TechTargetジャパン

レポート
HDD暗号化ツールへの不満を全て解消、ユーザーと管理者の負荷をなくす製品選び
 PCの盗難・紛失時に重要データの流出を防ぐ最後の砦となる「HDD暗号化」。実際の運用では、PCのパフォーマンスが低下したり、PCへのログイン操作が2回に増えたりするケースがあり、ユーザーにとっての大きなストレスとなっている。 管理者にとっても、暗号化されていな...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

レポート
Windows 10の盗難・紛失対策、「BitLocker」によるHDD暗号化の弱点は?
 Windows XPのサポート完全終了、Windows 7のメインストリームサポート終了により、Windows 10導入が本格化し始めた。これまで先延ばしにしてきた企業の間でも移行の方法やタイミングが検討されているが、そこには見落とされがちだが十分に考えなければならない問題もあ...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
限られた予算でIT環境を改善、最短で課題解決を目指すハード選びのポイント
 企業のIT部門は、複雑なIT環境の運用管理やメンテナンスに日々頭を悩ませているが、その間も経営部門やユーザーから困難な要求が次々と寄せられる。そのため、課題はなんとなく理解できていても、限られたIT予算の中で、どのように解決を図ればよいのか分からなくなるこ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
脆弱性対策からデバイス管理まで、面倒なPC管理はどこまで統合できる?
 スマートデバイスやデスクトップPC、ネットワークに接続されたプリンタなど、企業が保有するIT資産の数は膨大なものとなる。多くの企業がこれらの管理とセキュリティ対策に異なる製品を用いているが、こうした手法がコストや管理の負担を増大させる要因となっている。 ...(2016/7/19 提供:クオリティソフト株式会社)

Webキャスト
フラッシュストレージ見極めのポイント――同じ重複排除でも雲泥の差?
 フラッシュストレージの低価格化が一段と進み、コストメリットにおいてもHDDを上回る日が近づいてきたように見える。既に多くの企業がストレージ基盤の刷新に取り組んでいるが、フラッシュに最適化されたストレージについての知識が不足していると、製品選びでつまずく...(2016/7/14 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
本気で選ぶエントリークラス、低予算でもストレージ刷新はここまでできる
 業務に必要なデータは爆発的な増加を続け、ユーザーからのレスポンス改善への要求も日増しに高まっている。だからといって、無制限にストレージに投資する余裕もないことから、多くのIT担当者が十分とはいえない予算でのやりくりに頭を悩ませている。 そこで、有力な解...(2016/7/12 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
コスパ重視のオールフラッシュストレージ選び、低予算でも手に入る10のメリット
 これまで高性能で高価格というイメージを持たれていたフラッシュストレージだが、ここ数年で低価格化が大きく進み、コストパフォーマンスの面でもHDDに対して優位性を発揮するようになってきた。それに伴い、エントリークラスからミドルクラスのオールフラッシュ製品の...(2016/7/12 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」
 大量のI/Oが発生するアプリケーションの高速化や、大規模なバックアップの時間短縮などの効果が期待されるフラッシュストレージ。消費電力や設置スペースの削減といったメリットもあることから、HDDとのハイブリッド製品やオールフラッシュ製品への移行が進んでいる。 ...(2016/7/7 提供:ネットアップ株式会社)

Webキャスト
オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由
 オールフラッシュストレージが登場してから、多くの企業が本番系システムにも採用するようになってきた。しかし、オールフラッシュストレージは、パフォーマンス面で強みを有するものの、HDDやSSDに比べコストが割高といわれることが多いのも事実だ。 本Webキャストは...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
バックアップ高速化の秘訣――データを知れば、ストレージの悩みは解消する
 ビジネスに必要となるデータは増大を続け、事業継続性の確保に不可欠なバックアップのコストは年々上昇している。これに加え、セキュリティへの要求がさらに高まったことで、多くの企業がバックアップシステムの刷新を検討し始めている。 この議論に入る前にストレージ...(2016/6/28 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
IDC調査で見るフラッシュアレイの投資効果――選定基準のどこを見直すべきか?
 IT調査会社のIDCによると、オールフラッシュアレイ市場は2013年から2018年にかけて、年間平均46.1%のペースで成長し、2018年末には市場規模が33億ドルに達すると予想されるという。同期間のハイブリッドフラッシュアレイ市場の予想成長率も年間平均8.1%と高水準だ。 ...(2016/6/27 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
もうSSDしかあり得ない、第一線システムでHDDが置き換えられるこれだけの理由
 サーバ内蔵SSDの時代が来ている。SSDは登場した当初、容量対コストや製品寿命、ランニングコストなどはHDDに比べて格段に高く、サーバ導入が非現実だった。だが、SSDは現在、HDDと同程度の価格となり、テラバイトクラスの大容量モデルも登場した。サーバのストレージをH...(2016/6/2 提供:オリックス・レンテック株式会社)

Webキャスト
コスト面でもSSDに軍配? ストレージ移行で押さえておくべきフラッシュの実態
 近年のフラッシュストレージの革新は「ムーアの法則」をしのぐペースで進んでいるという。500GBクラスのローエンドHDDの価格が2014年ごろから約40ドルで一定なのに対して、SSDの価格は2012年ごろから一気に下がっている。その価格差は、2017年ごろには限りなくなくなっ...(2016/5/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
ストレージの次なる課題、「フラッシュアレイのボトルネック」解消法
 データベースやデスクトップ仮想化の領域から普及が始まったフラッシュアレイだが、近年はeコマース、基幹システム、アプリケーション統合、サービスプロバイダーなどの領域でも活用が進んでいる。それに伴い、オンライン処理やリアルタイム化に適したフラッシュアレイ...(2016/4/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
ソフトバンク3万人規模のVDI運用、ストレージI/O性能の解決はどうやったのか
 2010年ごろから社員の働き方の多様化に取り組んできたソフトバンクでは、その解決策として仮想デスクトップ環境(VDI)を導入した。しかし、事業拡大に伴うアプリケーション導入やセキュリティ対策などによりストレージの負荷は急速に上昇、ボトルネック解消が大きな課...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

