TechTargetジャパン

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
 従来、企業のデータ格納に外部ネットワークストレージを利用してきたが、多額の設備投資、運用の複雑さが懸念事項となっている。また、近年のストレージアレイもベンダー固有の専門的なスキルが必要で、アプリケーションへの柔軟な対応ができない。結果、高額なアップグ...(2016/3/24 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
財務メリットの大きいストレージとは? ストレージの経済性を再考する
 クラウド、ビッグデータ、モビリティ、ソーシャルビジネスといった新たなプラットフォームへの移行の進展に伴い、多くの企業ではストレージインフラの管理に苦労しており、コスト高の課題を抱えている。IDCでは、2012年にレガシーシステムからデルのストレージアレイに...(2014/11/11 提供:デル株式会社)

製品資料
「ストレージ管理は複雑でコスト高」から解放するデルのストレージ価格の再定義
 これまでのレガシーなストレージは、データとハードウェアが密接に結び付いていたり、ベンダーロックインに陥ったりと、複雑でコストの掛かるものだった。仮想化をはじめとする新しいテクノロジーの到来は、ストレージにも大きな影響を与えている。データ容量、処理速度...(2014/11/11 提供:デル株式会社)

製品資料
仮想化環境のストレージ「5つの課題」を解決する仮想化専用ストレージを徹底解剖
 仮想化環境の普及に伴い、専用ストレージのニーズは高まる一方だが、抱える課題も表面化してきた。具体的には、下記の5つの課題が指摘されている。・設計、導入、容量拡張の作業が複雑・日常の運用における、ストレージ装置関連の設定変更が複雑・仮想マシンの利用、デ...(2014/9/29 提供:富士通株式会社)

製品資料
高価な専用ストレージを不要にする仮想SANストレージソフトウェア
 パブリッククラウドの採用で、パフォーマンスとアジリティ(俊敏性)、コスト削減を手に入れた企業は多い。このパブリッククラウドの俊敏性をプライベートクラウドでも実現することはできないだろうか。本資料では、その解決策として、ローカルのアプリケーションサーバ...(2014/5/26 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
ストレージ仮想化の最新解 異機種混在ストレージ環境の解決策
 従来のデータセンターは、特定のアプリケーション、ワークロード、ユーザーをサポートすることを目的としてきた。このアプローチは、当時のニーズを満たすことはできたが、結果的に個々のシステムでデータやアプリケーションを抱え込んでしまう、サイロ化されたマルチベ...(2013/6/14 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
ストレージの価値定量化調査 ROI平均397%のストレージシステムの実力(IDC調べ)
 IT予算の縮小、スタッフの削減といった圧力がかかる中、ストレージシステムは自社にとってどれだけの価値をもたらしているのかを、定量的に示す資料は決して多くはない。IDCでは、デルのEqualLogicおよびCompellentストレージシステムのビジネス価値を定量化するために...(2013/2/1 提供:デル株式会社)

比較資料
主要ストレージの比較で分かったストレージ仮想化の最適解
 ストレージはデータセンター内における大きなコストが掛かるコンポーネントの1つになった。ストレージの価格は低下し続けてはいるが、データの増加率は多くの組織で引き続き著しく上昇し、結果としてストレージシステムの管理コストが増加している。 そのような状況化...(2013/1/15 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
【基本を解説】分散したストレージの「孤島」を統合!NASを活用したWindowsストレージのコンソリデーション
 Windows ストレージの「孤島」は非効率的で管理には大変な労力が必要だ。また、あちこちに障害点が形成されてしまうため、バックアップ&リカバリが複雑化し、アプリケーションの可用性を確保するのも困難となる。 このようなWindowsストレージの効率性と管理能力を強...(2012/4/2 提供:デル株式会社)

