TechTargetジャパン

製品資料
ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?
 仮想化とクラウドというソフトウェアベースのソリューションによって、データセンターのインフラは劇的な効率化とコスト削減を果たした。しかし、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存しているため、管理やメンテナンスの手間は従来のままになってい...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
これで分かる「vSphere 6.5」への移行手順:必要な事前準備と環境別シナリオ
 「VMware vSphere」は仮想化基盤を構築するための中心的存在であるが、その新バージョンである「vSphere 6.5」ではさまざまな機能強化が行われた。大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化などにより、パフォーマンスやセキュリティを一...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Webキャスト
物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは?
 オンプレミスやデータセンターなどの物理環境から仮想環境、クラウドにまたがるありとあらゆるシステム、データベース、ネットワークデバイス、アプリケーションなどの管理者ユーザーが増えている。ある調査によれば、管理者ユーザーの数は全従業員数の3〜4倍になること...(2017/9/11 提供:CA Technologies)

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

比較資料
ハイパーコンバージド徹底比較。コスト、性能、データ保護など、優秀な製品は?
 10年以上にわたり、データセンターの変革は、フレキシブルでコスト効果の高いインフラ構築を可能とする仮想化技術を中心に進んできた。しかし、そのメリットを真に活用するためには、コンバージドインフラの進化形であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)の登場を待...(2017/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
物理サーバ30台の統合とDR自動化を両立、米国金融機関に学ぶインフラ刷新
 データセンターの容量不足や設置面積拡大によるコスト増などの課題を一挙に解決する手段の1つが仮想化だ。米国の信用組合Central One Federal Credit Unionは仮想化環境で物理サーバを統合し、仮想マシンとして配備することで管理効率を向上し、将来的な拡張性を担保す...(2017/8/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
実働1人から実現できる社内サーバのクラウド移行、約2カ月で達成する秘訣とは
 リソースの柔軟性やセキュリティ、災害対策などのメリットを期待して、自社サーバのクラウド移行に取り組む企業が増えている。IT関連の幅広いサービスを手掛けるアイルもビジネスの効率化を目指して、外部データセンターなどで運用してきたサーバ21台を、AWS(Amazon We...(2017/8/29 提供:三井情報株式会社)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
SDNとの違いは? SD-WANでネットワークやクラウドを管理すべき5つの理由
 仮想化技術の中でも特に注目されているソフトウェア定義ネットワーク(SDN)。SDNは、ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)へと進化を遂げ、適用先をデータセンターからWANへと移行しつつあるという。SDNとSD-WANは非常によく似ているが、SD-WANは、SDNと比較してより高度な複...(2017/8/23 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
東海地震を見据えた業務継続計画、富士市がOpenStackで構築するICT基盤の全貌
 25万人の人口を抱える富士市では、「富士市情報化計画」を進めている。2017年から2020年にかけて実施する第三次計画では、東海地震や南海トラフ地震などの大規模災害を想定した業務継続計画の策定とその計画を確実に施行できるシステムの構築を目指している。 富士市で...(2017/8/21 提供:レッドハット株式会社)

Webキャスト
オンプレミスのITインフラに、クラウドの拡張性やコストメリットをもたらす方法
 クラウドは、高額な初期投資が要らず、拡張性に優れ、運用負担を軽減できるなど、オンプレミスにない魅力がある。こうした長所をオンプレミス環境にも取り込みたいと考えるのは当然のことだ。そうしたニーズに応え、ストレージやハイパーコンバージドインフラをクラウド...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
ハードの在庫を持たずに即時のITリソース増強、沖縄クロス・ヘッドの調達術とは
 データセンターのハウジングサービスを利用する企業には、ラッキングやセッティング、障害対応など現場に出向いて対応しなければならない作業負担が付きまとう。そこで、リモートでこれらの作業を実行できる「次世代IoTセンターサービス」を開発したのが沖縄県のIT企業...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
データセンターにパブリッククラウドの長所を融合――新たなIT調達モデルとは?
 ITインフラのコストと拡張性に課題を抱える企業にとって、パブリッククラウドへの移行は検討に値する選択肢だ。従量課金制を採用したパブリッククラウドは、必要なときに必要な分だけリソースを拡張できるため、予備リソースを保有する必要がなく、IT投資の効率性を高め...(2017/8/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
「ハイパーコンバージド」徹底解説――導入前に知っておきたい重要技術
 優れた仮想化基盤として、拡張性の高いITインフラとして注目されている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。オンプレミスで、パブリッククラウドサービスと同等のスピードや運用効率を実現する手法として導入を検討する企業が増えているが、その特徴はまだ十分に...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
アプリケーション実装の複雑性を解消、多様な要件に応える次世代インフラとは?
 IT技術の進化とともに、データセンターにおけるアプリケーション上の課題は増え続けている。パフォーマンス、可用性、拡張性、管理性能、ITインフラ、仮想化といった要件は、個々のアプリケーションで異なり、全体として最適化することは容易ではない。 特に、マルチハ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
IaaS活用事例15選:タカラトミーが基幹システムの運用管理コストを20%削減
 IaaS(クラウド基盤サービス)やデータセンターを活用し、自社のIT基盤そのものをクラウド化することで、一体どのような効果を得られるだろうか? 例えば、グローバル事業の強化を経営目標に抱えているタカラトミーでは、従来基幹システムを設置していたオンプレミス環...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣
 優れたパフォーマンスやシンプル化、拡張性などを実現するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。魅力的な製品が出そろってきたが、数値で比較しやすいスペック・価格だけで選定するのは早計だ。HCIを導入するなら、運用管理機能とストレージ機能にも注目したい。 HCI...(2017/8/8 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

