TechTargetジャパン

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/3/9 提供:富士通株式会社)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2016/12/26 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

事例
Amazon Auroraで高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行
 近年、盛んに行われているデータベース(DB)のクラウド移行。クラウドならではの高可用性、拡張性、運用の容易性など、移行することで得られるメリットは多い。しかし、オンプレミスの構成をそのままクラウドへ移行するといったような「単純移行」では、クラウドのメリ...(2016/12/16 提供:クラスメソッド株式会社)

事例
Amazon Auroraで高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行
 近年、盛んに行われているデータベース(DB)のクラウド移行。クラウドならではの高可用性、拡張性、運用の容易性など、移行することで得られるメリットは多い。しかし、オンプレミスの構成をそのままクラウドへ移行するといったような「単純移行」では、クラウドのメリ...(2016/12/15 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

レポート
2年後にクラウドの主役は交代? Oracleユーザーへの調査で分かったDBの新潮流
 近年はクラウドコンピューティングがデータベース(DB)の領域まで広がり、情報提供の方法にも変化が訪れ始めている。その大きな流れの1つが、複数のサイロ化されたデータストアへのアクセスの共有を実現する「Database as a Service」(DBaaS)だ。 IT調査会社のUnisp...(2016/11/22 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
NoSQLデータベース製品導入戦略ガイド
 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。本稿ではNoSQLデータストアという新しいカテゴリーと、それがどう使われているかについて解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

事例
事例:Oracle DBの処理速度が10倍以上に高速化、フラッシュとSoftware Defined Storageによる待ち時間削減は554時間/日を達成
 システムの基盤強化に継続して取り組んでいる企業のシステムにおいても、期末といった特定期間にレスポンス悪化を起こすケースが散見される。この場合、一時的なトランザクション増加に、I/O性能がついていけないことが原因だ。 トランザクションが増加するということ...(2016/11/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
セントラル短資FXに学ぶDBレプリケーション、リアルタイムBI活用を支える5要件
 データ分析にリアルタイム性が求められるようになったことで、データベース(DB)の可用性に対する考え方も大きく変わった。近年はリアルタイムBIを活用する上で、本番DBに負荷をかけずにリアルタイムに近い複製ができるレプリケーション環境が欠かせないものとなりつつ...(2016/11/10 提供:クエスト・ソフトウェア)

レポート
先進企業のビジネス戦略をリードするCFOはテクノロジーをどう使うのか?
 近年、CFO(最高財務責任者)に対して、他部門の競争力強化のための先見性、洞察力が求められている。クラウドコンピューティングなどによる、リアルタイムのデータ活用により、ITコストが予測可能となり、経理部門がIT予算やプロジェクトのマネジメントに関する高度な...(2016/10/27 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
「アプリを仮想化運用するとパフォーマンスは劣化する」は本当か?
 仮想化基盤を採用している企業でも、Microsoft Exchange Server、SAP、Oracle Databaseといったビジネスクリティカルアプリケーション(BCA)は仮想化されていないケースが少なくない。仮想化に対する不安が、BCAの責任者に根強くあるのがその要因だ。 仮想化に対する...(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Oracle DBからMySQLへ、DB移行プロジェクトの実践ノウハウを専門家が徹底解説
 ビッグデータやIoTなどの活用が進んだことで、トランザクション単位でデータの整合性を担保できる旧来のデータベース管理システム(DBMS)の重要性が再認識されている。この動きのなかには、商用DBMSからオープンソースソフトウェア(OSS)のDBMSへの移行も見られる。 ...(2016/9/20 提供:SCSK株式会社)

製品資料
Excelの便利さだけ残した「脱Excel」、データ管理業務の無駄を一掃
 Excelは多機能で自由度が高いため、高度で複雑な表を作成できる。しかし、完成した表は視認性こそ高いものの、管理や運用が複雑で、データの再利用が困難であることが多い。そのため、多くの企業が煩雑なExcel業務に貴重な時間を奪われている。 近年、さまざまな企業で...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

