TechTargetジャパン

Webキャスト
場所・モノ・時間に左右されないモバイルワーク促進のカギ――VDI活用のススメ
 育児・介護をはじめ働くスタイルが多様化する中、オフィスにあるPCのデータやアプリケーションを場所、時間、デバイスを問わず使えるワークスタイル変革に取り組む企業が増えている。しかし、社外での利用が増えれば、モバイル端末の紛失や盗難による情報漏えいなどのリ...(2016/9/20 提供:富士通株式会社)

技術文書
Ethernetとコネクテッド・ワールド
 ウェアラブル機器や家庭用サーモスタットなどのIoTアプリケーションへの短距離インターフェイスとしては無線プロトコルを利用するのが一般的ですが、基盤となるネットワーク・インフラストラクチャでは今もEthernetテクノロジが欠かせません。ネットワークに接続したす...(2016/9/15 提供:日本シノプシス合同会社)

製品資料
中・大規模データセンターで構築、最新アプリ運用に最適なネットワークとは?
 現在のデータセンターは高度分散型のアプリケーションを活用するため、サーバ側では1ギガビットイーサネット(GbE)と10GbEの混在環境が必要になり、さらには40GbEのアップリンク環境が求められるようになっている。こうした環境で起こりやすいのは、数百、数千にも及ぶ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
仮想化とクラウドを最大活用、ネットワークアーキテクチャはどう革新させるのか
 ネットワークとアプリケーションの待ち時間を減らすという課題は、仮想環境やクラウドシステムをデータセンターで運用している企業にとって、常につきまとうものだ。多様なアプリケーションが次々と導入され、大規模な分析作業や開発プロジェクトが進められるようになっ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
今後数年で起こると予測される「データセンター 10の変化」
 クラウドの活用がここまで盛んになる以前、データセンターへの投資はERPをはじめとする業務システムを安定的に稼働させることが主な目的となっていた。もちろん現在もその役割は消えていないが、“クラウド以降”のデータセンターにはビッグテータ分析やモバイル、ソー...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

技術文書
FacebookやMicrosoftに学ぶ、データセンターネットワーク運用術
 仮想化の導入により、データセンターのトラフィックは大幅に増加した。必要なリソースを素早く用意できるようになり、これまで後回しにしていたさまざまな施策をユーザーが実行に移し始めたからだ。このような状況になって、まず問題となったのがネットワークの可用性だ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
データセンターの次世代セキュリティ――ネットワーク仮想化で解決できる3つの課題
 データセンターの運用効率改善や俊敏性の向上、コスト削減などを目指す企業にとって、仮想環境への移行は現在でも有力な選択肢の1つだ。しかし、それだけでは解決できないネットワークに関する問題も徐々に知られるようになっている。 ネットワークの境界で防御するセ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
データセンター全体に浸透する防御網「マイクロセグメンテーション技術」とは?
 近年、データセンターにおける中心的な技術として、仮想化とクラウドの導入が進んでいる。これにより、サーバやストレージ、ネットワークのプロビジョニングの時間が短縮されたが、その結果、今まで以上に迅速にワークロードを保護する必要が生じている。 その一方で...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
平均損失額は379万ドル、データ侵害を防げないデータセンターの特徴とは?
 企業に対するデータ侵害の被害について調査したPonemon Instituteの報告によると、2015年中の平均損失額は379万ドルに上るという。このように情報セキュリティの脅威が急速に拡大する中、現在のセキュリティ対策への疑問の声が上がり始めている。 近年、特に問題とされ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラの基礎解説――製品選び「8つのポイント」
 ハイパーコンバージェンスとは、データセンターに期待するパフォーマンスや安定性、可用性を損なうことなく、クラウド環境のような経済性と規模を実現できる方法だ。このコンバージェンスというトレンドは、複雑性が増加しているデータセンターをシンプルにするために生...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
プライベートクラウドの仮想サーバ構築を自動化、コストはどこまで削減できるか
 酒類・飲料メーカーのキリングループ約230社のシステム開発・運用・保守などを行うキリンビジネスシステムでは、2015年からグループ全体で稼働する400のシステムと2000台のサーバの移行に取り組んでいる。 同社に課せられた使命は、サーバの老朽化対策と増え続ける運用...(2016/9/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
3方向で進化するオールフラッシュ、次世代データセンターに適した製品は?
 この数年で導入企業が一気に増加したフラッシュストレージ。その活用は主に3つの方向で進んでおり、従来型業務システムなどで使われる汎用製品、開発環境に適したストレージQoS重視の製品、データ分析に適した高IOPS・低レイテンシの製品が主要な選択肢となっている。 ...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
ネットワーク仮想化でよくある6つの課題、ベストの解決方法は?
 サーバ仮想化の次の段階として、自社データセンターの俊敏性を高めるという目的で、ネットワーク仮想化に取り組む企業が増えている。特に、プライベートクラウドを構築したものの、運用が進むにつれ、エンドユーザーのさまざまな要望に応え切れなくなった企業で、具体的...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
オンプレミスの仮想環境で「予想外のリソース不足」、どう備えたら良い?
 ITインフラを仮想化技術で統合することのメリットの1つとして、リソースの追加管理を利用実態に合わせて適正に行えるということがある。しかし実際には、予想以上に早くキャパシティーが限界を超えそうになることがある。そして場合によっては、非常に短期間のうちに大...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
インフラ統合とクラウド活用に必要な「自動化と集中管理」の手法
 仮想化技術によって、企業が管理するデータセンターのリソースは大きく効率化が進んだ。また、これらのリソースをオンデマンドでユーザーへ提供し、新しい環境を構築する際のスピードを大幅に短縮するクラウド化についても、多くのユーザーが活用し、ビジネスとITの関係...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?
 成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる「複雑さ」をより低コストに取り扱うためには「人工知能」(AI)が欠かせない。CPS利用と組み合わせ複雑さを増すクラウドはこれからますま...(2016/8/22 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ついに移行が始まる次世代基盤「ソフトウェア定義データセンター(SDDC)」とは?
 近年、さまざまな企業で、必要なときにアプリケーションがすぐに使えることを要求するユーザーが増加している。時間や場所を問わずアクセスできるIT環境と、オンデマンドで提供されるアプリケーションは、もはやユーザーにとって必須の業務基盤となりつつある。 しかし...(2016/8/16 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
ミクシィがクラウドファーストで新しい事業展開を次々にできる理由
 クラウド環境を活用してさまざまなインターネットサービスを開発・提供していく場合、ビジネスの推移を見守りながらクラウド運用の方法を個々のサービスに合わせていくのが一般的だ。例えばパブリッククラウドを利用してスモールスタートし、利用者が増加すれば、柔軟な...(2016/8/15 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
“プロフェッショナル化”が進むサイバー攻撃、企業で取り組むべき防御策とは?
 近年、多くの専門化が攻撃者の“プロフェッショナル化”を指摘している。少人数で安価なツールを使って攻撃を行うような従来のイメージとは異なり、専用のデータセンターを持ち、組織化されたスタッフを使い、時には数万ドル以上もするツールを活用した攻撃者が登場して...(2016/8/10 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
クラウド型データセンターのアプリ性能を高める「マルチテナント機能」とは?
 オンプレミスからクラウド型データセンターへのシステムの移行は、運用の効率化、演算環境の柔軟性・適応能力の向上、IT基盤の整理統合を促す。専用インフラから共有インフラへの転換によって生まれるデータセンターTCOの削減効果もそのメリットの1つだ。 ここで鍵とな...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
場所やデバイスを問わないリモートアクセス、安全性を確保する簡単な方法とは?
 PCやスマートフォン、タブレットなどで場所を選ばずに仕事をできる環境や、私物デバイスの業務利用(BYOD)を求めるユーザーの声は日増しに強まっている。このようなワークスペース拡散につながる要望に応えるためには、セキュリティ上の課題をクリアする必要がある。 ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
データセンターセキュリティを支える「多階層の防御機能」とは?
 標的型攻撃やDoS攻撃など、データセンターを狙う攻撃手法はどれも巧妙化し、しかも近年は大規模になってきている。これら攻撃の7割がレイヤー7のアプリケーション層に向けられたものといわれている。一方、ネットワークおよびインフラストラクチャ階層でのセキュリティ...(2016/8/1 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
「可用性への投資」の理想と現実――意思決定者への調査で分かったこと
 現在、ビジネスの変革の中心にいるユーザーに共通する特徴として、ミッションクリティカルなアプリケーションやデータに24時間365日アクセスできる環境を求めることが挙げられる。そのため、多くの企業が可用性向上のために投資を続けているが、そのほとんどが十分な効...(2016/7/22 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

