TechTargetジャパン

技術文書
5GやIoT時代に求められる<ソフトウェア環境>の4つの課題を読み解く!
 5GやインダストリアルIoTなど新たなトレンドに適応する際、技術的にもビジネス的にも安心して革新を進めるためには何が必要になるか?重要な要素のひとつであるソフトウェアにおいて、新しい技術に対応する環境とはどういったものか。30年使われ続ける開発ツール「LabVI...(2017/6/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
新世代LabVIEWは何が変わるのか――その進化点とLabVIEWが持つ豊富な機能
こうした課題に応えるにはどうすればよいだろうか。その解決策として、過去 30 年、何十万人ものエンジニアや科学者によって、生産性や機能性が向上してきたLabVIEW の実績を基に、共通の開発タスクの最適化というエンジニア固有の機能を組み合わせることで、システム開発...(2017/7/14 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
NI LabVIEWでできること
NI LabVIEW グラフィカルプログラミングのハードウェアをNI LabVIEW で統合NI LabVIEW に搭載されている上級解析/信号処理関数NI LabVIEW を使用したデータストレージとレポート生成NI LabVIEW でのデータ視覚化とユーザインタフェース設計複数のターゲットとオペレーティ...(2012/11/29 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
ビッグデータ時代の到来と、シェルプログラミングへの回帰<シェルプログラミングシリーズ2>
 POSシステム、スマートデバイス、張り巡らされたセンサーネットワークなど多種多様なエントリーポイントから取り込まれる膨大なデータ。その中に商機を見出す企業やITベンダーが、「ビッグデータ」を合言葉に市場を賑わせている。この喧騒の一方で、廃すたれない技術に...(2012/11/28 提供:有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所)

事例
シェルプログラミングの再来と意味<シェルプログラミングシリーズ1>
 「約300ある商品の受発注、在庫、営業管理システムを一台数十万円のサーバー60台ですべて再構築。従来かかっていたソフトの高額なライセンス費用、ハードの保守費用が不要になった。おかげで、毎年20億円かけて拡張・維持していた情報システムのコストを大幅に削減した...(2012/2/20 提供:有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所)

技術文書
プログラミング不要、高効率モータ制御を簡単に実現する「iMOTION2.0」とは
 ロータ(回転子)に永久磁石を用い、ステータ(固定子)のコイルを3相ACで駆動するPMSMは、小型・軽量で効率が高いことから、幅広いモータアプリケーションで広く普及してきた。 最近では、位置検出センサを使わないセンサレス駆動と、駆動電流から最大トルクを生成で...(2017/8/1 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

その他
「技術英語」とは、「図」を構成要素とする「プログラミング言語」である?
 本来、「言語」とは「人間相互理解」の道具であり、「民族」という単位のポピュラーな指標であり、「文化」という荷物を過去から未来へ運ぶリヤカーのような役割もあります。しかし、「技術英語」には、そのいずれの機能もありません。「技術英語」が、言語でなく、「英...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
IIoTがもたらす未来、国内製造業のガラパゴス化を解消するには?
 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」の人気連載「IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する」の第1〜4回までを収録した特別ブックレット。筆者であるリンクス 代表取締役 村上慶氏が、日本のみならず世界的に盛り上がりを見せるIIoT...(2017/3/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
コストを削減しつつ「組込・制御システム開発」を成功させる秘訣とは?国内外の先端研究事例に学ぶ
 本資料には、システム開発や保守費用にかかるコストを削減しつつ、テスト開発の生産性を高め開発時間の短縮に成功した事例が数多く掲載されている。新しい領域の研究開発や製品設計に挑む技術者には見逃せない資料だ。高い性能と信頼性が要求されるアプリケーションにお...(2016/6/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

その他
「技術英語」というプログラミング言語をコンパイルせよ
 私たちが到達すべき「To be像」は明確です。私たちは、技術英語というプログラミング言語をコンパイル(翻訳)する、1つの「電子計算機」になるのです。ここで最も大切なことは、1つの機械となった私たちは、理解できない技術英語に対して「Syntax Error(シンタックス...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
電子回路が苦手な人のためのフィジカルコンピューティング「Scratch 2.0」入門
 連載企画「Scratch 2.0で学ぶ! お手軽フィジカルコンピューティング」全132ページを無料公開! 初心者向けプログラム開発環境「Scratch 2.0」を使って、電子回路があまり得意でない方にも“フィジカルコンピューティング”の楽しさを気軽に体験してもらうことを目的に...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト
 「ソフトウェアテストほど重要なものはなく、ソフトウェアテストほど困難で大変なものはない」これを頭で理解していても、テストが現場任せになっていて、組織全体での問題と認識されていないことは多い。さらに今はIoTやAI、ビッグデータの隆盛により、ソフトウェアテ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
現場ニーズに合わせて自由にカスタマイズ可能、業務効率化モバイルアプリ
 営業力の強化などを目的として、モバイルアプリを導入する企業が増えている。その効果は、外出先からのスケジュールの閲覧や登録、テレワークの実現などだけではない。現場状況のリアルタイムでの把握、全社的な情報共有やデータベースの一元管理といった面でもモバイル...(2017/8/15 提供:株式会社ユニフィニティー)

