TechTargetジャパン

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年11月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号をご紹介。 特集記事では、201...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
mixiはフラッシュメモリでサーバ数を10分の1に削減 「SSDは高い」は本当か?
 フラッシュの採用が急速に普及している中でも、SSD(Solid State Drive)のメリットに疑問を抱くIT部門のマネジャーは少なくない。特に初期費用を懸念する人は多く、事実、サンディスクが企業のITリーダーを対象に実施した調査では、37.2%が初期コストをフラッシュ導入...(2015/7/31 提供:サンディスク株式会社)

技術文書
SSDの限界を超えるアプリケーション高速化、「NVDIMM」の導入効果は?
 従来のHDDを活用したストレージシステムの性能を改善する方法として、フラッシュメモリを用いた動きが目立っている。HDDより速くI/Oを実行できるフラッシュメモリを使用してボトルネックを解消する方法だ。 一方、フラッシュメモリよりも高速なI/Oに対する要求も顕在化...(2016/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
企業がSSDに熱視線を送る理由――理解しておきたいメモリ技術のポイント
 近年、フラッシュストレージ技術を利用するさまざまなデバイスが登場している。OSでも、重要な業務データでも、サーバに入っているものなら何でも、フラッシュメモリを使うことで遅延時間は少なくなるだろう。 ただしSSDの購入を検討する際には、さまざまなフォームフ...(2017/2/9 提供:ヴイエムウェア株式会社)

講演資料
フラッシュメモリとHDDの“いいとこどり”高速ストレージとは
 企業は、データの爆発的な増加やアプリケーションのスループット要求が高まる中で、予算削減を強いられている。事業継続やデータ保護に必要なバックアップも煩雑になっており、ストレージに対する要求が厳しくなる一方だ。HDDはコストは抑えられるが、パフォーマンスは...(2014/11/5 提供:アセンテック株式会社)

技術文書
フラッシュストレージとSoftware Defined Storageの明日
消費者向けデジタル機器では当たり前となったフラッシュメモリが、企業コンピューティングにおける新たな記憶媒体として注目されている。現在はデータベースなど特定用途向けの利用が目立つが、今後どのように普及していくのだろうか。一方で、「Software Defined Storage...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
HDD vs. フラッシュ 〜メリット、デメリットを技術面から徹底比較
 CPUやメモリの動作速度は向上し続けており、ネットワークはそれ以上のペースで広帯域、高速化が進んでいる。だが、ストレージメディアとして広く一般に利用されてきたHDDの速度は、ほとんど変化していない。その結果、HDDがITシステム全体のボトルネックとなる傾向が強...(2014/12/1 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ?
 オールフラッシュアレイ(AFA)の普及が進んでいる。今日の競争では、大が小を制するのではなく、より速いものが遅いものを制す。大半の場合、AFAは導入から18カ月ほどで投資回収が可能だ。また、従来のストレージシステムの維持管理コストよりも低いとの報告も多く寄せ...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月5日号:ファイアウォール管理の悩み(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月5日号は、以下の記事で構成されています。■今だから再評価すべき、DIMMスロットに装着するフラッシュメモリ「Memory1」■FIDO U2F標準対応の効果は? 60万件/日のセキュリティ侵害が生じるFacebook■Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「...(2017/4/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
汎用型 vs. 仮想化特化型――同じオールフラッシュでもここまで違う
 オールフラッシュストレージはディスクストレージより高速なアクセスを実現でき、省電力や省スペースなど、数々のメリットをもたらす。そして、これまでは割高だった価格もついにハイエンドのディスクストレージと肩を並べつつあり、いよいよ本格的な普及が始まろうとし...(2016/11/11 提供:富士通株式会社)

プレミアムコンテンツ
「ARMv8-M」が目指す「セキュアMCU」、その定義と実装
「ARMv8-M」は2015年に発表されたARMのMCUアーキテクチャであり、翌年の2016年にはこのアーキテクチャを実装したプロセッサコア「Cortex-M23」「Cortex-M33」を発表している。IoTの普及に伴いMCUのセキュリティを高める必要性が生じており、この流れそのものについては賛...(2017/9/4 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「NVMe」など新技術で加速、「ストレージネットワーク高速化技術」のこれまでと今後
 企業のストレージ環境を高速化する技術の選択肢は、ますます充実している。ファイバーチャネル(FC)は終焉を迎えると予測する声もあるが、市場調査を見ると、依然としてミッションクリティカルなアプリケーション向けに多く利用されている。イーサネットはストレージネ...(2017/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

