愛され続ける企業がいつでも大切にする「3つのこと」企業文化の維持と企業規模の拡大【第5回】

企業が成長する過程では新たな人材や組織が加わることがあり、企業文化に変化が生じることがある。そうした中でも従業員が意欲的に働き、事業を成長させ続けるには何が必要なのか。

2023年08月15日 05時15分 公開
[Bev WhiteTechTarget]

関連キーワード

人事


 企業が成長する過程で「企業文化」を維持し続けるのは難しい問題だ。創業時に形成した企業文化は、新たな人材を獲得したり、M&A(買収と合併)によって新たな組織を加えたりする中で変わる可能性がある。

 一方で企業のミッション(果たす使命)やビジョン(将来像)、バリュー(価値観や行動指針)は企業の軸として存在し、頻繁には変わらないものだ。従業員がこれらに共感し、企業文化を形成しながら事業を成長させるために必要なのは、難しい事柄ではない。ITコンサルティング企業Nash Squaredの取締役として働く筆者の経験から、3つのアドバイスを挙げる。

成長し、愛される企業は“あれ”を大切にする

1.企業としての方向性を見失わない

 企業として進むべき方向を判断するための基準である「北極星指標」(NSM:North Star Metric)を設定し、軸を持つこと。事業を始めるきっかけとなったビジョンを見失ってはならない。

2.企業の成長を経営層と従業員が共に感じる

 正直であること。透明性を保つこと。経営層と従業員がコミュニケーションを取り、自発的に企業に貢献する意欲を高め、企業の成長を共に感じる。

3.従業員のために十分な投資をする

 人材、業務プロセス、ガバナンスが企業理念に沿っていることを確認する。これらは事業の拡大に伴って変化する。技術、ITインフラ、業務プロセスは、企業の成長のどの段階であっても適切かつ十分なものである必要がある。従業員に必要な製品やサービスを提供するために十分に投資をし、従業員が企業の生産性向上と成長に貢献できるようにする。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...