英国市議会が「SAP」を捨てて「Oracle」に移る理由とは?ERP刷新を決めた市議会の事例【前編】

英国のバーミンガム市議会は、従来使用してきたERPの全面刷新を決断。SAPのシステムからOracleのシステムへの移行を目指す。その背景や理由とは。

2023年07月05日 07時15分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

関連キーワード

ERP | Oracle(オラクル) | SAP | SAP ERP


 英国のバーミンガム市議会は、1999年からSAPのERP(統合業務システム)を使用してきた。だが同市議会は、継続してきたそのERPの運用をやめて、OracleのクラウドERPに移行することを決めた。システム刷新の背景にはどのような理由があるのか。

SAPからOracleに移行する理由とは

 バーミンガム市議会は2006年にSAPの他、ITコンサルティング企業のCapita、インドのITサービス事業者HCL Technologies傘下のHCL AXONと戦略的パートナーシップ契約を締結。これらのパートナー企業と共に、公共サービスを変革するための取り組みを2019年まで進めてきた。これは、当時の地方自治体プロジェクトとしては欧州で最大規模の契約だった。契約期間中、同市議会はSAPシステムにかなりの額を投資してきたという。

 これまでバーミンガム市議会が使用してきたSAPのERPは、人事から財務、調達まで、複数のビジネスプロセスにおける業務を支えてきた。次のような役割を主に担う。

  • 年間約7億ポンド相当の給与計算
  • 年間約2万6000件の給与明細処理
  • サプライヤーの請求書と領収書の処理

 同システムには、他の市議会システムと連携するなど大幅なカスタマイズが加わっている。

 バーミンガム市議会でデジタルおよびカスタマーサービス担当ディレクターを務めるピーター・ビショップ氏は、「現行のERPでは顧客課題に対処し切れない」と話す。ビショップ氏が挙げる具体的な問題は、以下の通りだ。

  • 直感的な操作が難しく、ユーザーエクスペリエンス(UX)が悪い
  • データの抽出や管理の大半を、特定のユーザーに依存している
  • 他の市議会システムとERPのモジュールが相互通信できない

 こうした理由から、バーミンガム市議会はOracleのクラウドERPへの移行を決めた。だが2018年に着手した移行作業は計画通りには進んでおらず、当初の想定以上の時間やコストが必要になっている状況だ。


 後編は、OracleのクラウドERPへのシステム移行を阻む課題と、計画の今後について解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...