2006年09月12日 10時20分 UPDATE
特集/連載

ColumnERPシステムの切り替えプロジェクト、第2フェーズは支店への拡大

本社でのシステム稼働を見届けたわれわれは、リソースが潤沢とは言えない支店での切り替えに乗り出した。

[Les Johnson,TechTarget]

 古い格言にあるように、ぴったり合った靴を履けば、自分の足の存在は忘れてしまうものだ。これは、ITプロジェクトにも当てはまることだ。ITプロジェクトは、その存在を気にかけなくなるほど業務とうまく調和すれば、成功したと言える。

 ERPシステムの切り替えプロジェクトの第2フェーズに向けて準備を進めるに当たり、われわれITチームはアラスカ州フェアバンクスからアリゾナ州フェニックスまで、最も遠隔地にある当社の支店を4カ所訪ねた。そして、当社が導入した新しいアプリケーションが当社の既存インフラとうまくマッチしていないことを把握した。

 第1フェーズでは、当社のレガシーシステムのバックオフィス機能を変換した。多くの企業と同様、当社でも、本社の方が支店よりもリソースは潤沢だ。当社のデータセンターは温度・湿度が調節された環境にあるが、支店のデータセンターは物置部屋のようなものだ。

 こうした物置部屋には、われわれが3年前に最後のアップグレードを実施して以来のほこりが積もっている。そして、データケーブルや大昔のルータがスパゲティのようにもつれた状態で収納されている。会社の成長に伴い、ハブやスイッチが独創的に積み重ねられ、ネットワークを把握することはもはや「パズル愛好家の楽しみ」の域に達している。そのため、新しいアプリケーションの要件をめぐり、こうした物置部屋の集合体で問題が生じていることを知っても、われわれは驚かなかった。交換すべきパーツが手元に届き、必要としていた大半の要素はそろった。だが、そこには予期せぬ問題もあった。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...