TechTargetジャパン

レポート
「NVMe」など新技術で加速、「ストレージネットワーク高速化技術」のこれまでと今後
 企業のストレージ環境を高速化する技術の選択肢は、ますます充実している。ファイバーチャネル(FC)は終焉を迎えると予測する声もあるが、市場調査を見ると、依然としてミッションクリティカルなアプリケーション向けに多く利用されている。イーサネットはストレージネ...(2017/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「フラッシュストレージ」講座:今さら聞けない基礎知識を徹底解説
 フラッシュメモリをベースにしたストレージは、HDDとは比較にならない高速性を武器に年々市場を拡大している。コンシューマー向けのPCの記憶媒体は、既にフラッシュメモリを用いたSSDへと移行し、HDDのみを搭載したPCは少数派となりつつある。 データセンターにあるサ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
1600人が利用してもVDIが安定稼働、東北大学が選んだ仮想化環境専用ストレージ
 東北大学は、事務職員用の端末の更新を機にICTガバナンスの強化と運用管理の効率化、セキュティ強化を目的としてVDI環境を導入した。約1600人の事務職員が利用するVDI環境において、常に安定したパフォーマンスを実現し、大学運営を支えているという。 VDI環境導入に際...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

レポート
フラッシュ導入で現場はどう変わった? 1000人のユーザー調査で見えた新事実
 フラッシュストレージの導入が急速に進んだことで、オンプレミスでHDDのみの環境を運用する企業はいまや少数派となりつつある。1000人のストレージユーザーを対象に行ったアンケート調査によれば、実に70%近くがオールフラッシュ、あるいはハイブリッドという構成でス...(2017/9/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
フラッシュ環境のデータ保護、性能と効率を最大化する手法と4つの留意事項
 企業が抱えるデータ量が爆発的に増加する一方で、業務システムには最新アプリケーションに対応できる高いパフォーマンスや瞬時の応答性、24時間365日の可用性などが求められるようになっている。そうしたニーズへ対応するため、ストレージの主流は従来のHDDからオールフ...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
「SQL Server 2016」の性能はどれだけ向上する? SSD環境とHDD環境を徹底比較
 SSDなどのフラッシュストレージは低価格化が進み、大企業ならずとも手の届く製品となった。そこで気になるのが、従来のストレージとの機能や価格の違いだ。本資料では、主要フラッシュストレージを、「Microsoft SQL Server」を使ったデータベースサーバのストレージと...(2017/7/31 提供:日本ユニシス株式会社)

製品資料
AI、IoTからVRまで――注目の技術分野から探る次世代ITインフラの条件
 「AR(拡張現実)/VR(仮想現実)/MR(複合現実)」「IoT」「AI/ディープラーニング」の3分野の技術が、近年、脚光を浴びている。これらの技術を活用するには、いずれもリアルタイム性が重要なポイントとなる。特にAR/VR/MRでは、その実現のためにストレージに極め...(2017/7/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
テレワークやBYODを低コストかつ安全に実現するシンクライアント活用術
 情報漏えい対策や災害対策だけでなく、テレワークやBYODの対応手段としても導入が進むシンクライアント。中でも注目されているのが、USB型シンクライアントだ。専用のUSBを挿入すれば、さまざまな端末をシンクライアント化して場所を選ばずに利用できる。 このUSB型シ...(2017/7/26 提供:日本ナレッジ株式会社)

製品資料
Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは?
 IBMは「Watson」について、自然言語を理解・学習し人間の意思決定を支援する「コグニティブコンピューティングシステム」と定義している。このコグニティブコンピューティングに欠かせない燃料ともいえるのが膨大なデータだ。そして、このデータの格納場所になるストレ...(2017/7/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
Webキャスト:SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方
 オールフラッシュストレージのことを「SSDだけで構築したストレージ基盤」と考えている人は少なくない。しかし、クラウドとビッグデータの活用が進み、ストレージの重要性が高まっている今、その理解を正確なものとしなければならない。そのためには、SSDがフラッシュス...(2017/7/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
Webキャストで解説、オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる?
 オールフラッシュストレージが登場してから、多くの企業が本番系システムにも採用するようになってきた。しかし、オールフラッシュストレージは、パフォーマンス面で強みを有するものの、HDDやSSDに比べコストが割高といわれることが多いのも事実だ。 本Webキャストは...(2017/7/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
NVMeとNVDIMMの進化を、HCIはどう活用しようとしているか
 ハイパーコンバージドインフラ(以下、HCI)では、ストレージの転送速度が重要になる。特にストレージデバイスの主流が回転するプラッタを記憶媒体にしていたHDDからNANDを利用するフラッシュストレージに移行することで、ストレージシステムのボトルネックもそれまでの...(2017/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Webキャスト
ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今
 ストレージは「フラッシュファースト」の時代だ。SSDの高速性ばかりが求められた段階を過ぎ、今はプライベートクラウドを含めた仮想化や基幹システム、サービス基盤など用途が拡大し、要件も多様となっている。 比較検討する際には、HDDストレージにフラッシュを搭載し...(2017/4/28 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態
 ストレージのドライブを従来のHDDからSSDに変更するだけでは、性能を引き出すことはできない。SSDの動作特性を考慮したアーキテクチャこそが、性能と容量をリニアに拡張できるのである。 本Webキャストでは、信頼性や運用効率・省スペース・省電力などのTCO削減効果を...(2017/4/28 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

