2019年02月04日 05時00分 公開
特集/連載

事例だけでなく中身で選ぶ「クラウドERP」の失敗しない選び方 オンプレミスとの違いも解説 (1/2)

自社に適した「クラウドERP」を導入するには、どのような点に注意して選定すればよいのか。勘所を示す。

[Adam Boyce,TechTarget]

関連キーワード

ERP | SaaS


表 表 オンプレミスERPとクラウドERPの比較表《クリックで拡大》

 ERP(統合業務)製品の機能をクラウドサービスとして提供する「クラウドERP」の人気が高まりつつある。適切なクラウドERPを選択するには、体系的かつ論理的な手法を用いてサービスを評価することが役立つ。加えて本稿で紹介する手法をガイドとして使うと、最適なクラウドERPを選びやすくなるだろう。

自社のIT戦略を把握する

 クラウドERPの選定時には、自社のIT戦略を把握しておくことが重要になる。評価を始める際は、自社のニーズと機能要件を特定する。これらを明確にして把握することで、クラウドERPに期待すべきビジネス面での成果を確認できる。

 その上でIT環境の現状と理想との間にあるギャップを明らかにし、現在のアプリケーションの効率を上げるか、アプリケーションを置き換えるかを選択する。こうした検討を通じてクラウドERP導入に割ける予算や導入スケジュール、他システムの導入/刷新と比べた場合の優先順位の根拠を明らかにする。

 外出中に発注書の処理を進めるために、モバイルデバイスでクラウドERPへアクセスし、発注書の確認や承認をしたいと考えるエンドユーザーがいるとしよう。こうしたニーズを満たす際に考慮すべき基準には、クレジットカード情報のセキュリティに関する「PCI DSS」や医療関連データ保護に関する「HIPAA」などがある。各基準に基づき、クラウドに保存する機密データを保護する必要がある。

 SaaS(Software as a Service)であるクラウドERPの場合、カスタマイズには制限がある場合が一般的だ。型にとらわれずにクラウドERPのベストプラクティスを進んで取り入れる姿勢が必要になる。機能のカスタマイズ性と導入の容易さの間で適切なバランスを取らなければ、コストや導入期間に悪影響を及ぼしかねない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...