「Oracle Database」のサポート体系が変更 料金への影響は?Oracle Databaseの無視できないコスト【前編】

Oracleは2023年6月、「Oracle Database」の「19c」よりも前のバージョンにおけるサポートの種類を変更した。Oracle Databaseを運用中の企業に影響はあるのか。Oracleの狙いとは。

2023年11月08日 05時00分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 2023年6月、Oracleはリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Oracle Database」の「19c」よりも前のバージョンに適用するサポートを、「Sustaining Support」にダウングレードした。Sustaining Supportは、Oracleが提供するサポートプラン3段階のうち、3番目に位置する。

サポートの変更が与える影響は?

 システム保守サービスベンダーRimini Streetは、Sustaining Supportはサポートの範囲が限定的であり、本番環境では不十分な可能性があると指摘する。Sustaining Supportの価格は、上位のサポートプラン「Premier Support」と変わらないという見解を同社は示す。

 Premier Supportは、Oracleが提供する最上位レベルのサポートだ。パッチ(修正プログラム)配布、セキュリティアラート、法規制の変更に基づく変更、バグ修正、オンラインサポートサービス「My Oracle Support」へのアクセスなどの特典がある。Premier Supportの1つ下のレベルが「Extended Support」で、Premier Support満了後の2、3年にわたって適用される。

 システム保守サービスベンダーSupport Revolutionによると、Extended SupportはPremier Supportと同じ特典を利用できるが、2年目と3年目の料金はPremier Supportよりも割り増しになる。Sustaining Supportでは、Oracleが製品の主要アップデートとテクニカルサポートを提供する一方、セキュリティアップデートやパッチは提供しない。

 Rimini Streetは、OracleがOracle Databaseのサポートを変更したことは、「Premier Supportの対象となる最新のOracle Databaseにアップグレードするようライセンス保持者に圧力を掛けている」ようだとみる。

Oracleに対するGartnerの評価

 Gartnerは、クラウドデータベース管理システム(DBMS)に関するベンダー評価レポート「Magic Quadrant」の2023年版を公開した。その中で、OracleのクラウドDBMS「Oracle Autonomous Database」に対しては、以下の特徴を備えると評価している。

  • CPUやメモリといったコンピューティングリソース単位の課金モデル
  • リソースの使用量に応じた自動スケーラビリティ(拡張性)

 「Oracleは、同社のクラウドサービスにおけるユーザー企業の支出額に基づいて、オンプレミスのサポートコストを割り引いている」とGartnerは説明する。この体系はユーザー企業にとってコスト面ではメリットになる可能性があるものの、「Oracleのライセンスと交渉手法には悪評がある」ともGartnerは言及している。この認識は企業に根付いており、その結果「Oracleのクラウドサービスは他社よりも高い」という印象が残っているという。


 次回は、Oracle DatabaseをはじめとするDBMSの移行が簡単ではない理由を解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。