TechTargetジャパン

レポート
コンポーザブル・インフラで「Infrastructure as Code」を実現するには?
 「コンポーザブル・インフラストラクチャ」という言葉は2015年頃から広まりつつあるが、これがなぜ自社のデータセンターに必要かを理解しているITプロフェッショナルはまだ多くない。 ただし、DevOpsの実践に注力している一部のIT管理者にとっては、コンポーザブル・イ...(2017/3/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
オールフラッシュストレージ最新動向――SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント
 IDCによると、2017年のオールフラッシュアレイ支出額は、前年比で38.3%増、外付型ストレージ市場に占める比率は11.2%に上昇すると予測されている。しかし、フラッシュストレージの導入・更新には、まだまだコストの高さ、耐久性などへの懸念も残る。 一方、SSDのGB単...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
仮想化環境を変革する2つの重要事項――将来のITニーズを満たす条件とは?
 モバイルやクラウド技術の進化とともに、ビジネス部門がITに抱く期待は拡大し、IT部門が持つ能力とのギャップが広がり続けている。そのギャップを埋めるため、多くの企業がデータセンターの仮想化などによる、効率性の向上やコスト削減を目指している。 しかし、IT部門...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
「データセンター配線」規格ガイド――40Gbps/100Gbpsイーサネットも徹底解説
 データセンターの配線を考える上では、配線規格である「ISO/IEC 24764」や、イーサネット/ファイバーチャネル/インフィニバンドなどを用いた配線システムに関する正しい理解が求められる。もちろん、現在の主流となっている製品や技術をフォローすることも欠かせない...(2017/3/17 提供:コムスコープ)

製品資料
1.6テラbpsの可能性を開いた、OM3/OM4互換の次世代マルチモード光ファイバー
 LANのバックボーンやデータセンターにおいて、中・短距離のデータ伝送を高速かつ安価に行える媒体として普及するマルチモードファイバー(MMF)ケーブル。複数のファイバーを束ねるパラレル伝送により、データ転送速度は40Gbps、100Gbpsへと一気に向上し、現在では400Gb...(2017/3/17 提供:コムスコープ)

製品資料
OM4互換で100ナノ以上の広帯域に対応、次世代型マルチモード光ファイバーとは?
 データセンターにおけるデータ伝送速度や帯域幅への要求が高まるに伴い、ケーブルシステムのコスト増大が見込まれている。その一方で、OM3/OM4ファイバー対応のレガシーアプリケーションも当面は維持し続けなければならない。 そんな状況のなか、将来のニーズや課題ま...(2017/3/17 提供:コムスコープ)

レポート
「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?
 いつでもどこでも接続できる常時稼働のビジネス環境をユーザーに提供するため、システム管理者は、日々、アックアップ/レプリケーションの管理に取り組んでいる。しかし、仮想化が進んだ現在のシステムで、その理想を実現することはなかなか難しいようだ。 企業調査に...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

事例
価格を上げずにサーバ障害を解消、アントアントのCMSサービスを支えるVPSとは?
 Webサイト事業やパッケージシステム開発販売事業などを展開するアントアント。同社の主力サービスである純国産CMS「ant2」を、インストール型からクラウド型に切り替えたところ、障害の発生頻度が急増してしまった。 その課題解決のため同社が模索したのが、信頼性を備...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

レポート
終わることないDoS攻撃、企業が年間で受ける被害のコストは?
 今なお企業に多大な被害を与え続けているDoS(サービス妨害)攻撃。Ponemon Instituteが米国で行った「DoS攻撃の被害コスト」に関する調査によると、テクニカルサポートや生産性の低下などを含む年間平均総被害コストは、約150万ドルに上るという。 この調査は、DoS攻...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2017/2/3 提供:arcserve Japan合同会社)

比較資料
その仮想化導入は得してる? 損してる? スグできる直接/間接コスト計算術
 サーバ仮想化やデスクトップ仮想化などの仮想化事例が増える一方で、導入企業からは「一時的なコスト削減にしかならなかった」「想像以上に運用コストが掛かる」という声も聞こえてくる。その多くは、仮想化環境の導入コストにだけ注目して、TCOまで考慮しなかったこと...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
次世代のデータセンター、その革新的なサービスとNFV製品選定のポイントとは?
 これまでは「ラック貸し」「場所貸し」のイメージがあったデータセンターだが、近年は、そのビジネスモデルの変革が大きく進んでいる。クラウドサービスのように「使いたいとき、使いたい分だけ」利用できる次世代データセンターも登場し、大きく注目されている。 この...(2017/1/31 提供:SCSK株式会社)