製品資料
ストレージを簡単かつ柔軟に運用し、トータルコスト削減を実現するストレージ管理ソフトウェア
 本資料では「ストレージ統合」「階層ストレージ」「ビジネス継続」という3つの視点からストレージ運用管理のトータルコストを削減する「Hitachi Command Suite」をご紹介します。■ストレージ統合業務ごとに分散化されたストレージ資産を統合してコスト削減を実現する...(2012/3/15 提供:株式会社日立製作所)

レポート
ストレージの概念を一新! DRも行うクラウドストレージでコスト大幅削減! 【米国Taneja Group調査レポート】
 企業データが増大していくにつれストレージは複雑化し、非常に高価なものとなってしまった。 それでもストレージに代わるシステムがないため、企業は、高額な購入費用、保守、設置場所、データ保護、電気料金など、データライフサイクルに伴うコストを受け入れざるを得...(2012/2/16 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
真のストレージ仮想化を実現する自動階層化ストレージアーキテクチャの強みとは?
最近のエンタープライズストレージ市場では、様々な階層化ストレージソリューションが氾濫しています。しかし既存のソリューションのほとんどは、階層化がストレージプラットフォームに密接に統合されておらず、リアルタイムできめ細かなシステムインテリジェンスも提供さ...(2011/5/18 提供:デル株式会社)

Webキャスト
もうストレージで悩まない、クラウド時代の新発想ストレージ
 「次世代統合IT基盤」の構築を進めるにあたり、よりダイナミックなストレージ資源の割り当てや、ユーザーからの要求に柔軟かつ迅速に対応することが求められます。 従来型ストレージの“マニュアル対応”では、運用負荷の面でもコストの面でも限界が見えており、新しい...(2010/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

カタログ
【カタログ】クラウドストレージ/完全分散データ格納技術(DHT)搭載の大容量ストレージ構築ソフトウェア
【製品概要】オブジェクトデータ向け超高速大容量ストレージ構築ソフトウェア。ノード増減時にはデータの再配置を自動で実行し、ノード内のデータ量も自動的に調整するため、運用管理の手間が大幅に省かれる。マスタデータサーバを持たないため、IO速度が非常に高速なのが...(2010/6/22 提供:Scalityジャパン)

技術文書
クラウド時代のストレージとは?クラウドストレージを実用化する技術概要
クラウドコンピューティングの実用化が進む中、クラウドストレージといわれる新たなストレージが誕生し始めている。クラウドストレージとは、ペタバイトを超える大規模ストレージを、安価に構築するスケールアウト型の革新的ストレージだが、実用化に向けていくつかの課題...(2009/11/5 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
重複除外と圧縮機能をプライマリストレージ上で実現した「統合ネットワークストレージ」
 昨今の不安定な経済状況の中、企業はITコストの削減を迫られる一方、保有する情報の量は増加の一途をたどっている。コスト削減を図りながら、増加し続ける情報を効率良く管理するという、相反する課題に対応しなければならないのだ。そうした課題に応えるため「(古いフ...(2009/2/26 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
RAIDが不要!? ストレージ技術を革新する“クラスタ ストレージ”──そのTCO削減とROI効果は?
 アイシロン・システムズは、「Isilon IQ クラスタ ストレージ」の導入によって企業が実現する総合的な経済効果と投資回収率(ROI)に関する調査をForrester Consulting社に委託。この調査により、同製品を従来のファイル ストレージの代わりに使用することで、企業は今...(2009/1/26 提供:アイシロン・システムズ株式会社)

製品資料
一歩進んだストレージ仮想化「エコストレージ」
 データの増大化に伴って、情報資産を取り巻く問題は深刻化している。スケーラビリティの拡大はもちろん、コストやリスクの軽減、環境問題にも対応していかなければならない。すなわち、エネルギーコストの急騰や地球温暖化への配慮に向け、性能や機能だけではなく環境や...(2008/3/13 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