レポート
「クラウド時代のデータ管理」実態調査――ITキーマン223人はどう考えている?
 プライベートクラウドやパブリッククラウドが急速に普及した主な理由として、コスト削減、導入期間の短縮、災害対策(DR)といったニーズが挙げられる。しかし、データセンターやリモートオフィスのバックアップ、長期保持データのバックアップなどの利用が進んだことで...(2016/7/22 提供:CommVault Systems Japan)

レポート
アプリ処理速度を向上する運用管理術――秘訣はネットワーク設計にあり
 サーバ仮想化、ビッグデータ分析、モバイルワークなどの活用の広がりに伴い、データセンターの大規模化やアプリケーションの増加が急速に進んでいる。多くの企業が、この変化に対応するため、ストレージ環境の増強を検討するようになった。 IT調査会社のIDCによれば...(2016/7/14 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
IoT で実現化される「予防保全」の可能性とは
 機械や設備の状態を監視することで、将来起こり得る問題発生を見いだし、未然に防ぐ…この「予防保全」という分野は、古くから注目されていたテーマだ。 ニーズは高かったものの、技術的な課題により、今まではそれほど高精度では実現できなかった。それが今、「IoT( ...(2016/7/5 提供:インテル株式会社)

製品資料
2極で進むデータセンターのサイロ化、不可避となったシステム刷新の方法は?
 データセンターで利用されているITシステムの多くは、自動化/オーケストレーション機能を備えている。しかし、それでも長期間の運用に伴う、複数世代のITの混在や、ベンダー間の非互換性といった問題を避けることは難しい。 このような形でサイロ化が進んだシステムが...(2016/7/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ネットワーク製品の専門スキル、ニッチなものでもマーケットならすぐ見つかる
 特定の高度なスキルを持つ専門家の不在で、新規顧客や新規プロジェクトの獲得機会を失うことは少なくない。必要に応じて外部のリソースを活用しようとしても、突発的に訪れた機会に対して最適な人材を見つけることは非常に難しいからだ。 しかし、ネットワーク分野に関...(2016/7/1 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

技術文書
IoTを成功に導くために、取り組むべき6つの課題と解決策
 「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を実践する上で企業はセキュリティやネットワーク、分析プラットフォーム、コストなど多くのことを考える必要がある。 そのようなIoTに関わるエンドツーエンドのソリューションを提供するのがインテルだ。近年は...(2016/6/30 提供:インテル株式会社)

Loading