TechTargetジャパン

技術文書
mixiはフラッシュメモリでサーバ数を10分の1に削減 「SSDは高い」は本当か?
 フラッシュの採用が急速に普及している中でも、SSD(Solid State Drive)のメリットに疑問を抱くIT部門のマネジャーは少なくない。特に初期費用を懸念する人は多く、事実、サンディスクが企業のITリーダーを対象に実施した調査では、37.2%が初期コストをフラッシュ導入...(2015/7/31 提供:サンディスク株式会社)

講演資料
フラッシュメモリとHDDの“いいとこどり”高速ストレージとは
 企業は、データの爆発的な増加やアプリケーションのスループット要求が高まる中で、予算削減を強いられている。事業継続やデータ保護に必要なバックアップも煩雑になっており、ストレージに対する要求が厳しくなる一方だ。HDDはコストは抑えられるが、パフォーマンスは...(2014/11/5 提供:アセンテック株式会社)

比較資料
HDD vs. フラッシュ 〜メリット、デメリットを技術面から徹底比較
 CPUやメモリの動作速度は向上し続けており、ネットワークはそれ以上のペースで広帯域、高速化が進んでいる。だが、ストレージメディアとして広く一般に利用されてきたHDDの速度は、ほとんど変化していない。その結果、HDDがITシステム全体のボトルネックとなる傾向が強...(2014/12/1 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
その思い込みは間違い? フラッシュストレージに抱く「5つの思い込み」
 今やフラッシュメモリは、パフォーマンスや密度などの重要な要素が絶え間なく進化している。アプリケーションパフォーマンスの向上、電力消費量の削減、導入の容易さなど多くの価値を提供してきたが、ユーザーの間ではさまざまな誤解があるようだ。「価格が高い」といっ...(2015/11/24 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
国内企業の4割以上がWindowsタブレットの導入に意欲的。その理由はここにある
 2014年のTechTargetジャパンによる「スマートデバイスの業務利用に関する読者調査」で、回答企業の43.4%が「Windowsタブレット」を今後導入したいと答え、iPadやAndroidタブレットを抑えてトップとなった。Windows 8.1の登場やWindowsタブレットの製品ラインアップが充...(2015/4/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
DBサーバは「パフォーマンス当たりのコスト」で考える、性能と合理的コストの両立
 ビッグデータ時代におけるDBシステムの重要性はますます高まっている。データ量の増加、蓄積データの広範かつリアルタイムな再利用ニーズの拡大に伴い、高パフォーマンス、高可用性、耐障害性への要求が高まっている。 その解決策の1つとして、Microsoft SQL ServerとS...(2015/8/6 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
若手エンジニアに贈る「組み込み業界の常識・非常識」【後編】
 本連載コラムは、組み込みソフトウェア開発を知り尽くしたベテラン・エンジニアから、若手の組み込みエンジニアへ贈る応援メッセージである。連載第6〜10回までを「Part2」としてまとめてお届けする。・第 6 回:デジタル信号、アナログ信号って何?・第 7 回:モータ制...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オールフラッシュストレージ製品選択で、失敗しない4つのポイントとは?
 今日、CPUやメモリが飛躍的に性能向上したことで、HDDのパフォーマンスボトルネックが顕在化している。特に仮想化環境ではランダムなI/Oが発生しやすく、動作原理上ランダムアクセスに弱いHDDの弱点がさらに目立つようになった。この問題の解決策として注目されているの...(2014/12/1 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
2015年、半導体業界の買収/合併劇を振り返る
 米調査会社のIC Insightsによると、2010〜2014年までに行われた半導体業界の買収案件では、年平均100億米ドルあまりの金額が動いたという。この調査結果に対して、2015年に実施/発表された買収案件の買収総額は何と1000億米ドルを超える。平年の10倍、過去5年間の総額...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「mbed」を使って初歩から学ぶARMマイコン開発
 ARMプロセッサの中で最もエントリーレベルなマイクロコントローラーの1つ「LPC1114FN28(以下、LPC1114)」を使って、マイコン開発のイロハを学ぶ。 エントリークラスとはいえLPC1114は、32bit CPUコア ARM Cortex-M0を搭載し、豊富な周辺機器(ペリフェラル)を備えて...(2016/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
若手エンジニアに贈る「組み込み業界の常識・非常識」【前編】
 本連載コラムは、組み込みソフトウェア開発を知り尽くしたベテラン・エンジニアから、若手の組み込みエンジニアへ贈る応援メッセージである。連載第1〜5回までを「Part1」としてまとめてお届けする。・第 1 回:どんな組み込みエンジニアになりたいですか?・第 2 回:...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
SQL Serverの最適な移行とは? Standard Editionを用いた低コスト環境で、高可用性と高速化を同時に実現
 Windows Serverとの親和性、管理性の高さ、使い勝手の良さにより、SQL Serverは今日も多くの企業で稼働している。しかしSNSなど顧客チャネルの多様化でデータは急増、分析処理も複雑になり、トランザクションは渋滞状態だ。DBの処理速度を取り戻しながら、高可用性も担...(2016/3/10 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月20日号:映画『ゼロ・グラビティ』制作の舞台裏
 Computer Weekly日本語版 1月20日号は、以下の記事で構成されています。■自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない■Disneyの協賛で実現した、『Star Wars』コーディング教育の成果■パスワード認証撲滅に向けて一歩前進──FIDO標準の現在■...(2016/1/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
データベース統合の実現に、ネットワークサーバとハイブリッドストレージの垂直統合という選択
 従来、ITシステムでは業務、地域、部署ごとにDBを設置していたため、新規導入や更新に際してサーバ、ストレージ、ネットワーク、OS、DBのシステム設計コストなどの費用が発生してきた。また、運用面でも電気代、設置場所、資産管理などの費用が発生する。DBを統合すれば...(2016/1/12 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
大衆車のクラスタに求められる機能をほぼ全てカバーする、ワンチップ・ソリューションとは?
「Traveoファミリ」の新シリーズは新生Cypressとして初の車載用新規発表製品である。中でも「Traveo S6J3200シリーズ」は幅広いラインアップを持ち、高級車向けのリッチなクラスタディスプレイ環境を大衆車にも普及させる第一歩となる。高品位HMIを実現する2D/3Dグラフィ...(2015/5/27 提供:日本サイプレス株式会社)