Webキャスト
次世代SDNで何が変わる? 「L4/L7サービスチェイニング」を徹底解説
 ネットワークをソフトウェアで制御するSDNが注目されているが、その実現手法であるホップバイホップ、オーバーレイにはいずれも課題があった。そこで登場してきたのが、両手法の“いいとこどり”をして導入ハードルを下げた次世代SDN製品だ。 大きなメリットは、運用効...(2017/8/4 提供:シスコシステムズ合同会社)

Webキャスト
IPS連携でサーバを自動検疫、次世代SDNでデータセンターのセキュリティを強化
 サイバー攻撃などの脅威に対して、データセンターのセキュリティをどのように担保していくのかは、企業にとって大きな課題だ。攻撃方法の多様化と巧妙化が進む中、外部からの侵入を阻止する対策だけでなく、侵入を前提とした内部対策の重要性が高まっている。 これに対...(2017/8/4 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う?
 近年、多くの企業で導入が進んでいるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。メーカーでセットアップされた状態で提供されるため確実なサービスインができるだけではなく、容量と性能を簡単に増強できる。初期導入コスト、運用費用、データセンターコスト削減などTCOの削...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
基礎解説:なぜ「ハイパーコンバージドインフラ」が必要なのか?
 デジタルトランスフォーメーションに対応するべく、多くの企業がIT基盤の革新に取り組んでいる。従来は、急激な成長や変化を求めるビジネスに対してITが追従できず、ギャップが生まれていた。このため柔軟性や拡張性に優れたクラウドの利用が拡大してきたように、オンプ...(2017/7/21 提供:ネットワンシステムズ株式会社)

レポート
DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは?
 企業におけるDDoS対策の遅れを懸念する声が増えている。サーバやネットワークインフラへの投資と違い、その必要性と費用対効果の把握が難しいDDoS対策に投資をする経営者が少ないためだ。しかし、攻撃による被害は深刻の度を増している。 2016年にはネットワークカメラ...(2017/7/21 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
API活用で医療統計データを提供、公開と運用を一元管理する仕組みとは?
 日本医療データセンターは、健康保険組合や病院、薬局などに蓄積された健康診断データやレセプトデータを活用した医療統計データサービスを提供している。中でも同社が力を入れようとしているサービスが「予測モデルサービス」だ。 膨大な医療データの価値をさらに高め...(2017/7/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
情シスは知らないとまずい ハイブリッドクラウド時代のADC管理:6つの基本要件
 アプリケーションの配信基盤として、クラウド環境が欠かせないものとなる一方で、多くの企業がオンプレミスのデータセンターも維持している。その結果、ハイブリッドクラウド環境におけるアプリケーションのパフォーマンスと可用性の確保が、IT運用の新たな課題となりつ...(2017/7/19 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル
 かつては、コストや容量、耐久性などの問題を抱えていたフラッシュアレイだが、近年は金融業界を中心にエンタープライズでも極めて高い信頼性と安全性を要求される分野で導入が進んでいる。そこで脚光をあびたのが、これまでのSCSIに代わるフラッシュの性能をさらに生か...(2017/7/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
コンポーザブル・インフラで「Infrastructure as Code」を実現するには?
 「コンポーザブル・インフラストラクチャ」という言葉は2015年頃から広まりつつあるが、これがなぜ自社のデータセンターに必要かを理解しているITプロフェッショナルはまだ多くない。 ただし、DevOpsの実践に注力している一部のIT管理者にとっては、コンポーザブル・イ...(2017/7/5 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは?
 コンポーザブル・インフラストラクチャとは、ソフトウェア定義インフラストラクチャ(SDI:Software Defined Infrastructure)の一形態だ。IT部門がわずか数分でITリソースをスケーリングし、サービスとして提供できるようになる。この技術がデータセンターに大きな進歩...(2017/7/5 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
「コンポーザブル・インフラ」の“仕組み”と“できること”をチェックする
 最近、データセンターを構成するシステムのアーキテクチャでは、導入が容易で立ち上げが早く、構成を柔軟に変更できて運用管理の手間が少ないという、企業のIT担当部門やデータセンター管理部門の需要のあったシステム概念の導入が進んでいる。 その1つとして関係者が...(2017/7/5 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化で耐障害性を強化、データセンター向けVXLANゲートウェイ
 ビジネスの柔軟性や俊敏性を向上させるため、多くの企業が次世代型データセンターへの移行に取り組んでいる。その有力な方法の1つがネットワーク仮想化だ。中でも、統合型VXLANゲートウェイによる仮想化は、セキュリティを停止させることなく迅速に実装できるため、大き...(2017/7/5 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
光ファイバー認証試験を徹底解説――損失許容値の算出と試験・トラブル防止まで
 データセンターの中核というべき光ファイバーネットワークに対する要求レベルは年々高まってきた。伝送レートが10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化するとともに、高密度化を求めてMPO/MTP配線システムが普及。こうした変化の中で、ダウンタイムの発生やパフォーマン...(2017/6/30 提供:株式会社 TFF)

Loading