製品資料
従来のコストで10倍のパフォーマンス DB環境にオールフラッシュを選ぶべき理由
 近年、データベース(DB)環境におけるオールフラッシュストレージの導入が急速に進んでいる。その背景にはフラッシュデバイス自体の低価格化があるが、インライン処理によるデータの重複排除/圧縮機能の効果も見逃せない。 これらの機能改善と、オールフラッシュスト...(2016/9/1 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
x86サーバ vs. Itaniumサーバ、3年間の運用でTCOに驚きの差
 これまでRAS(信頼性、可用性、保守性)の低下と引き換えに、他のシステムよりも低コストを実現する手段と見なされがちだったx86サーバ。新しいx86システムがこのイメージを一掃したことにより、ミッションクリティカルなデータベースソフトウェアなどの移行先としての...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
MySQLとOracle ClusterwareのHA構成、従来環境との違いや構築手順を徹底検証
 MySQLは、世界中で多くのユーザーを持つデータベース管理システム(DBMS)だ。国内では、基幹システムなどでも広く利用されているが、従来は高い可用性が求められるシステムでの利用には、クラスタソフトなどを組み合わせる必要があった。 そのため、障害発生時にはMyS...(2016/8/3 提供:SCSK株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ファンケルなど6つのファイル共有事例に学ぶ、身近な業務改善のヒント
 重要書類をメールで送ることのリスクは広く知られているが、いまだに多くの現場では添付ファイル機能が利用されている。中にはファイルにパスワードをかけてセキュリティ対策とするケースや、無料オンラインストレージを利用するケースなども見られるが、安全性や利便性...(2016/6/29 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
バックアップ高速化の秘訣――データを知れば、ストレージの悩みは解消する
 ビジネスに必要となるデータは増大を続け、事業継続性の確保に不可欠なバックアップのコストは年々上昇している。これに加え、セキュリティへの要求がさらに高まったことで、多くの企業がバックアップシステムの刷新を検討し始めている。 この議論に入る前にストレージ...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
DB統合型システムの基礎知識――普通のコンバージドと何が違う?
 コンバージドシステムの大幅な進化により、DBの処理能力の伸び悩み、DBサーバ乱立による工数やコストの増加などの課題はある程度解消されてきている。しかし、それらは主にハードウェア側からもたらされた効果であり、ソフトウェア側での改善の余地はまだ多く残されてい...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
日本精工の現場担当者が語る、インフラ主導の「プライベートクラウド」活用術
 大企業を中心に統合的なIT基盤への移行が進みつつあるが、いまだにサイロ化した個別最適システムを利用している企業は多い。一方、早い段階でIT基盤の刷新を行うことで、他社よりも多くの効果を得られると考える企業が現れている。 世界有数のベアリングメーカーとして...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
データ処理の「待ち行列」まで整理――DBが生まれ変わるプラットフォームとは?
 この数年でプロセッサとストレージの性能向上は、DBプラットフォームの大幅な進化をもたらした。しかし、大容量化によりストレージ台数が減ったことの弊害として、以前よりもディスクI/Oが集中するようになったことなど、新たな課題も見え始めた。 OLTP(オンライント...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
ストレージがSQL対応、進化したコンバージドインフラでDB環境はどこまで変わる?
 コンバージドインフラは、ハードウェアやソフトウェアの進化の恩恵を多く受ける反面、従来機種で特長とされた技術や機能が陳腐化しやすい。そのため、導入に際しては、その時点での主要技術とハードウェアの進化を把握する必要がある。 近年、DB対応へのニーズの高まり...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
あなたの会社のクラウド移行、オンプレミス環境と同じに使えますか?
 オンプレミスで稼働するシステムをパブリッククラウドに移行しようと考える場合、移行先としては「IaaS」と「PaaS」のどちらを選ぶのが良いのだろうか。現状はIaaSを選択する企業が多いという。その理由は「PaaSでは移行コストが高く、ベンダーロックインのリスクも高い...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

Loading