TechTargetジャパン

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年11月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号をご紹介。 特集記事では、201...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
mixiはフラッシュメモリでサーバ数を10分の1に削減 「SSDは高い」は本当か?
 フラッシュの採用が急速に普及している中でも、SSD(Solid State Drive)のメリットに疑問を抱くIT部門のマネジャーは少なくない。特に初期費用を懸念する人は多く、事実、サンディスクが企業のITリーダーを対象に実施した調査では、37.2%が初期コストをフラッシュ導入...(2015/7/31 提供:サンディスク株式会社)

講演資料
フラッシュメモリとHDDの“いいとこどり”高速ストレージとは
 企業は、データの爆発的な増加やアプリケーションのスループット要求が高まる中で、予算削減を強いられている。事業継続やデータ保護に必要なバックアップも煩雑になっており、ストレージに対する要求が厳しくなる一方だ。HDDはコストは抑えられるが、パフォーマンスは...(2014/11/5 提供:アセンテック株式会社)

比較資料
HDD vs. フラッシュ 〜メリット、デメリットを技術面から徹底比較
 CPUやメモリの動作速度は向上し続けており、ネットワークはそれ以上のペースで広帯域、高速化が進んでいる。だが、ストレージメディアとして広く一般に利用されてきたHDDの速度は、ほとんど変化していない。その結果、HDDがITシステム全体のボトルネックとなる傾向が強...(2014/12/1 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
その思い込みは間違い? フラッシュストレージに抱く「5つの思い込み」
 今やフラッシュメモリは、パフォーマンスや密度などの重要な要素が絶え間なく進化している。アプリケーションパフォーマンスの向上、電力消費量の削減、導入の容易さなど多くの価値を提供してきたが、ユーザーの間ではさまざまな誤解があるようだ。「価格が高い」といっ...(2015/11/24 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoT向けデバイス評価に不可欠な電流波形解析ツール
スマートフォン技術の向上により不揮発性メモリ(NVM)への要求が高まり、IoTによってNVMのアプリケーション領域が拡張し続けている。現在はフラッシュメモリがストレージデバイスの主流だが、ReRAM、PRAMなどの次世代のNVMに関する広範囲の研究が進行中で、速度、性能、消...(2016/7/27 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

製品資料
国内企業の4割以上がWindowsタブレットの導入に意欲的。その理由はここにある
 2014年のTechTargetジャパンによる「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」で、回答企業の43.4%が「Windowsタブレット」を今後導入したいと答え、iPadやAndroidタブレットを抑えてトップとなった。Windows 8.1の登場やWindowsタブレットの製品ラインアップが充...(2015/4/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年1月号をご紹介。 特集記事では、2015...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
東芝の最新マイコン「TXZファミリー」データーシート【限定公開中】
 東芝の新マイコンファミリー「TXZファミリー」。その特長は、最先端技術を盛り込んだマイコンそのものにとどまらず、ユーザーの“やりたいこと”を具現化するためのソリューション/技術サポートでもこれまでのマイコンと一線を画す、ユーザー目線にこだわった新しいマイ...(2016/8/30 提供:株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社)

製品資料
DBサーバは「パフォーマンス当たりのコスト」で考える、性能と合理的コストの両立
 ビッグデータ時代におけるDBシステムの重要性はますます高まっている。データ量の増加、蓄積データの広範かつリアルタイムな再利用ニーズの拡大に伴い、高パフォーマンス、高可用性、耐障害性への要求が高まっている。 その解決策の1つとして、Microsoft SQL ServerとS...(2015/8/6 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」
 大量のI/Oが発生するアプリケーションの高速化や、大規模なバックアップの時間短縮などの効果が期待されるフラッシュストレージ。消費電力や設置スペースの削減といったメリットもあることから、HDDとのハイブリッド製品やオールフラッシュ製品への移行が進んでいる。 ...(2016/7/7 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年1月号をご紹介。 特集記事では、限界...(2016/7/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
若手エンジニアに贈る「組み込み業界の常識・非常識」【後編】
 本連載コラムは、組み込みソフトウェア開発を知り尽くしたベテラン・エンジニアから、若手の組み込みエンジニアへ贈る応援メッセージである。連載第6〜10回までを「Part2」としてまとめてお届けする。・第 6 回:デジタル信号、アナログ信号って何?・第 7 回:モータ制...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オールフラッシュストレージ製品選択で、失敗しない4つのポイントとは?
 今日、CPUやメモリが飛躍的に性能向上したことで、HDDのパフォーマンスボトルネックが顕在化している。特に仮想化環境ではランダムなI/Oが発生しやすく、動作原理上ランダムアクセスに弱いHDDの弱点がさらに目立つようになった。この問題の解決策として注目されているの...(2014/12/1 提供:EMCジャパン株式会社)

