海外グループ展開に統合ERPは必須か――読者調査結果が示す新トレンド「ERPのグループ利用」に関するアンケート調査リポート

2011年7月に実施したERP利用についてのアンケート。調査結果からはERPのグループ利用に関する新しいトレンドが見えてくる。調査結果の概要を紹介する。

2011年08月30日 09時00分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2011年7月19日から8月1日まで、会員を対象に「ERPのグループ利用」に関するアンケート調査を実施した。調査からは会員企業でのERPのグループ利用の実態やメリット、課題が明らかになった。

調査概要

目的:TechTargetジャパン会員の企業におけるERPのグループ利用について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2011年7月19日〜8月1日

有効回答数:161件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100%にならない場合があります。


海外展開する企業では65.7%がERPを利用

 グループ企業を国内だけで展開しているか、海外にも展開しているかによってERPの導入率が大きく異なることが分かった。国内展開だけという企業のERP導入率は44.6%なのに対して、グループを海外展開している企業では65.7%と、3分の2に迫る結果になった。サプライチェーンが拡張され、財務会計や人事の制度も複雑になる海外展開ではERPの利用がほぼ必須になりつつあることが分かる。

画像 海外グループ展開企業のERP導入率

関連ホワイトペーパー

ERP | 運用管理 | 人事 | 経営 | 製造業 | Oracle(オラクル) | SAP


ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...