事例
1600人が利用してもVDIが安定稼働、東北大学が選んだ仮想化環境専用ストレージ
 東北大学は、事務職員用の端末の更新を機にICTガバナンスの強化と運用管理の効率化、セキュティ強化を目的としてVDI環境を導入した。約1600人の事務職員が利用するVDI環境において、常に安定したパフォーマンスを実現し、大学運営を支えているという。 VDI環境導入に際...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避
 仮想化環境の導入時に見落とされがちな課題の1つに、仮想マシンの増加に伴うストレージ性能の低下がある。この状態に陥ると、一部の仮想マシンの負荷増大が、他の仮想マシンを圧迫し、連鎖的な性能低下が生じるようになる。もし、システムが業務と直結しているのであれ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
ブートストームをものともせずに数秒で起動――伊達市がVDI環境に施した工夫
 仮想デスクトップ(VDI)環境では、始業時などに多数のアクセスがシステム基盤に集中することでパフォーマンスが低下する「ブートストーム」が問題となる。これは多数の仮想デスクトップからストレージへの入出力が集中することにより生じる現象で、システム全体として...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
先端研究事例に学ぶ「組込・制御システム開発」成功の秘訣!国内外の研究機関・企業の先進事例を紹介
 本資料には、システム開発や保守費用にかかるコストを削減しつつ、テスト開発の生産性を高め開発時間の短縮に成功した事例が数多く掲載されている。新しい領域の研究開発や製品設計に挑む技術者には見逃せない資料だ。  高い性能と信頼性が要求されるアプリケーション...(2017/8/21 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
NVMeとNVDIMMの進化を、HCIはどう活用しようとしているか
 ハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)では、ストレージの転送速度が重要になる。特にストレージデバイスの主流が回転するプラッタを記憶媒体にしていたHDDからNANDを利用するフラッシュストレージに移行することで、ストレージシステムのボトルネックもそれまでの...(2017/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
その思い込みは間違い? フラッシュストレージに抱く「5つの思い込み」
 今やフラッシュメモリは、パフォーマンスや密度などの重要な要素が絶え間なく進化している。アプリケーションパフォーマンスの向上、電力消費量の削減、導入の容易さなど多くの価値を提供してきたが、ユーザーの間ではさまざまな誤解があるようだ。「価格が高い」といっ...(2015/11/24 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」とは何か、その文脈とは
 ガートナーの調査が「2019年には約50億ドルの市場に拡大」と成長を予想しているハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)だが、その実態を理解しているユーザー企業は意外と少ない。そのため、導入の検討を始めても投入コストや導入メリットのバランスが正しく把握で...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoT向けデバイス評価に不可欠な電流波形解析ツール
スマートフォン技術の向上により不揮発性メモリ(NVM)への要求が高まり、IoTによってNVMのアプリケーション領域が拡張し続けている。現在はフラッシュメモリがストレージデバイスの主流だが、ReRAM、PRAMなどの次世代のNVMに関する広範囲の研究が進行中で、速度、性能、消...(2016/7/27 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

製品資料
国内企業の4割以上がWindowsタブレットの導入に意欲的。その理由はここにある
 2014年のTechTargetジャパンによる「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」で、回答企業の43.4%が「Windowsタブレット」を今後導入したいと答え、iPadやAndroidタブレットを抑えてトップとなった。Windows 8.1の登場やWindowsタブレットの製品ラインアップが充...(2015/4/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは?
 いまやストレージはオールフラッシュが主流となる時代に突入した。しかし現在でも、多くのストレージにはディスクストレージのために開発されたテクノロジーや、ディスクストレージ時代のアーキテクチャが使い続けられており、フラッシュの特性を必ずしも生かし切れてい...(2017/3/29 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
知らないと恥ずかしいITインフラ新定番、「ハイパーコンバージド」の“驚きの正体”
 多くのストレージ担当者が、コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムのトレンドを支持している。用途に合わせた構成済みのシステムを使うことで、仮想マシンのための複雑なストレージの導入作業が楽になる。これによって企業は最適なパフォーマンスや、運用...(2017/2/2 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

Loading