | 経営


ITmedia マーケティング新着記事

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...

news069.jpg

アマゾンエフェクトに負けない方法とは? 米小売大手TargetからDomoに転じたエグゼクティブに聞く
データが好き過ぎてDomoに転職した元Targetベン・シャイン氏のインタビュー。

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。