2012年03月12日 09時00分 公開
特集/連載

ERP検討企業が押さえるべき「3つのトレンド、3つの予測」識者が語る「ERP製品選択の目」:ガートナー ジャパン 本好宏次氏

ガートナー ジャパンの本好宏次氏がERPを取り巻く現状と、今後の方向性を説明した。ERPを検討している企業が考えるべきは3つのトレンド、そして3つの予測だ。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 「中堅・中小の企業でもグローバル化というキーワードを避けることはできない。M&Aで外資企業に買われるケースもあるし、外国人従業員の受け入れも増えている。日本に閉じている企業でもグローバルで通用するアプリケーションが必要になる」

 ガートナー ジャパンのアナリスト 本好宏次氏は3月2日に開催された同社イベント「エンタープライズ・アプリケーション サミット 2012」で講演し、グローバル対応がERPの今後を考える上で重要になるとの考えを示した。さらに「グローバル対応では3つのキーワードが重要になる」と語った。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。