Webキャスト
Webキャストで解説、SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る
 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されてい...(2017/4/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?
 仮想化環境に必要な要素がまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。ソフトウェアや管理ツールの機能に目が行きがちだが、その土台となるのはハードウェアの性能だ。スペックは当然として、注目したいのが信頼性や柔軟性を向上する機能だ。 例えば劣化したHDDは...(2017/3/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由
 パブリッククラウドとプライベートクラウドのメリットを併せ持つ次世代型IaaSとして、2015年11月に登場した「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」。同サービスを提供するインターネットイニシアティブ(IIJ)が、競争優位を獲得する上で重視したのが、ストレージサービス...(2017/2/27 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち?
 加速するビジネススピードに対応するために欠かせない、データベースの処理速度向上。これまで、バッチ処理などのパフォーマンスを向上させるためにDBチューニングを行うことで、処理速度の改善を図ってきた。しかしながらチューニングによる処理速度向上には限界がある...(2017/2/17 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説
 HDDの100倍以上のIOPS、フラッシュコントローラーレベルの機能向上による高信頼性、ペタバイトレベルまで対応する拡張性、4年間ならHDDよりTCO削減が可能など、さまざまな導入メリットを持つオールフラッシュストレージ。 数年前までは「オールフラッシュ=高額」と認...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方
 クラウドサービスが普及し、ビッグデータやIoTの活用も進むなか、旧来のシステムリソースに限界が見え始めている。特にストレージは、今後のビジネスの成長を支える基盤となるだけに、多くの企業がビジネスの成長に対応するための製品選びに頭を悩ませている。 自然災...(2017/1/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る
 フラッシュストレージの代表的な存在であるSSDストレージは、HDDとの互換性を維持するためにフラッシュチップが持つ特長を犠牲にしている。その一例が「HDDと同じように壊れる」ための設計がされていることだ。 一般的に、SSDにはフラッシュチップが6〜8基搭載されてい...(2016/11/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか?
 オールフラッシュストレージのことを「SSDだけで構築したストレージ基盤」と考えている人は少なくない。しかし、クラウドとビッグデータの活用が進み、ストレージの重要性が高まっている今、その理解を正確なものとしなければならない。そのためには、SSDがフラッシュス...(2016/11/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
Microsoft Azure Goldパートナーが教える、Azureの“買い方・作り方・使い方”
 オンプレミスからクラウドへの移行を図る企業の多くが有力な選択肢として検討する「Microsoft Azure」。その導入で最大のメリットを得るためには、「買い方」「作り方」「使い方」の勘所を押さえておく必要がある。 例えば、「買い方」でよくある失敗としては、HDDの容...(2016/10/19 提供:株式会社ISAO)

事例
青山学院の標的型攻撃対策、サンドボックスよりもエンドポイントを重視した理由
 2014年に創立140周年を迎えたことを機にさまざまなアクションに取り組む青山学院。同校は、公的機関や他大学における情報漏えい事件が相次いだことから、標的型攻撃などの高度なサイバー攻撃に対応できるセキュリティ対策の導入を決定した。 それまでにもウイルス対策...(2016/10/14 提供:株式会社FFRI)

製品資料
レポートの実物で見る、VDIアセスメントが最適なサイジングに必要な理由
 仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入を成功させるためには、最適なサイジングが欠かせない。しかし、全社員からアンケートを取ってもリソース消費量までは分からず、資産管理ツールを使ってもVDI化に有益な情報が簡単には得られないことから、このプロセスでつまずく...(2016/9/30 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
約1時間で仮想マシンを復旧、仮想環境に最適な“丸ごと”バックアップ
 Webサービスを提供する企業の多くはサーバの増加に伴い、仮想環境へと運用を拡大していく。それと同時に、仮想環境での適切な障害対策を取ることが求められるようになる。 会計事務所向けの業務支援サービス「ゆりかご倶楽部」を運営するエッサムも同様の課題を抱えて...(2016/9/28 提供:株式会社ネットジャパン)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 データ分析など特定用途で従来使われてきたフレッシュストレージの市場が拡大している。技術革新や供給の拡大によって容量当たりの価格が下落し、HDDと変わらない製品も登場。基幹システムなど幅広い用途で使われるケースが多くなってきた。 当コンテンツはフラッシュ...(2016/9/23 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

Loading