TechTargetジャパン

レポート
コスト・運用負荷比較:ハイパーコンバージドインフラと独自構築システム
 データセンターのフットプリントの削減や煩雑なシステム管理のシンプル化などの需要に伴って、独自構築(BYO)システムからハイパーコンバージド製品へ移行する企業が増えてきた。では実際のところ、ハイパーコンバージド製品とBYOシステムで、TCO(総所有コスト)やTCA...(2017/5/24 提供:デル株式会社)

技術文書
Cisco UCSで構築するハイパーコンバージド、そのベストプラクティスとは?
 ハイパーコンバージドインフラを構築する場合に、既存のサーバをWebスケールなストレージに置き換えられるNutanix製品。SAN不要で共有ストレージ機能を提供し、コスト削減や優れたスケーラビリティといったメリットが得られることから、データセンターへの導入が進んで...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
データセンター仮想化を見直すことで得られる「8つのメリット」
 サーバ仮想化技術への期待は年々大きくなっているが、長い間、主要ハイパーバイザーの基本的なアーキテクチャには大きな変化が見られなかった。レガシーな仮想化製品は、無数の単機能なストレージアレイを対象に設計されたもので、ハイパーバイザーを個別に購入する必要...(2017/5/22 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/5/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2017/5/10 提供:日本電気株式会社)

技術文書
コンバージドインフラ製品導入戦略ガイド
 ハイパーコンバージドプラットフォームは、デジタル製品の開発を加速しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる。この技術を利用することでスキルの数や関連コストを削減できる一方で、スタックの全パーツを管理する方法を確実に把握しておくことが求め...(2017/4/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果
 米航空宇宙局(NASA)は、ハードウェアベースで運用していたデータセンターに柔軟性とコストの面で課題を抱えていた。そこで、従来環境で利用していた約65のアプリケーションをクラウドベースの環境に移行することを決断した。 しかし、移行スケジュールに余裕がなかっ...(2017/4/24 提供:レッドハット株式会社)

事例
1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ
 企業活動に欠かせないデータのバックアップは、多くの企業が取り組む課題だ。だが、Yahoo! JAPANほどの規模となると、その実現も容易ではない。求められる要件は1日当たりのデータ転送量が数十TB、バックアップサイトのデータ容量がP(ペタ)バイトレベルという極めて大...(2017/4/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
電力キャパシティー/密度で分かる、データセンター建設コストの効率性
 IT調査会社のIDC Japanが456のデータセンター(DC)を対象に行った調査によると、DCの23%が過去12カ月に障害を経験し、そのうち45%が人的・物的・ビジネス的な損失につながったという。顧客との接点としても重要なDCの障害、特にファシリティーの障害は直接的にビジネ...(2017/4/18 提供:インテル株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」基礎解説:IaaS移行に向けて知っておきたい8つの機能
 多くの企業が「競争力の維持にはインフラの見直しが必要」と気付いており、IaaSへの移行に関心を示している。全世界でのIaaSへの投資額は、2015年の約150億ドルから、2020年には560億ドルまで急増する見込みだ。 このようにIaaSの利用が拡大する一方で、大企業の利用は...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

Webキャスト
IoTで自動運転が可能に――次世代自動車は「タイヤのついたデータセンター」
 自動車業界が、IoTによって大きな変革の時を迎えている。自動車のIoT化には、交通情報を反映した最適なルート案内や、事故を起こしやすい状況への警告、運転データを生かした自動車保険の最適化など、多岐にわたるメリットが期待されている。何より特筆すべきは、自動運...(2017/3/31 提供:インテル株式会社)

レポート
コンポーザブル・インフラで「Infrastructure as Code」を実現するには?
 「コンポーザブル・インフラストラクチャ」という言葉は2015年頃から広まりつつあるが、これがなぜ自社のデータセンターに必要かを理解しているITプロフェッショナルはまだ多くない。 ただし、DevOpsの実践に注力している一部のIT管理者にとっては、コンポーザブル・イ...(2017/3/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Webキャスト
オールフラッシュストレージ最新動向――SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント
 IDCによると、2017年のオールフラッシュアレイ支出額は、前年比で38.3%増、外付型ストレージ市場に占める比率は11.2%に上昇すると予測されている。しかし、フラッシュストレージの導入・更新には、まだまだコストの高さ、耐久性などへの懸念も残る。 一方、SSDのGB単...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
仮想化環境を変革する2つの重要事項――将来のITニーズを満たす条件とは?
 モバイルやクラウド技術の進化とともに、ビジネス部門がITに抱く期待は拡大し、IT部門が持つ能力とのギャップが広がり続けている。そのギャップを埋めるため、多くの企業がデータセンターの仮想化などによる、効率性の向上やコスト削減を目指している。 しかし、IT部門...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
「データセンター配線」規格ガイド――40Gbps/100Gbpsイーサネットも徹底解説
 データセンターの配線を考える上では、配線規格である「ISO/IEC 24764」や、イーサネット/ファイバーチャネル/インフィニバンドなどを用いた配線システムに関する正しい理解が求められる。もちろん、現在の主流となっている製品や技術をフォローすることも欠かせない...(2017/3/17 提供:コムスコープ)

