ERPパッケージ導入成功の秘訣は“ワガママ”を主張することERP導入事例:SMILEαAD

規模の小さな企業だからといって、ERP導入の際にベンダーへの注文を遠慮すべきではない。この事例では、自社の要求を妥協なく通すことが導入成功への秘訣と考えた、ある企業を取り上げる。

2008年05月19日 08時00分 公開
[谷川耕一]

乱立するシステムが業務を煩雑化していた

 アヴァンセは、埼玉県を拠点とする広告代理店だ。創業は1978年と古く、折り込みチラシ、TVやラジオ、街中の看板広告を扱うとともに、WebページのSEO対策など新しいビジネスにも取り組んでいる。

 少数精鋭の同社の従業員数は13人(2007年10月1日現在)。企業規模こそ大きくはないが、早い段階からシステム化に取り組んできたという。広告の制作をMacintoshで行うのはもちろん、1990年代前半からWindowsベースの業務アプリケーションを導入し業務効率の改善を行ってきた。

アヴァンセ 専務取締役 伊藤幸司氏

 専務取締役の伊藤幸司氏は、営業担当者による伝票処理の効率化や多様化する媒体への対応のため、1993年に販売管理システムを導入したという。しかし、販売管理システムと経理システムが連動していなかったため、売上データを販売管理システムから紙で打ち出し、それを経理担当者が経理システムに入力するという煩雑な作業が発生していた。

 また、当時依頼していた会計士からは、税務会計に利用する会計ソフトウェアを指定されていた。そのため、各担当者が販売管理用、財務管理用、会計士用と、ばらばらなシステムを利用している状態だったという。

 「結果として、営業の数字と会計の数字が正確には合わなかったのです。会計士もこの程度なら、ということで目をつぶっていた状態でした」(伊藤氏)

関連ホワイトペーパー

運用管理 | ERP | 帳票 | 業務プロセス


ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...