2019年10月02日 05時00分 公開
特集/連載

オープンソース技術や他社のクラウドも利用可能SAP製品にベストマッチのクラウドはAWSか、Azureか、それとも……

企業はSAPソフトウェアの運用環境に、SAPの「SAP HANA Enterprise Cloud」の他、AWSやAzureといったパブリッククラウドを選ぶことができる。それぞれのメリットとデメリット、選定のポイントを説明する。

[Christine Parizo,TechTarget]
画像

 SAPソフトウェアのクラウド導入に当たっては、どれだけ検討に時間をかけても、かけ過ぎるということはない。最も大きな検討事項は、ソフトウェアの運用環境にSAPの「SAP HANA Enterprise Cloud」(HEC)といった同社が提供するクラウドサービスを利用するのか、「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」のようなサードパーティーベンダーのクラウドサービスを利用するのかを決めることだ。

 クラウドコンピューティングでSAPソフトウェアを運用する場合には、多くの選択肢が用意されている。AWS、Google、Microsoft、Oracleなどが提供しているパブリッククラウドを使用できる場合もある。自社に合ったパブリッククラウドにSAPソフトウェアを導入するには、アプリケーション環境やインフラ、セキュリティに関する事前の入念な評価が欠かせない。

 「SAPソフトウェアは高度に構造化されている。中には高い処理能力を持ったITインフラを必要とするソフトウェアもある」と語るのは、ITコンサルティング会社OM2 Tech Consulting SolutionsでCEOを務めるロドリゴ・モンタグナー氏だ。自社で既存のプライベートクラウドを所有している場合、パブリッククラウドよりもそのプライベートクラウドでSAPソフトウェアをホストする方が簡単な場合もあると同氏は補足する。

 SAP以外のパブリッククラウドにSAPソフトウェアを導入する場合は、全社戦略とロードマップに目を向ける必要がある。会計事務所Deloitte Touche Tohmatsuで主席コンサルタントを務めるパバン・シュリーバスタバ氏は、主に考慮すべき事項として以下を挙げる。

  • ベンダーロックイン
  • 契約の準備
  • 全社戦略との調整
  • サブスクリプションライセンスと永続ライセンスの選択

 所属する業界とSAPソフトウェアを導入する目的によって、どのパブリッククラウドを利用すべきかが異なるとシュリーバスタバ氏は話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...