2007年11月20日 19時26分 公開
ニュース

NECとSAPジャパン、製造業向けソリューション領域で協業強化NEWS

「製造業eSOAソリューションセンタ」を発足させ、製造業向けソリューションを2008年4月より提供を開始。また現場情報と経営情報をRFIDシステムで管理するソリューションの開発を推進する

[TechTarget]

 NECとSAPジャパンは11月20日、製造業向けソリューション領域における協業強化を発表した。両社はこれまで、製造業の製品ライフサイクル管理(PLM)システムおよび製造実行システム(MES)領域において「SAP NetWeaver」を活用した連携ソリューションを開発し、共同で販売・マーケティング活動を行ってきた。今回の協業はこれらの活動を強化するものであり、エンタープライズSOA技術を活用して製造業界の多様なニーズに対応する幅広いソリューションを提供していくとしている。

 具体的には、統合基盤ソフトウェアであるSAP NetWeaverと各種ソフトウェアを組み合わせて稼働させるための開発・検証や、「SAP ERP」とほかのシステム間の連携実証などを行う「製造業eSOAソリューションセンタ」を20人体制で発足(2008年度までに100人体制に拡大予定)する。

 また、SAP NetWeaverを基盤に、SAP ERPと連携する製造業向けソフトウェアを拡充し、製造業向けソリューションを2008年4月より提供開始予定。拡充されるソフトウェアは、プロセス製造業の生産管理領域で実績のあるERPパッケージ「FlexProcess」、産業機械製造業の生産管理領域とアフターサービス領域で実績のあるコンポーネント型ERPパッケージ「IFS Applications」、生産計画立案支援システム「Witleaf」の3種。さらに、RFIDシステムの現場情報とSAP ERPの経営情報を相互活用するソリューションの開発を両社共同で推進するとしている。

関連ホワイトペーパー

SAP | SOA | ERP


ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...