製品資料
IoT時代のマシンデータ分析プラットフォームに求められるものとは
人だけでなく、自動車や医療機器、住宅設備や交通インフラなど、あらゆるモノがネットワークにつながり、その数は2020 年に500 億個を超えると言われている。“ つながり”から価値を生み出すIoT時代へと大きく舵を切り、あらゆるモノから膨大なマシンデータが生成されるI...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

事例
オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由
 自社運営の企業向け仮想データセンター「SmartVDC」を基盤に、プライベートクラウドサービス「VMホスティング」などを提供しているスマートバリュー。VMホスティングでは、利用者の増加に合せてストレージを拡張してきたものの、従来使用してきた機種では、拡張を続けて...(2017/1/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoT開発で重要なのは、徹底した“ユーザー理解”である
 「沖縄のIT企業」と聞くと、多くの方が「営業部隊が東京などで獲得してきた案件を、沖縄にいる制作・システムチームが受託開発する」というイメージを持たれるのではないだろうか? しかし、今回紹介する「レキサス」は違う。IT・Webのサービス開発に強みを持つ同社は...(2016/12/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Azure移行を成功させる「パフォーマンス管理」とAzure特有の注意点とは?
 多くの企業がWebサーバやデータベースリポジトリ、オンラインストレージなどのコンテンツとアプリケーションワークロードを「Microsoft Azure」に移行している。しかし、クラウドアプリケーションのデリバリーモデルには、帯域幅の制限、遅延、限りのあるリソースの奪い...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
Office 365のファイル保存時間はたった2秒、家電メーカーに聞くアプリ高速化の秘密
 米国ウィスコンシン州に本拠地を置く高級家電製品メーカーのSub-Zero Group。同社のIT環境は、関連流通業者6社がそれぞれ独自環境を配備していた。こうした状況を改善し、ローカルアプリケーションのパフォーマンスに慣れているエンドユーザーにWAN上でも同様のパフォー...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

比較資料
比較調査で見極める、大規模なワークロード環境に適したストレージ製品
 次世代データセンターに求められる要件は多い。拡張性や入出力性能はもちろん、運用性やデータ保護など、検討項目は細分化され、どのようなソリューションを採用すればよいのか悩ましい。 具体的な検討をしやすくするため、「即応性」「スケーラビリティ」「保証」「オ...(2016/12/15 提供:ネットアップ株式会社)

比較資料
比較検証で分かった、次世代データセンター構築に適したストレージ製品
 大規模なクラウド環境を得るため、ダイナミックなスケールアップ・スケールアウトのできるオールフラッシュがストレージの本命とされている。そこにはさまざまな要件が関わり、どのような条件で選定を進めるか悩むところだ。 そこで本コンテンツでは、代表的なストレー...(2016/12/15 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
オールフラッシュ性能評価:デスクトップ/サーバ仮想化環境向け製品の実力は?
 近年、多くの企業がIT優先課題の1つとして仮想化テクノロジーの導入に取り組んでいる。しかし、デスクトップ/アプリケーション仮想化の導入は、データセンターに特に複雑で要求の多いストレージワークロードをもたらす可能性がある。 また、企業が扱うデータの増大と...(2016/12/15 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
レガシーからの脱却――ハイパーコンバージド完全ガイド
 近年、IT部門にはインフラよりもアプリケーションやサービスに対して時間と予算を割り当てることが求められるようになっている。しかし、そのことがインフラへの要求をさらに高め、問題の増加を招くという皮肉な状況が生じている。 この悪循環を生んでいるのが、ストレ...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
エンタープライズクラウドが明日のIT担当者を救う「10の理由」
 過去10年ほどの間、ITインフラはバラバラなリソースを積み上げる形で変化してきた。しかし、多くの企業が自社のデータセンターに対して、俊敏性やシンプル性、成長に合わせた拡張性を求めるようになったことで、このような流れにも変化が現れている。 特に注目すべきは...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

プレミアムコンテンツ
「センサー」「仮想化」「フォグ」の視点からIoTを再考する
 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)が必須事項の1つとしてその地位を確立するにつれ、その基本概念に注目するシステム・アーキテクトが増加しています。そのなかで専門家は、IoTの「構造」に対して厳しい視線を送っています。IoTを「全てがインターネット...(2016/12/9 提供:アイティメディア株式会社)

事例
野村證券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は?
 全国に約160の店舗を展開する野村證券の本支店、営業店およびデータセンターは、営業店接続ネットワークによって結ばれている。このネットワークで使用される機器は8000台以上。機器内のモジュールは約4万5000、インタフェースに至っては約30万にも及ぶという。 この大...(2016/12/9 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

Loading