製品資料
1.6テラbpsの可能性を開いた、OM3/OM4互換の次世代マルチモード光ファイバー
 LANのバックボーンやデータセンターにおいて、中・短距離のデータ伝送を高速かつ安価に行える媒体として普及するマルチモードファイバー(MMF)ケーブル。複数のファイバーを束ねるパラレル伝送により、データ転送速度は40Gbps、100Gbpsへと一気に向上し、現在では400Gb...(2017/3/17 提供:コムスコープ)

製品資料
OM4互換で100ナノ以上の広帯域に対応、次世代型マルチモード光ファイバーとは?
 データセンターにおけるデータ伝送速度や帯域幅への要求が高まるに伴い、ケーブルシステムのコスト増大が見込まれている。その一方で、OM3/OM4ファイバー対応のレガシーアプリケーションも当面は維持し続けなければならない。 そんな状況のなか、将来のニーズや課題ま...(2017/3/17 提供:コムスコープ)

レポート
「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?
 いつでもどこでも接続できる常時稼働のビジネス環境をユーザーに提供するため、システム管理者は、日々、アックアップ/レプリケーションの管理に取り組んでいる。しかし、仮想化が進んだ現在のシステムで、その理想を実現することはなかなか難しいようだ。 企業調査に...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

事例
価格を上げずにサーバ障害を解消、アントアントのCMSサービスを支えるVPSとは?
 Webサイト事業やパッケージシステム開発販売事業などを展開するアントアント。同社の主力サービスである純国産CMS「ant2」を、インストール型からクラウド型に切り替えたところ、障害の発生頻度が急増してしまった。 その課題解決のため同社が模索したのが、信頼性を備...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

レポート
終わることないDoS攻撃、企業が年間で受ける被害のコストは?
 今なお企業に多大な被害を与え続けているDoS(サービス妨害)攻撃。Ponemon Instituteが米国で行った「DoS攻撃の被害コスト」に関する調査によると、テクニカルサポートや生産性の低下などを含む年間平均総被害コストは、約150万ドルに上るという。 この調査は、DoS攻...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2017/2/3 提供:arcserve Japan合同会社)

比較資料
その仮想化導入は得してる? 損してる? スグできる直接/間接コスト計算術
 サーバ仮想化やデスクトップ仮想化などの仮想化事例が増える一方で、導入企業からは「一時的なコスト削減にしかならなかった」「想像以上に運用コストが掛かる」という声も聞こえてくる。その多くは、仮想化環境の導入コストにだけ注目して、TCOまで考慮しなかったこと...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
次世代のデータセンター、その革新的なサービスとNFV製品選定のポイントとは?
 これまでは「ラック貸し」「場所貸し」のイメージがあったデータセンターだが、近年は、そのビジネスモデルの変革が大きく進んでいる。クラウドサービスのように「使いたいとき、使いたい分だけ」利用できる次世代データセンターも登場し、大きく注目されている。 この...(2017/1/31 提供:SCSK株式会社)

製品資料
IoT時代のマシンデータ分析プラットフォームに求められるものとは
人だけでなく、自動車や医療機器、住宅設備や交通インフラなど、あらゆるモノがネットワークにつながり、その数は2020 年に500 億個を超えると言われている。“ つながり”から価値を生み出すIoT時代へと大きく舵を切り、あらゆるモノから膨大なマシンデータが生成されるI...(2017/1/25 提供:Splunk Services Japan)

製品資料
すぐ分かる「VMware vSphere 6.5」 絶対に押さえておきたい7つの機能強化
 日々生まれるセキュリティの脅威や複雑さを増すインフラ環境への対策として導入が進むサーバ仮想化技術。その中でも「VMware vSphere」は、ITインフラやアプリケーションに高いパフォーマンスと可用性を与える製品として人気が高く、クラウド基盤などでの採用が進んでい...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoT開発で重要なのは、徹底した“ユーザー理解”である
 「沖縄のIT企業」と聞くと、多くの方が「営業部隊が東京などで獲得してきた案件を、沖縄にいる制作・システムチームが受託開発する」というイメージを持たれるのではないだろうか? しかし、今回紹介する「レキサス」は違う。IT・Webのサービス開発に強みを持つ同社は...(2016/12/20 提供:アイティメディア株式会社)

Loading