2006年12月05日 00時00分 公開
PR

オラクルが提唱するアプリケーションの「グローバルビジネス対応」シェアードサービスこそが次世代ERPの姿だ

グローバルビジネス対応へと、ERPパッケージは新たな局面を迎えている。グローバルで情報をいかに集約し、プロセスの標準化ができるか。グローバル規模でビジネスを展開する企業が求めるERPパッケージは、突き詰めればシェアードサービスセンターという形になる。

[TechTarget]

グローバルビジネス対応への新たな要求

 ERPの需要は、一巡したという説もある。現在はERPの新規導入というよりも、大手企業の多くが数年前に導入したERPパッケージの更新時期を迎え、それを期に新たな展開を模索しているという話も聞こえてくる。そのような状況の中、数年前にはあまり重要視されていなかったコーポレートガバナンスやコンプライアンスなど、企業には新たな課題が課せられている。それを効率よく解決していくためには、ITシステムの新たな活用法が必須となる。