TechTargetジャパン

Webキャスト
Webキャストで解説、オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる?
 オールフラッシュストレージが登場してから、多くの企業が本番系システムにも採用するようになってきた。しかし、オールフラッシュストレージは、パフォーマンス面で強みを有するものの、HDDやSSDに比べコストが割高といわれることが多いのも事実だ。 本Webキャストは...(2017/4/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
Webキャストで解説、SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る
 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されてい...(2017/4/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
Webキャスト:SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方
 オールフラッシュストレージのことを「SSDだけで構築したストレージ基盤」と考えている人は少なくない。しかし、クラウドとビッグデータの活用が進み、ストレージの重要性が高まっている今、その理解を正確なものとしなければならない。そのためには、SSDがフラッシュス...(2017/4/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?
 仮想化環境に必要な要素がまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。ソフトウェアや管理ツールの機能に目が行きがちだが、その土台となるのはハードウェアの性能だ。スペックは当然として、注目したいのが信頼性や柔軟性を向上する機能だ。 例えば劣化したHDDは...(2017/3/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
限られた予算でIT環境を改善、最短で課題解決を目指すハード選びのポイント
 企業のIT部門は、複雑なIT環境の運用管理やメンテナンスに日々頭を悩ませているが、その間も経営部門やユーザーから困難な要求が次々と寄せられる。そのため、課題はなんとなく理解できていても、限られたIT予算の中で、どのように解決を図ればよいのか分からなくなるこ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

Webキャスト
ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態
 ストレージのドライブを従来のHDDからSSDに変更するだけでは、性能を引き出すことはできない。SSDの動作特性を考慮したアーキテクチャこそが、性能と容量をリニアに拡張できるのである。 本Webキャストでは、信頼性や運用効率・省スペース・省電力などのTCO削減効果を...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今
 ストレージは「フラッシュファースト」の時代だ。SSDの高速性ばかりが求められた段階を過ぎ、今はプライベートクラウドを含めた仮想化や基幹システム、サービス基盤など用途が拡大し、要件も多様となっている。 比較検討する際には、HDDストレージにフラッシュを搭載し...(2017/3/21 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

事例
IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由
 パブリッククラウドとプライベートクラウドのメリットを併せ持つ次世代型IaaSとして、2015年11月に登場した「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」。同サービスを提供するインターネットイニシアティブ(IIJ)が、競争優位を獲得する上で重視したのが、ストレージサービス...(2017/2/27 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち?
 加速するビジネススピードに対応するために欠かせない、データベースの処理速度向上。これまで、バッチ処理などのパフォーマンスを向上させるためにDBチューニングを行うことで、処理速度の改善を図ってきた。しかしながらチューニングによる処理速度向上には限界がある...(2017/2/17 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説
 HDDの100倍以上のIOPS、フラッシュコントローラーレベルの機能向上による高信頼性、ペタバイトレベルまで対応する拡張性、4年間ならHDDよりTCO削減が可能など、さまざまな導入メリットを持つオールフラッシュストレージ。 数年前までは「オールフラッシュ=高額」と認...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

Webキャスト
オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由
 オールフラッシュストレージが登場してから、多くの企業が本番系システムにも採用するようになってきた。しかし、オールフラッシュストレージは、パフォーマンス面で強みを有するものの、HDDやSSDに比べコストが割高といわれることが多いのも事実だ。 本Webキャストは...(2017/1/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る
 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されてい...(2017/1/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

事例
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方
 クラウドサービスが普及し、ビッグデータやIoTの活用も進むなか、旧来のシステムリソースに限界が見え始めている。特にストレージは、今後のビジネスの成長を支える基盤となるだけに、多くの企業がビジネスの成長に対応するための製品選びに頭を悩ませている。 自然災...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
Microsoft Azure Goldパートナーが教える、Azureの“買い方・作り方・使い方”
 オンプレミスからクラウドへの移行を図る企業の多くが有力な選択肢として検討する「Microsoft Azure」。その導入で最大のメリットを得るためには、「買い方」「作り方」「使い方」の勘所を押さえておく必要がある。 例えば、「買い方」でよくある失敗としては、HDDの容...(2016/10/19 提供:株式会社ISAO)

事例
青山学院の標的型攻撃対策、サンドボックスよりもエンドポイントを重視した理由
 2014年に創立140周年を迎えたことを機にさまざまなアクションに取り組む青山学院。同校は、公的機関や他大学における情報漏えい事件が相次いだことから、標的型攻撃などの高度なサイバー攻撃に対応できるセキュリティ対策の導入を決定した。 それまでにもウイルス対策...(2016/10/14 提供:株式会社FFRI)

