2007年01月23日 07時00分 公開
特集/連載

SOAへのBIの統合は新潮流となるかColumn

BIはSOAに重要な付加価値を提供する可能性があるが、「粒度の細かい情報に基づいて自動分析を行う機能」を提供する必要がある。

[Michael Meehan,TechTarget]

 企業のIT部門の間でサービス指向アーキテクチャ(SOA)に関する技術的ノウハウの蓄積が進む中、ベンダーは、ビジネスインテリジェンス(BI)のような付加価値機能をSOAに統合するというビジョンを盛んにアピールしている。

 結局のところ、Webサービスの技術的パフォーマンスを監視することと、Webサービスがもたらす財務的パフォーマンスやビジネスチャンスを把握することは、まったくの別問題だ。そこにBIの出番がある。ベンダーはBIを、基本的に、SOAを効果的にビジネスに活用するためのツールと位置づけている。

 「従来、BIは、人間の要求に応じて、重要な可能性がある情報を提供することが主眼だった」とIBMのDB2およびBI製品開発担当ディレクター、ダン・スターマン氏は語る。「サービス指向アーキテクチャは、BIに次の大きな飛躍の契機をもたらす。今後はさまざまなサービスが情報を必要とするようになり、人間だけでなく、コンピュータも情報を要求するようになるだろう。BIはそれに応えなければならない」

 さらにスターマン氏は、開発者からアーキテクト、ITマネジャー、ビジネスアナリスト、経営幹部まであらゆる人が、会社で使われるWebサービスについて何らかのビジネスパフォーマンスデータを必要とするようになるだろうと付け加える。

 「サービスを調整するために、より精密な情報が必要になる」と同氏。「SOA環境で何が起こっているかを理解し、対応するのに役立つ精密な情報を集めなければならない。BIソリューションはそうした情報を提供する必要がある」

 シーホワイソフトウェアのチャールズ・ニコルズCEOは、BIはSOAに重要な付加価値を提供する可能性があるが、BIがSOAにおける当面のニーズに応えるには、機能的に変化しなければならないと語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...