製品資料
Salesforceからの帳票出力を効率化、クラウド帳票サービスで解決できる課題とは
 伝票や請求書、給与明細などの「帳票」の運用では、複雑なレイアウトの作成や印刷時のズレなど、さまざまな課題がある。営業支援・CRMツール「Salesforce」からの出力でも、帳票へのデータコピーやカスタマイズなどで苦労しているユーザーも多いだろう。 本コンテンツ...(2017/6/22 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用
 毎年、約2100万人の乗降客が利用する福岡空港。その運営を手掛ける福岡空港ビルディングでは、搭乗設備の運用管理、チェックインなどの多くのシステムを提供・運用してきた。しかし、365日の運航に対応する上、空港利用客の増加やIT化の進展で、業務負荷が無視できない...(2017/8/9 提供:株式会社クレオ)

事例
セブン銀行が構築、FinTechやAPI連携を見据えたシステム連携基盤とは?
 2012年に自社口座が100万口座を突破するなど、順調に事業拡大を続けるセブン銀行。しかし、その事業を支えるシステムには複雑化した部分や無駄な部分があり、見直しを迫られていた。特に、FinTechなどにより注目され始めた、他企業との提携やサービスの連携などへの対応...(2017/7/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
DNA塩基対の解析を高速化、ヒトゲノム研究の最前線を支える次世代インフラとは
 近年、医療分野において、疾病の診断や治療に役立つ発見が次々と生まれている背景には、ITテクノロジーの著しい進化がある。中でも期待される分野であるヒトゲノム解析では、膨大なデータに費用効率よく対処できる方法が確立されつつあり、その研究を後押ししている。 ...(2017/7/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ワンランク上のWebサービス基盤に必要な「3つの機能」――競合製品との比較検証
 顧客や取引先、従業員向けにモバイル対応のWebサービスを展開し始め、トランザクションの急激な変化への対処に追われる企業が増加している。さらには本社を含めた複数の拠点でのデータ分析ニーズに応えるため、Webサービスによって独自の分析基盤を展開したり、新しいマ...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
テスト部門を「単なるコストセンター」から、組織に不可欠な戦略的資産としての転換を図るには?
 戦略的なテストシステムを構築することが、市場競争力を高めることにつながるのか?本資料では、その回答として、テスト部門をコストセンターから戦略的資産という重要な位置付けに高め、テスト部門の設備投資などを総所有コスト(TCO)で判断することが重要性について...(2017/3/29 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
今、最も熱い言語は何だ? プログラミング言語別:年収データからトレンドをつかむ
 アメリカでのエンジニアの平均年収は、約1000万円とかなりの高給です。2014年11月に行われた調査によると、Ruby on Railsのエンジニアが最も年収が高く、年収が10万9460ドル、日本円にすると1313万円という結果でした。第2位Objective C:年収10万8225ドル(1298万円)...(2016/9/16 提供:株式会社リクルートキャリア)

技術文書
計測システムを構築するための完全ガイド 〜10の選定ポイント〜
最適な計測システムを構築するためには、その目的に応じた最適なツールを組み合わせる必要がある。本資料「計測システムを構築するための完全ガイド」では、それぞれのツールについて「10の選定ポイント」としてまとめた。【10の選定ポイント】・センサ・DAQデバイス・バ...(2016/12/8 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性
 企業のシステム環境が複雑化し、文書の一元管理はますます困難になってきた。取り扱う情報量の増加や業務アプリケーションの多様化が進む一方で、約7割の企業がファイルサーバを利用して旧来的な文書管理をしていることが、問題に拍車を掛けている。 一方で米国では...(2017/2/24 提供:Hyland Software, Inc.)

レポート
徹底入門:ブロックチェーン〜Ethereum(イーサリアム)とは?
「Ethereum」(イーサリアム)とは、ブロックチェーン上でアプリケーションを構築し、実行できるプラットフォームだ。Ethereumは、取引の自動化を実現する「スマートコントラクト」や、分散型アプリケーション(DApp)を構築できる。DAppは、資産や組織の集中管理に代わる...(2017/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

事例
自社アプリで集客/購買を促進――スキル不要で開発から顧客育成まで一気に実現
 2016年から2020年にかけて、スマートフォンアプリのダウンロード数は倍増すると予想されている。この流れを受けて、自社アプリを活用した集客促進や購買促進に取り組む企業が増えているが、実際のマーケティング効果はどのくらいあるのだろうか。 あるスポーツウェアメ...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2015/12/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

プレミアムコンテンツ
モノづくりの民主化とクラウドがもたらす“これからの製品開発”
 「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」(会期:2017年6月21〜23日)に出展したオートデスクのブースで行われたユーザートークショー、「ものづくりの民主化とクラウドが変える製品開発」の模様をレポートする。 登壇者であるカブク インダストリアルデザイ...(2017/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
契約管理業務を文書整理だけで終わらせない――進行管理まで行うためのDB活用法
 パチンコ・パチスロメーカーのサミーでは、機器1台の開発プロジェクトに対して、20件近い開発委託契約書を作成する。同社はこの管理のためにExcelを用いていたことで、業務の継続性に大きな問題を抱えていた。 開発組織の拡大に伴う開発スピードの向上により、管理対象...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
実用段階に入った「AI」、実際にどんな業務に活用できるのか?
 AI市場の成長が著しい。中でも注目すべきは、人間に近い学習能力をもたらすディープラーニングの進化だ。従来のAIでは、効率的に学習させるには専門家が特徴を抽出する必要があったが、ディープラーニングではスキルが必要な作業を機械自身が代行できるようになり、大幅...(2017/7/28 提供:日本電気株式会社)

Loading