製品資料
レポートの実物で見る、VDIアセスメントが最適なサイジングに必要な理由
 仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入を成功させるためには、最適なサイジングが欠かせない。しかし、全社員からアンケートを取ってもリソース消費量までは分からず、資産管理ツールを使ってもVDI化に有益な情報が簡単には得られないことから、このプロセスでつまずく...(2016/9/30 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
約1時間で仮想マシンを復旧、仮想環境に最適な“丸ごと”バックアップ
 Webサービスを提供する企業の多くはサーバの増加に伴い、仮想環境へと運用を拡大していく。それと同時に、仮想環境での適切な障害対策を取ることが求められるようになる。 会計事務所向けの業務支援サービス「ゆりかご倶楽部」を運営するエッサムも同様の課題を抱えて...(2016/9/28 提供:株式会社ネットジャパン)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 データ分析など特定用途で従来使われてきたフレッシュストレージの市場が拡大している。技術革新や供給の拡大によって容量当たりの価格が下落し、HDDと変わらない製品も登場。基幹システムなど幅広い用途で使われるケースが多くなってきた。 当コンテンツはフラッシュ...(2016/9/23 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
本気で選ぶエントリークラス、低予算でもストレージ刷新はここまでできる
 業務に必要なデータは爆発的な増加を続け、ユーザーからのレスポンス改善への要求も日増しに高まっている。だからといって、無制限にストレージに投資する余裕もないことから、多くのIT担当者が十分とはいえない予算でのやりくりに頭を悩ませている。 そこで、有力な解...(2016/9/12 提供:DELL EMC)

レポート
フラッシュストレージにまつわる「9つの俗説」、気になる真相は?
 フラッシュストレージにまつわる俗説の中でいまだに根強いのが、「高価すぎて予算に合わない」という誤解だ。確かに以前のエンタープライズフラッシュのGB当たり単価は高かったが、今ではHDDと比較した場合の価格面でのデメリットは解消されつつある。 また、「フラッ...(2016/9/9 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
IDC調査で見るフラッシュアレイの投資効果――選定基準のどこを見直すべきか?
 IT調査会社のIDCによると、オールフラッシュアレイ市場は2013年から2018年にかけて、年間平均46.1%のペースで成長し、2018年末には市場規模が33億ドルに達すると予想されるという。同期間のハイブリッドフラッシュアレイ市場の予想成長率も年間平均8.1%と高水準だ。 ...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」
 大量のI/Oが発生するアプリケーションの高速化や、大規模なバックアップの時間短縮などの効果が期待されるフラッシュストレージ。消費電力や設置スペースの削減といったメリットもあることから、HDDとのハイブリッド製品やオールフラッシュ製品への移行が進んでいる。 ...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
SSDを超える高可用性オールフラッシュストレージ、能力を最大化する仕組みとは
 SSDはHDD互換を前提として設計されているため、既存のHDDを外して、そのままSSDを接続できるなど導入がしやすい。しかし、この互換性を維持するためのデザインがフラッシュチップが持つ本来の能力に限界を作り出している。 SSDでは複数のチップを装備していても、同時...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
従来のコストで10倍のパフォーマンス DB環境にオールフラッシュを選ぶべき理由
 近年、データベース(DB)環境におけるオールフラッシュストレージの導入が急速に進んでいる。その背景にはフラッシュデバイス自体の低価格化があるが、インライン処理によるデータの重複排除/圧縮機能の効果も見逃せない。 これらの機能改善と、オールフラッシュスト...(2016/9/1 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
SSDの限界を超えるアプリケーション高速化、「NVDIMM」の導入効果は?
 従来のHDDを活用したストレージシステムの性能を改善する方法として、フラッシュメモリを用いた動きが目立っている。HDDより速くI/Oを実行できるフラッシュメモリを使用してボトルネックを解消する方法だ。 一方、フラッシュメモリよりも高速なI/Oに対する要求も顕在化...(2016/8/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
HDD暗号化ツールへの不満を全て解消、ユーザーと管理者の負荷をなくす製品選び
 PCの盗難・紛失時に重要データの流出を防ぐ最後の砦となる「HDD暗号化」。実際の運用では、PCのパフォーマンスが低下したり、PCへのログイン操作が2回に増えたりするケースがあり、ユーザーにとっての大きなストレスとなっている。 管理者にとっても、暗号化されていな...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

レポート
Windows 10の盗難・紛失対策、「BitLocker」によるHDD暗号化の弱点は?
 Windows XPのサポート完全終了、Windows 7のメインストリームサポート終了により、Windows 10導入が本格化し始めた。これまで先延ばしにしてきた企業の間でも移行の方法やタイミングが検討されているが、そこには見落とされがちだが十分に考えなければならない問題もあ...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

Loading