Webキャスト
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか?
 オールフラッシュストレージのことを「SSDだけで構築したストレージ基盤」と考えている人は少なくない。しかし、クラウドとビッグデータの活用が進み、ストレージの重要性が高まっている今、その理解を正確なものとしなければならない。そのためには、SSDがフラッシュス...(2016/4/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る
 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されてい...(2016/4/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オールフラッシュに劣らぬSSDキャッシュによるストレージ性能向上と費用対効果
 企業が扱うデータは飛躍的に増加し、従来のストレージではビジネスの要求を満たさなくなりつつある。大容量化も高速化も大きな課題だが、ハイエンド製品やフラッシュストレージに全て置き換えることはコスト面で難しい。そこで注目されるのが「SSDキャッシュ」の技法だ...(2016/4/12 提供:オリックス・レンテック株式会社)

製品資料
メモリとHDDの性能ギャップを埋める、SSDをキャッシュメディア化する効果とは
 データベースやログ記録などに大容量のSATA HDDを必要とする場合、ストレージI/Oの遅延がサーバのボトルネックとなりやすい。RAIDでの対応では処理の限界があり、大規模なトランザクション処理の際にサーバが対応できないときもある。しかし、ストレージの全面的なフラ...(2016/4/8 提供:デル株式会社)

技術文書
トレードオフは過去のもの「セキュリティと利便性の両立」HDDフルディスク暗号化
 情報漏えいなどのリスクに対して強力な防御策となる暗号化ソリューションだが、重要な選定ポイントとして「セキュリティの向上と利便性を両立できるか」がある。導入でセキュリティの向上は実現したものの、システムのパフォーマンスが低下したり、パスワードや暗号鍵の...(2016/2/26 提供:クロス・ヘッド株式会社)

講演資料
「テープは過去の遺物」の理解こそ過去のもの、進化を続けたテープストレージの今とは
 「テープストレージは過去の遺物」という認識が軽率であることは多くの読者が理解するところだろう。爆発的な増加が始まっている情報のライフサイクル管理を実行する上で、テープストレージはこれまでも、そしてこれからも、重要な役割を果たしていくだけの特性と品質が...(2016/1/22 提供:富士フイルム株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly ハイブリッドフラッシュ vs. オールフラッシュ
 SSDの価格が低下してきたとはいえ、まだまだHDDよりは高価。SSDとHDDを組み合わせたハイブリッドフラッシュアレイか、全てSDDで構成したオールフラッシュアレイか。目的に応じてコストと性能のバランスを取ることが重要だ。本PDFでは、選択のヒントを提供する。 本PDF...(2016/1/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
クラウドだけじゃない、高性能ITサービスを利用するなら別の選択肢
 クラウドが普及するにつれて、その利用は簡易なサービスや軽量なツールから、複雑なシステム連携や大量のITリソースを扱うものまで、さまざまに広がっている。製造や建築・建設、エンジニアリング、クリエイティブなどの業務においても、グラフィックス性能や演算能力に...(2015/12/28 提供:オリックス・レンテック株式会社)

Webキャスト
「SDS」はどう使える? 構築・運用管理の実態を分かりやすく解説
 IoTによるビッグデータ時代を迎え、限られた工数と予算の中で、いかにして変化の激しいビジネス要求に応えるITインフラを整備するか。そのキーワードの1つがSDI(Software Defined Infrastructure)だ。 「高い俊敏性」「ビジネス成果中心」「新たなワークロードとアプ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
ストレージのオールフラッシュ化、性能を引き出すコツは「接続形態」にあった
 データ量の増加とともに切実な問題として浮上してくるストレージのI/Oボトルネックを解消する上で、有効な手段となるのがオールフラッシュアレイの導入だ。ただし、既存のHDDベースのストレージを単純にオールフラッシュアレイに置き換えるだけではストレージ利用環境を...(2015/10/8 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
HDDの20倍の応答速度? データから読み解くオールフラッシュストレージ入門
 多くの企業にとって、業務処理のスピード化をもたらすシステム高速化は、ビジネスに直結した企業課題である。その高速化に欠かせない技術として注目が集まるフラッシュストレージは、高速なデータ転送性が評価される一方、堅牢で効果的なデータ保護、シームレスな拡張性...(2015/10/8 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
検証:「落とし穴」に注意、DBストレージの「失敗しない」フラッシュ活用法
 企業向けストレージとして注目が集まるフラッシュ技術。HDDと比べて高速、低消費電力、軽量、低故障率といった優位性がある一方、コスト面ではHDDに分があるといわれる。そこで注目をしたいのがオールフラッシュストレージである。 本ホワイトペーパーは、オールフラッ...(2015/10/2 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは?■HDD並の低価格を実現したTLCフラッシュでフラッシュストレージ移行が加速■10機種のスマートウォッチ全てに脆弱...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは?■HDD並の低価格を実現したTLCフラッシュでフラッシュストレージ移行が加速■10機種のスマートウォッチ全てに脆弱...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは? 5400件以上のOSSプロジェクトを解析してきたCoverityが、オープンソースコードと商用プロジェクトのコードを比較...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

Loading