事例
産業用ソフトウェアの不正使用を防げ!知的財産を守る強力なプロテクション
 モノのインターネット(IoT)が普及するにつれ、ソフトウェアの重要性はより高まっている。しかし一方でハッカーや競合他社によるリバースエンジニアリングやハッキングの脅威にさらされ、大切な知的財産が不正コピーされる恐れがある。 2007年の模倣品被害の総額は年...(2015/12/1 提供:日本セーフネット株式会社)

技術文書
「SSDはHDDよりも高速である」はウソ? SSDにまつわる誤解を徹底検証する
 SSD導入を検討している企業の多くが、その理由にパフォーマンスの向上を挙げている。 より速いストレージを必要としている現状がある。確かにSSDは、大多数のユースケースにおいてHDDよりも高速だ。しかし、これが当てはまらないこともある。 本稿では、SSDをめぐる5...(2015/8/7 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
知らないと恥ずかしいITインフラ新定番、「ハイパーコンバージド」の“驚きの正体”
 多くのストレージ担当者が、コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムのトレンドを支持している。用途に合わせた構成済みのシステムを使うことで、仮想マシンのための複雑なストレージの導入作業が楽になる。これによって企業は最適なパフォーマンスや、運用...(2015/8/3 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
データベース高速化や仮想デスクトップ運用にも効果を発揮する「100%オールフラッシュストレージ」の応用法
 ムーアの法則に挙げられるように、半導体の集積度の向上に伴い、CPUプロセッサの性能は加速度的に進化を遂げてきた。それに対して、従来のストレージ製品に使われてきたHDDは回転速度の高速なもので1万5000回転が主流となっており、それ以上の飛躍的な性能向上は実現さ...(2015/7/31 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