技術文書
最新ストレージ技術紹介。SAN/NASの限界を超える革新クラスタストレージ
 保管を必要とする非構造化データ、ファイルベースデータ が容量規模と複雑性を増やし、従来のストレージシステムが想定していなかった負荷がかかりはじめている。 非構造化データの特性である大きなファイルサイズやデータのボリューム、高いスループットの必要性、リ...(2007/11/1 提供:アイシロン・システムズ株式会社)

技術文書
最新ストレージ技術紹介。SAN/NASの限界を超える革新クラスタストレージ
急激に、そして絶え間なく増加するデジタルデータ。SAN/NASといった従来型ストレージが直面するアーキテクチャの限界をブレークスルーする高性能クラスタ ストレージシステム。 保管を必要とする非構造化データ、ファイルベース データ が容量規模と複雑性を増やし、従来...(2006/8/31 提供:アイシロン・システムズ株式会社)

Webキャスト
ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態
 ストレージのドライブを従来のHDDからSSDに変更するだけでは、性能を引き出すことはできない。SSDの動作特性を考慮したアーキテクチャこそが、性能と容量をリニアに拡張できるのである。 本Webキャストでは、信頼性や運用効率・省スペース・省電力などのTCO削減効果を...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
オールフラッシュストレージ最新動向――SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント
 IDCによると、2017年のオールフラッシュアレイ支出額は、前年比で38.3%増、外付型ストレージ市場に占める比率は11.2%に上昇すると予測されている。しかし、フラッシュストレージの導入・更新には、まだまだコストの高さ、耐久性などへの懸念も残る。 一方、SSDのGB単...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
ストレージの「信頼性」、ここまで徹底している「止まらない」ための取り組み
 IT設備の投資をするなら「性能」「機能」「価格」は必ず比較検討するだろう。予算に合わせて3要素のバランスを調整していくが、この他にも重要な要素がある。それは信頼性だ。 ストレージは企業活動に最重要なデータを保管する装置であり、特に本番環境のプライマリス...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
ベンチマークでも実証――オールフラッシュストレージに求める速さと機能
 より瞬敏なビジネスを目指してシステムは高速化し、データ量は増大し続けている。ストレージも例外ではなく、時代はオールフラッシュに移ってきている。しかし、従来活用してきた機能、バックアップやクローン、インライン重複排除やマルチテナントなどの機能が不要にな...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
5分で分かるストレージ選び「3つのポイント」、オールフラッシュだけではない
 ストレージの選定において「性能」「機能」「価格」の3要素は、どのユーザーも必ず比較するところだ。ただし、それぞれの要求水準はストレージの使い方によって異なってくる。 例えば、本番環境のプライマリストレージとしてはオールフラッシュが本命といえるが、バッ...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
ユーザー目線で選ぶストレージ――たどり着いた答えは「安定性」
 ストレージの不満といえば「障害が多い」「柔軟性がない」「5年も経てば交換しなければならない」などの声が多い。ということは、ここが改善されればユーザーにとって非常に魅力的なものとなるはずだ。 本Webキャストでは、この点に注目し、「安定性」を追求したストレ...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今
 ストレージは「フラッシュファースト」の時代だ。SSDの高速性ばかりが求められた段階を過ぎ、今はプライベートクラウドを含めた仮想化や基幹システム、サービス基盤など用途が拡大し、要件も多様となっている。 比較検討する際には、HDDストレージにフラッシュを搭載し...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
「予測分析」で実績値99.9999%の可用性、ストレージの新たな未来を開く
 ストレージのメインストリームになりつつあるフラッシュストレージ、従来のストレージベンダーの新製品だけでなく、新興ベンダーも登場している。中でも、ファイルシステムと重複排除技術の第一人者同士が立ち上げたベンダーのストレージ戦略に注目したい。 パフォーマ...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

事例
IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由
 パブリッククラウドとプライベートクラウドのメリットを併せ持つ次世代型IaaSとして、2015年11月に登場した「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」。同サービスを提供するインターネットイニシアティブ(IIJ)が、競争優位を獲得する上で重視したのが、ストレージサービス...(2017/2/27 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

Loading