SOAの進化をリードするマッシュアップColumn

「マッシュアップ」は大学生の趣味から、企業における共同作業のあり方を変える原動力になりつつある。

2006年12月28日 00時00分 公開
[Rich Seeley,TechTarget]

 「SOAのキラーアプリはマッシュアップだ」。10月に米国サンフランシスコで開催されたOracle OpenWorldカンファレンスで、基調講演者らはそう語った。

 彼らは講演で、大学生が個人で作成して楽しんでいるようなマッシュアップのことを言っているのではない。彼らが取り上げたのは、企業における共同作業のあり方を変えるマッシュアップだ。

 基調講演者の1人であるITコンサルティング会社キャップジェミニのアンディ・マルホランドCTO(最高技術責任者)は、インテルのチーフストラテジスト、クリス・トーマス氏らとの共著による新刊「Mashup Corporations: The End of Business as Usual」(マッシュアップ企業:これまでのビジネスの終わり)の内容に沿った講演を行った。

 同氏は、企業は両氏が言うところの「サービス指向エンタープライズ」モデルを採用しなければならないと論じた。

 また、オラクルのFusion Middleware担当上級副社長、トーマス・クリアン氏は基調講演で、SOAをベースにマッシュアップに取り組む企業では、どのようなアプリケーションが使われるようになるかを説明するデモを行った。

 このデモでは、従来型のデスクトップワープロや表計算プログラムと電子メール、インスタントメッセージング(IM)機能に、Wiki、ブログ、VoIPなどのWeb2.0アプリケーションを組み合わせたマッシュアップ型企業予算編成アプリケーションが紹介された。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...