レポート
導入済みおよび導入予定企業は5割 〜米調査結果に見るフラッシュストレージの経済性
 数十年にわたり、ストレージメディアの主役であり続けたHDDに代わり、フラッシュメモリを採用したストレージが注目を集めている。フラッシュは機械的な駆動部品がなく、HDDの持つ「シークタイム」や「サーチタイム」がないため、レイテンシが短く、高いパフォーマンスを...(2014/12/1 提供:EMCジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは? 5400件以上のOSSプロジェクトを解析してきたCoverityが、オープンソースコードと商用プロジェクトのコードを比較...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ導入の勘所
 フラッシュストレージの導入が現実的となった今、あらためて導入に値するか否かを冷静に検討する必要がある。まずは、最大のメリットとされる高速性について。本PDFでは、フラッシュストレージを基本的なレベルから解説し、単なる高速性だけではない、フラッシュストレ...(2015/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
わずか3年で1750社が導入、SSDとHDDによる高速ハイブリッドストレージシステムの実力
 仮想化の急速な導入、サーバ統合といった流れを受け、データセンターにおけるネットワークストレージに対する要求は厳しくなるばかりだ。この要求に応えるのが、フラッシュメモリとハードディスクを組み合わせた低価格のハイブリッド型ストレージシステムだ。 本資料で...(2014/2/28 提供:アセンテック株式会社)

レポート
ストレージ運用管理者が今さら聞けない「フラッシュ活用5つの秘策」
 HDDを大幅に上回るスピードと信頼性、大量のI/Oが発生するエンタープライズアプリケーションの実行環境におけるパフォーマンス最適化の技術として注目が集まるフラッシュテクノロジー。導入に際しては、自社のビジネスに最適なパフォーマンスと効率、コスト優位性を持っ...(2015/4/10 提供:ネットアップ株式会社)

事例
翌日昼までかかったDWHの夜間バッチ処理を2時間に短縮したSSDアプライアンスの実力とは
 業務用加工食品の専門商社として、約5万アイテムの商品を扱い業界有数の業績と販売網を持つヤグチ。食材のプロ向けの情報提供サイト「食材プロ.net」を手掛ける同社では、さらなる情報活用に向けた環境整備を目指し、10年以上にわたり稼働してきたデータウェアハウスお...(2014/10/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
徹底比較:ベンチマークテストで検証、DBサーバハードウェア選び3つのポイント
 2015年7月にWindows Server 2003がサポート終了を迎え、DBサーバの入れ替えを検討している企業も多いことだろう。しかし、最近のサーバは技術的な進展も目覚ましく、何がどのように変化したのか、どのような点を考慮してハードウェアを選択すればよいか迷うことも多いの...(2015/7/31 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
企業向けSSDの性能を見極める「勘所」をつかむ方法
 HDDに比べ性能、省スペース、信頼性などに優れたSSDを活用する企業が増えている。しかし、SSDの性能を正確に把握し、効果を最大限に発揮するには、開封後未使用状態(Fresh Out of Box)、遷移状態(Transition State)、定常状態(Steady State)という経時変化に伴っ...(2015/3/27 提供:サンディスク株式会社)

製品資料
他社アプライアンスとSQL Server SSD Applianceとを比較 データベースの「2つの役割」を両立するには
 ビッグデータというバズワードに導かれ、データ分析の重要性はより多くの企業で認識されるようになった。しかしデータベース管理者は、「高速なOLTP用データベース」と「高速な分析用データベース」という2つの役割への対応を迫られ、最適なチューニングが困難な状況に...(2013/9/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
卓上型3Dスキャナの性能を支えるプリンタ用SoC
 UBM TechInsightsが分解調査を実施した結果、「NextEngine」の3Dスキャナは3次元物体のメッシュファイルを出力するなど、高額な3Dスキャナと同様の機能を実現していることが明らかになった。非接触型のレーザースキャン方式を採用している。 この非接触型の3Dスキャン...(2015/6/16 提供:アイティメディア株式会社)

Loading