2019年12月11日 05時00分 公開
特集/連載

不動産管理会社のERPレポート活用事例【後編】ERP標準機能ではないレポートツールを買う意味はあるのか Excelで十分?

ERPシステムは標準でレポート機能を搭載する。標準機能で十分と考えるか、それでは不十分だから専用ツールを選ぶかは、ユーザー次第だ。専用ツールには当然、それならではの強みがある。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

 カナダの不動産管理会社Maclab Properties Groupの一部門であるMidwest Property Managementは、既存ERP(統合業務)システムの標準レポート機能に欠けていた要素を補うために、insightsoftware(Global Software)のERPレポートツール「Spreadsheet Server」を導入。会計レポート準備にかかる時間を毎週約20時間も短縮したという。前編「不動産管理会社が『ERPの標準レポート機能は不十分』と感じた理由」に続き、後編となる本稿は、一般的なERPシステムにおける標準レポート機能の不足点と、その代替手段について取り上げる。

ERPの標準レポートツールの不足点

 調査会社IDCでビジネス分析部門のリサーチディレクターを務めるチャンダナ・ゴパール氏によると、Spreadsheet ServerのようなERPレポートツールは、ERPの標準レポート機能に欠けているさまざまな機能を補うことで、組織にメリットをもたらすという。ERPシステムを1つしか導入していなければ標準のレポート機能でも役立つ可能性はある。だが最近ではそのようなことはめったにない。

 ゴパール氏によると、大半の企業はERPシステムやバックオフィスソフトウェアなど複数のSoR(System of Record)を運用し、複数のシステムログを有している。そのためレポートツールはそれらを1つにまとめなければならない。戦略的意思決定のベースにする会計報告をはじめ、経営幹部が優れたレポートを手にするためには「ERPシステムにSpreadsheet ServerなどのERPレポートツールを組み合わせなければならないのが一般的だ」と同氏は指摘する。

 Spreadsheet Serverは、製造、不動産、石油、ガスなどの業界に特化した幾つかのERPシステムと密に連携するのが特徴だ。こうしたERPシステムを既に運用している企業は「Spreadsheet Serverを素早く導入できる」とゴパール氏は説明する。「Spreadsheet Serverはこれらの業界向けツールとのデータ連携に強みを持っているので、レポートの取得と運用は一般的なERPシステムの標準レポート機能よりも優れている」(同氏)

 ビジネスインテリジェンス(BI)ツールなどの分析ツールが市場にあふれかえる今、Spreadsheet Serverはどの企業にも適しているわけではない可能性があるとゴパール氏は語る。Qlik TechnologiesやTableauの汎用(はんよう)ツールを使用する選択肢も、目的や部署によって複数のツールを使い分ける選択肢もある。

 「使用可能なツールは多数あり、事業部門(LOB)はそれぞれに最適なツールを選ぶ必要がある」とゴパール氏は述べる。Spreadsheet Serverが主に使用されるのは、マーケティング、営業のような汎用業務ではなく、主に財務関係の業務だと同氏は説明する。

ライバルはExcel

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

エコ活動・SDGsへの意識 「フードロス」「廃プラスチック」に高い関心――CCC調査
エコ・環境問題への関心や関連トピックスへの認知度などを調査しています。

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...