事例
SAPの本番環境までAzure上に移行、東洋合成工業が少人数で移行できた方法とは?
 SAPなどの基幹システムをオンプレミスで運用する場合、どうしても避けられないのがハードウェアの老朽化や保守期限切れ、ユーザー数の増加に伴うパフォーマンス低下だ。そのため、近年は基幹システムのクラウド移行も検討されるようになってきた。 この取り組みにおけ...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 今や激戦区となったフラッシュストレージ市場。2016年はどのような製品が登場し、さらにどのような進化を遂げるのか。2016年のフラッシュストレージ市場を解説した3つの記事をまとめた。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。■6大サプライヤーの2016年オールフラ...(2016/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年5月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年5月号(最終号)をご紹介。 特集記事...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
2015年、半導体業界の買収/合併劇を振り返る
 米調査会社のIC Insightsによると、2010〜2014年までに行われた半導体業界の買収案件では、年平均100億米ドルあまりの金額が動いたという。この調査結果に対して、2015年に実施/発表された買収案件の買収総額は何と1000億米ドルを超える。平年の10倍、過去5年間の総額...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「mbed」を使って初歩から学ぶARMマイコン開発
 ARMプロセッサの中で最もエントリーレベルなマイクロコントローラーの1つ「LPC1114FN28(以下、LPC1114)」を使って、マイコン開発のイロハを学ぶ。 エントリークラスとはいえLPC1114は、32bit CPUコア ARM Cortex-M0を搭載し、豊富な周辺機器(ペリフェラル)を備えて...(2016/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号をご紹介。 特集記事では、「Mo...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ソフトウェア開発クラウドで仮想特化型ストレージを実践、その実力を探る
 富士通のソフトウェア開発環境を提供する富士通沼津ソフトウェア開発クラウドセンターは、国内外の開発者にソフトウェア開発環境向けプライベートクラウドを提供している。このサービスの核となっているのが、仮想環境のオンデマンド貸し出しシステムだ。 しかし、サー...(2016/7/6 提供:富士通株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年7月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年7月号をご紹介。 特集記事では、「太...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月6日号:第4世代フラッシュストレージの衝撃
 Computer Weekly日本語版 7月6日号は、以下の記事で構成されています。■Facebookのソフトウェア開発者に学ぶオープンソースとの付き合い方■ビッグデータ分析を有益なセキュリティツールにするちょい足しレシピ■もう管理しきれない……と言わせないパッチ管理の5つの...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号をご紹介。 特集記事では、USB...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
コストを削減しつつ「組込・制御システム開発」を成功させる秘訣とは?国内外の先端研究事例に学ぶ
 本資料には、システム開発や保守費用にかかるコストを削減しつつ、テスト開発の生産性を高め開発時間の短縮に成功した事例が数多く掲載されている。新しい領域の研究開発や製品設計に挑む技術者には見逃せない資料だ。高い性能と信頼性が要求されるアプリケーションにお...(2016/6/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
もうSSDしかあり得ない、第一線システムでHDDが置き換えられるこれだけの理由
 サーバ内蔵SSDの時代が来ている。SSDは登場した当初、容量対コストや製品寿命、ランニングコストなどはHDDに比べて格段に高く、サーバ導入が非現実だった。だが、SSDは現在、HDDと同程度の価格となり、テラバイトクラスの大容量モデルも登場した。サーバのストレージをH...(2016/6/2 提供:オリックス・レンテック株式会社)

Loading