2007年10月09日 04時45分 公開
特集/連載

Javaと.NETの対決──SOAにおける勢力争いの行方は?統合性か柔軟なUIか

SOA開発プラットフォームとしての利用率ではほぼ互角のJavaと.NET。今後はどう動くだろうか。

[Rich Seeley,TechTarget]

 SOA(サービス指向アーキテクチャ)開発におけるJavaと.NETの勢力は伯仲しているが、この現状について、2人のアナリストが対照的な見解を示している。

 2007年8月に発表されたEvans Dataの調査は、Java陣営にとってなかなかうれしい内容だった。Webサービス開発に携わる400人の開発者とITマネジャーを対象としたこの調査によると、SOA開発のプラットフォームとしてJavaを利用する企業は半年前の前回調査時と比べて若干増加し、Microsoftの.NETを利用する企業は20%減少した。しかし、この2つの技術の利用率は「ほぼ互角」であり、回答者の5人に1人はこれらの技術を両方利用することを計画していると、Evans Dataは述べている。

 この両技術の利用状況については、2人のアナリストが対照的な見解を示しているが、いずれも開発ツールは両方をサポートするものが一般的だと述べている。

 「Javaと.NETの競合は、一部の人が言うほど宗教戦争のようなものではないと思う。少なくとも、バックエンドのインフラ側では」とCurrent Analysisのアプリケーションインフラ担当主席アナリスト、ブラッドリー・F・シミン氏は語る。「ほとんどのSOAサーバプラットフォームは、Java環境と.NET環境をほぼ同じようにサポートしている」

 「SOA開発に利用する場合、Javaにも.NETにも利点と弱点がある」と、ZapThinkのシニアアナリスト、ジェーソン・ブルームバーグ氏は語る。同氏は、Evans Dataの調査結果は、傾向ではなく一時的な動きを示しているのではないかと指摘する。

関連ホワイトペーパー

SOA | Java | .NET


ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。